通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2014春【英語編】第3回 「続けていくということ」 | main | 講師インタビュー:日野 峰子先生(英語通訳) >>
授業体験レポート:2014春【中国語編】第4回 「欠席時のフォローとクラスメイト」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この春、6シーズン目を迎えています。2014年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は、中国語通訳者養成コース 通訳科1クラスのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

ISSに通い始めて今期で3期目ですが、初めて欠席してしまいました。仕事で出張が入り、どうしても出席できなくなってしまったのです。そのため、先生から送られてくるグループメールや、そこに添付されている、欠席した日の授業で使用した教材、次週の宿題などを見ながら、内容を自宅で復習。また、次週の内容もメールで送られていたので、それを元に予習をしました。また、クラスメイトとも情報交換しつつ、講義でやった内容など細かく教えてもらいながら、自宅学習しておりました。

クラスメイトの皆さんも、それぞれ仕事をしながらISSに通い、帰宅した後や隙間の時間を利用しながら宿題に励んでいる方々が多いので、お互い励みになります。時間の使い方も相談することができますし、資料集めも助け合いながら(決して、答えを丸々もらうわけではありません)やっていく形で、楽しくもあります。中国語母語の方もいるので、相談メールは日本語と中国語が飛び交っており、それを読むだけでも勉強になります。

あと、たった今ですが「今年の通訳案内士一緒に勉強頑張りましょう!」というグループメールも来ました。そんなメールも来ます。私も以前から受けようか迷っていたので、これからゆっくり考えてみます。

来週の講義材料は映画監督のインタビューです。新作映画なので、先週の土曜日に観に行ってまいりました。最近の中国の社会の矛盾を描いた映画で、なかなか考えさせられました。新聞の中国記事やテレビの中国関連のニュースも以前より一層注目するようになりましたし、そこから世界の動きも見ることができます。ISSを通して、中国語を通して、そして通訳の勉強を通して自分の視野が広がっていくような気がします

さて、そろそろ中間テストが近づいてまいりました。内容は主に前半でやった内容と、初見の問題です。今回休んでしまった分の内容も含め、よくよく復習して試験に臨みたいと思います。

クラスメイトのみなさんと「勉強どう?」「全然勉強できてない!やばい!」というやり取りを毎回しますが、意外とみなさんしっかり勉強しているので、侮れません(笑)

その辺の学生的なやり取りは日本も中国も同じなのでしょうか?
 

| 授業体験レポート | 13:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode