通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 通訳&翻訳ロード 〜私の勉強法〜 (7) KMさん | main | 現地駐在員による〜中国北京便り〜第五回 「北京城の城壁を訪ねて」 >>
継続受講の方限定セミナーレポート「通訳⇔翻訳の相乗効果〜その両方を経験するメリットとは?〜」


4月5日(土)、13秋期レギュラーコースを受講され、14春期のレギュラーコースへ継続受講のお申し込みをされた在校生の方を対象に「通訳⇔翻訳の相乗効果〜その両方を経験するメリットとは?〜」と題し、特別セミナーを開催しました。

今回は、英語通訳・翻訳コース講師の西山より子先生と、中国語通訳コース講師の青山久子先生、2名の講師をパネリストにお招きし、座談会形式でのセミナーを実施しました。


 


「通訳」と「翻訳」の両方の学習や業務経験を積むことで、その「相乗効果」で双方のスキルがさらに向上すると言われています

事前に参加者の皆様からいただいた質問事項などを踏まえながら、プロの通訳者・翻訳者として活躍中の両講師に、「現在のお仕事(通訳・翻訳のバランス)の状況」「通訳・翻訳の学習や業務を通じて、その相乗効果を実感したのは、どのような時だったか」「どのような学習方法や仕事のやり方が、相乗効果を高めると感じるか」など、これまでの実体験を通じて、日頃感じていることを語っていただきました。


例えば、ある専門性の高い会議で、通訳の経験はなかったけれど、以前同じ分野で依頼を受けた「翻訳業務」を通して何本も論文を読んで知識を得ていたことで、クライアントから「その分野に詳しい人」という制約付きの案件があった際に通訳業務を受注できたり、あるいは、同じクライアントから「通訳と翻訳」の両方を依頼されたことで、通訳のみであれば会議の4~5日前にしか事前資料が渡されない(準備ができない)のに、それに先立ち「翻訳業務」を始めることで、資料の読み込みが十分にでき(しかも翻訳料金もいただけて)、その上で通訳をすることができるので、通訳のパフォーマンスも良くなる、という経験談も披露されました。

フリーランスの通訳者・翻訳者は、エージェントやクライアントに、自分を売り込むための「営業」も必要ですから、そういった点でも「私は通訳・翻訳、両方できます」と言えるのは、メリットが大きいようですね


また、社会情勢や景気の悪化により、企業の海外出張がキャンセルされることで、予定されていた会議が中止になったり延期になったりして、通訳の依頼が激減することもありますが、そういう状況が中期的に続く場合でも、その間を翻訳の仕事でカバーすることで、収入面でマイナスの影響を被ることも避けられます。


今回、参加者の皆様から事前にいただいた質問も講演の中で取り上げながら、先生方に回答いただきましたが、例えば「通訳の練習をすることで翻訳のスピードが上がったなと実感することはあるのですが、逆のメリットがあまり感じられません。翻訳をすることによる通訳でのメリットとは何があるのでしょうか?」との質問には、「通訳だけをやっていると、現場でのパフォーマンスで文法が崩れがちになったりしますが、翻訳をやることで、日頃から正しい英語(中国語)・日本語を書き、『言葉に対する緻密さ』を身に着けておくことは、通訳の品質向上にもとても役に立ちます」とのアドバイスがありました。


そして最後には「どうやって(学習ための)時間を有効活用したら良いのか、モチベーションを維持したら良いのか」などにも触れ、アドバイスをいただきました。


参加者の皆様からは、
丸「英語と中国語の両コースの講師が、同じ質問に、それぞれの立場から現状を踏まえた回答をして下さったことで、幅広い観点からの議論やアドバイスがあり、理解が深まったと感じます。」

丸「通訳と翻訳は別のものと考えていましたが、非常に深い相関関係があることが分かり、参考になりました。」

丸「通訳・翻訳を両方経験することのメリットを、学習面・仕事面の両方からうかがえて、とても有意義でした。」

などの感想をたくさんいただきました。


この春学期のスタートにふさわしい、参加者の皆様のモチベーションアップにつながるセミナーになったのではと思います。


今後もISSインスティテュートでは、受講生の皆様の学習・仕事・モチベーションアップにつながるセミナーを開催し、皆様の目標達成に向けて、講師・スタッフ一同、さらなるサポートをさせていただきたいと思います!


------------------------------------------------------------------

2014年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら


 
| イベントアルバム | 11:30 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode