通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 在校生の方限定イベントレポート「曽根先生の通訳学習相談室」 | main | 授業体験レポート:2014秋【英語編】第6回 「『頭がしびれる』通訳」 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 68回 雪に関連する英語表現
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 



私は子どものころから紙版の辞書が好きで、今も自宅では紙の辞典を使っています。紙の良さは一覧性に優れていることや他の単語への寄り道ができることなどです。

漢和辞典も好きで、へんやつくりに分解された漢字の成り立ちを読んでは「なるほど〜」と楽しんでいます。先日も「雪」を調べたところ、雨の下の部分は「彗(ほうき)」であることを知りました。雪は「万物をほうきで掃き清めてくれる」という意味があるのだそうです。

そこで今回は「雪」にちなんだフレーズをご紹介しましょう。


1.snow

He really snowed me with all his talk of buying a luxury car.(彼は私に、高級車を買ったらとひたすら説き伏せてきましたよ。)

snow は中学校で学ぶ基本単語ですが「雪」「雪が降る」以外にも「説き伏せる」という意味を持ちます。主にアメリカの略式表現で「相手に何かをするよう言葉巧みに説き伏せる」というニュアンスです。snow の後には動詞のing形が来ます。

なお、snow の語源はドイツ語の Schnee から来ています。そういえばスキーや雪関連の用語はドイツ語が多いですよね。「ゲレンデ」「アイスバーン」「ボーゲン」などがそうです。


2.be snowed under

We would love to go to your party but we are snowed under right now. (ぜひともあなたのパーティーに行きたいのだけど、今は多忙なんです。)

be snowed under は「多忙である」という意味です。雪がどんどん積もり、埋もれてしまうという状況からこの表現が生まれました。

他にも自然現象を用いた表現に be flooded with … があり、これは「〜であふれている」という意味です。一方、shower A with B は「AにBを浴びせる」です。

上記例文には「圧倒する」というニュアンスが込められていますが、こうした意味を持つようになったのは19世紀後半のアメリカにおいてだそうです。


3.snowball chance

I feel my plan doesn’t have a snowball chance of being adopted at the meeting. (私の計画が会議で採用される見込みは全くないと思います。)

snowball chance は「無きに等しい見込み」という意味です。not have a snowball chance in hell という表現もあり、厳密にはこちらが語源となります。地獄では炎が燃え盛っており、そこに雪玉を持ちこんだところですぐ溶けてしまいます。そこから「見込み」というニュアンスが込められるようになりました。
この表現は snowball chance 以外に snowflake’s chance という言い方もあります。なお、snowflake は「スズランズイセン」という花の名前でもあり、大修館書店「ジーニアス英和辞典第5版」には可愛らしいイラストも載っています。辞書を引いたついでに植物の知識も仕入れる。これも英語学習の楽しみです。


4.as pure as the driven snow

That actress is as pure as the driven snow.  She doesn’t have any scandals.
(あの女優さんは品行方正ですよね。スキャンダルなど一切ないですよ。)

「品行方正」は英語で as pure as the driven snow と言います。driven snow は誰も踏みつけていない吹き溜まりとなった雪を指します。as pure as the driven snow という表現が活字となって表れたのは19世紀だそうですが、driven snow そのものはシェイクスピアによって用いられていました。「冬物語」と「マクベス」に出てきます。

ところでみなさんは英語学習においてぜひとも触れておきたい作者や文献をご存知でしょうか?全部で3つあります。シェイクスピア聖書ギリシャ神話です。この中から誕生した英語表現がたくさんあるのです。すべてを読破するのは大変ですので、子ども向けの絵本やダイジェスト版などで概要でも知っておくと大いに役立ちます。


今月は「」に関連した表現を取り上げました。さて、この原稿を書くに当たり私は漢和辞典も開いたのですが、雪を使ったことばもたくさんあるのですね。「雪姑(せつこ)」はセキレイの別名、「雪中君子(せっちゅうくんし)」は梅の別名だそうです。「雪山(せっさん)」は雪の積もった山だけでなく「ヒマラヤ山脈」という意味もあるそうです。


柴原 早苗
放送通訳者、立教大学・獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。
 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 10:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode