通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2019春【中国語編】第7回 「聞き手を意識すること」 | main | 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 122回 舞台用語を使った英語表現 >>
【英語翻訳コース】個別評価表付きレベルチェックテストについて

 

現在の翻訳力と語学力を測り、当校での翻訳訓練のスタートラインをお知らせする英語翻訳者養成コースのレベルチェックテスト。これまで実施してまいりましたテスト(「総合翻訳テスト」)に加えて、今期より「専門別翻訳テスト」を新設いたします。

 


技術、金融・IR、特許、医薬の4分野から選べる「専門別翻訳テスト

 

分野を絞って翻訳訓練を始めたいとお考えの方のために、今期より「専門別翻訳テスト」実施いたします。テストの結果、受講要件を満たしていると評価された方は、希望された専門別翻訳科のクラスにご入学いただけます。

 

専門別翻訳テスト」は、技術、金融・IR、特許、医薬の各専門分野のクラスを担当する講師が出題、評価を担当。翻訳スキルとあわせて専門知識を問う出題もありますので、翻訳訓練の経験がなくても受講を希望される専門分野での業務経験が豊富な方にも合格のチャンスがあります。

 

評価表では、「専門知識」のほか、「翻訳スキル」、「語学力」について、現在のレベルをお伝えし、また、これからどんな訓練が必要なのか、どんな訓練から始めるべきなのかをお伝えします。

 

なお、専門別翻訳テストの判定結果は該当クラスのみ有効となります。 また、出題内容は、クラスにより異なります。詳しくは、お問い合わせください。

 

 

総合翻訳科、ビジネス英訳科、映像字幕翻訳クラス共通の「総合翻訳テスト


総合翻訳テスト」は、総合翻訳科、ビジネス英訳科、映像字幕翻訳クラス共通の翻訳テストです。判定レベルに応じて、受講するクラスをお選びいただくことができます。英→日、日→英の訳出問題ごとに、原文の正しい理解ができているか正しく訳出し表現されているか訳文の品質アップにつながるリサーチをきちんと行っているか、さらに書き手の意図を理解して訳文に反映させているか原文の内容にふさわしい訳文となっているかなど、細かくチェックして評価表にてお知らせします。

 

問題は、英→日翻訳問題が2題、日→英翻訳問題が1題の計3題です。A4サイズ1枚ほどのボリュームですが、上記のポイントを正確に評価できるように作成されています。「読解」「調査」「表現」、この3つのポイントを意識して、提出期限までの一週間をフルに使ってご自身の力で訳文を完成させてください。

 

評価は、総合翻訳科の「基礎科1」「基礎科2」「本科」、そして「実践実務科」の4レベルでお知らせします。各クラスの受講に必要となる評価レベルは以下のようになります。

 

ビジネス英訳科の基礎科は「総合翻訳テスト」で「基礎科2」、本科は「本科」の判定が必要です。
映像字幕翻訳クラスは「基礎科2」の判定でご受講いただけます。

 

受験されたすべての方に個別評価表をお送りいたしますので、現在の翻訳力を客観的かつ正確に把握でき、今後の学習の指針としてお役立ていただけます。

 

レベルチェックテストの詳細&お申し込みはこちらから

無料体験レッスン、コース説明会、特別セミナーなどイベント参加者には受験料が無料になるレベルチェックテスト無料チケットをプレゼント!

お申し込みはお電話でも承っております。
【03-3265-7103】

<関連記事>
英語通訳者養成コースのレベルチェックテストについて
中国語コースのレベルチェックテスト

 

 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode