通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2014春【英語編】第8回 「基礎1最後の授業」 | main | ISS派遣サイトでの通訳コラム/翻訳コラム [2014年]第二十一回を掲載 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 63回 方角を使った表現
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 



幼少期に私はオランダで暮らしていました。当時はインターネットもなく、常に日本語に飢えており、1週間遅れで到着する日経新聞を拾い読みしたり、両親の使っていた三省堂「クラウン英和辞典」を眺めたりしていました。それが活字好きにつながったのか地図を読むことも好きで、旅行のときは後部座席で地図を見ながら父のために道案内をしていたのです。今も我が家の車にはあえてカーナビを付けていません。暇さえあれば日本地図や世界地図をめくっては空想の旅を楽しんでいます。

そこで今回は、「方角」にちなんだ英語表現をご紹介しましょう。

1.north of

The new facility could cost north of one billion yen.  It’s way over the budget.
(新しい施設は10億円を超えるかもしれません。予算をはるかにオーバーしています。)

north は中学1年生で学ぶ単語ですが、辞書を改めて読んでみると多くの発見があります。語源はもともと「左」という意味で、これは太陽に向かった際自分の左側が北になることから来たのだそうです。

north of … は「〜より多い」ということで、more thanabove と同じ意味です。一方、south of … は「〜より少ない」となります。数の大小を方角で表現するのも興味深いですよね。

ところで皆さんは日ごろから英英辞典はお使いですか?ぜひこれを機会に「簡単な単語を英英辞典で引いてみる」という作業をしてみてください。私の手元にある「ロングマン現代英英辞典」(電子版)には north “the direction that is at the top of a map of the world, above the Equator.  It is on the left if you are facing the rising sun” と定義しています。私は授業で英英辞典の語義を読み上げ、学生たちに元の単語を推測させています。結構盛り上がる活動です。


2.go south

Due to recession, our sales went south.
(景気後退のせいで、売り上げは悪化しました。)

go south は文字通り「南に行く」という意味だけでなく、「悪化する」という語義もあります。「状況が悪化する」「組織がうまくいかなくなる」「株が暴落する」という状況も表します。

このような表現に遭遇した際にはぜひ「他の方角でも go が付くのかな?」と考え、ご自分で調べてみてください。そうしたひと手間が単語力の増強につながります。

3.back East

I went to a university back East.  I enjoyed my course very much.
アメリカ東部の大学に行きました。勉強はとても楽しかったですね。)

back East は「アメリカ東部」、特に北東部やニューイングランド、とりわけメイン州を指します。east ではなく大文字で East となっているのがヒントです。

アメリカでは開拓が東から西に向かって進みました。このため、西から見て後方にあるため back が使われているのです。なお、東から見た「西部では」というフレーズは out West と言います。

ところでイギリスでは the North が「イングランド北部地方」を指しています。マンチェスター以北の地域です。the South はその逆で「南部地方」ということになります。

4.go west

Unfortunately, he went west last night.
(残念ながら彼は昨夜亡くなりました。)

go west は「死ぬ」の婉曲表現です。太陽が西に沈むことから die の遠回し表現として用いられるようになりました。他にも「物が壊れる」「動かなくなる」といった意味があります。

ところで1970年代後半に活躍したディスコグループのヴィレッジ・ピープルは “Go West” という曲をリリースしています。これは “Go West, young man” という一節にヒントを得たものだそうです。「若者よ西部へ行け」と唱えたのはアメリカの政治家ホレス・グリーリーでした。グリーリーは19世紀のアメリカにおいて西部開拓の標語としてこれを唱えたのですね。曲名からアメリカ史をひもとくのも楽しい作業です。


今回は方角に関する英語表現をご紹介しました。ところで日本では「北枕=縁起が悪い」と言われていますよね。けれども欧米の場合、必ずしもそうではないようです。都市伝説ではありますが、「北枕で寝ているなら生まれてくる子は男の子」「南に向いているなら女の子」という迷信(?)もあるのだそうです。

方角に関してもう一つ。日本では「東西南北」と言いますが、英語での順序は north, south, east, west です。他にも「左右」は right and left、「春夏秋冬」は winter, spring, summer, fall となります。「白黒」は black and white、「貧富」は rich and poor です。こうした順序の違いを調べてみるのも興味深いと思います


柴原 早苗
放送通訳者、立教大学・獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。
 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode