通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第31回 「ビジネス中国語の口語◆ 宗[習の第一歩:模倣と繰り返し」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語の口語 ― 練習の第一歩:模倣と繰り返し」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

先日、春の特別セミナーとして「仕事でも使える中国語口語学習法」について、お話をさせていただきました。お休みにもかかわらず、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

セミナーでお話した内容と重複する部分がありますが、ここでも、小学校から日本語を勉強し始めた自分の体験から、皆様と学習方法を「共享(シェア)」し、一緒に切磋琢磨していきたいと思います。

 

語学は独創する学問ではないので、勉強する時、ネイティブを模倣するのが大事です。音、リズムの特徴をしっかりつかみ、自分も同じように発声し、同じように話せるようにすることです。

 

よく、語学は子供の時から習うほうが有効だと言われますが、自分なりの話し方がまだ固まっていない子供は、単純に相手を模倣し、相手の持っているものを自分のものにすることでしょう。

 

大人になると、個々の主観的な判断が働き、自分の発声の癖に合わせ、知っている音に相手が言う音を置き換えてしまうケースがあります。特に、音読みの漢字は日本語と中国語の発音が近いので、間違いやすいです。

 

そうは言っても、大人には大人の強みがあります。それは分析力、矯正力です。相手の発音をうまく分析、理解し、意図的にトレーニングさえすれば、子供以上に精確に発音することができるでしょう。

 

この場合は、単純に模倣するのではなく、模倣する相手の口の形、頬や顔、喉など発声にかかわる全体の筋肉の動きをよく観察し、発音を説明する書籍を読み、或いは教室で説明を聞きながら理解したうえで、毎日繰り返してトレーニングする必要があります。日々練習しながら、微調整すれば、正しい発音をかならず身につけられると思います。また、筋肉だけではなく、流暢に繋げていくためには呼吸も大事です。どのタイミングで吐くまたは吸うかによって、音の軽重、長短が変わり、意味も違ったりします。

 

ビジネスシーンにおいては、特にはっきり、しっかりした発音が必要とされます。「底气十足(お腹にしっかり力を入れて息をすること)」は元気、自信、誠実、やる気などポジティブな印象を与えます。逆に「说话没底气(息が途切れる様子)」は病弱、落胆、嘘、無関心などネガティブな印象を与えます。

 

最後に、日本語にあって中国語にはない音、例えば「きゃきゅきょ、ぴゃぴゅぴょ、ん」、中国語にあって日本語にない音、例えば「r, g, zi, ci, si, zh, ch, sh」などに、特に気をつける必要があります。つまり、中国語にない音を出さないこと、日本語にない音を自然に出させることですね。自分も「のうみん」を「NongMin」と発音したりして、先生にたくさん直されたことがあります。

 

日本語にない音を発音するには、普段使わない筋肉を使うので、慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、焦ることなく、努力を惜しまずに基礎をしっかり叩き込みましょう。

 

次回は、中国の学校教育、ネイティブはどのような文章を読んでいるのかについてご紹介したいと思います。ご期待ください。

 

 

マル今月の中国語新語:

水军:又名网络枪手,被雇佣的网络写手。通常活跃在电子商务网站、论坛、微博等社交网络平台中,伪装成普通网民或消费者,通过发布、回复和传播博文等对正常用户产生影响。(セーラー、またネットシューターとも言います。雇われたネットライターのことです。ネットビジネス、フォーラム、ブログなどのSNSで活躍し、時に普通のネットユーザーや消費者になりすまし、発信とレスポンス、ブログなど通じて、一般のユーザに影響を及ぼしています。)

 

例:A公司雇佣水军疯狂出动。(A社は専門のネットライターを雇用し、猛烈に乗り出した。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 
 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 10:00 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第30回 「ビジネス中国語の口語 ― 中国人が話す標準語を知ること」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語の口語 ― 中国人が話す標準語を知ること​」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

知己知彼,百战不殆(彼を知り、己を知れば百戦殆うからず)」という日本人にもよく知られている孫子の教えがあります。

 

語学の勉強も同じです。相手の中国人がどのような内容の話、どのレベルの話をするのか、事前に把握しておけば、対応する準備ができます。その時、出身地を知るのも大事です。

 

日本語にも各地方の方言がありますが、ビジネスに使われる標準語として相手がわからないほど訛るものはほとんどないと思います。ですが、中国の場合は違います。

 

普通话(標準語)」といっても、その定義を見ればわかるように「以北京语音为标准音,以北方话(官话)为基础方言,以典范的现代白话文著作为语法规范的现代标准汉语。(現代標準中国語とは、北京語の発音を標準の発音とし、北方話(標準語)を基礎に、現代の話し言葉で作った著作を文法のルールとしています)」、定義そのものの許容範囲が広いです。

 

まず、北方と南方の分け方はあいまいです。揚子江を境に北方と南方を分ける説もあれば、秦嶺、淮河(わいが)を境にする説もあります。北方と言っても、甘粛省、山西省、陝西省、遼寧省、吉林省、黒竜江省、北京、天津、山東省、内モンゴルなど地域が広く、それぞれ、かなり発音と使う言葉が違います。が、北方の人々は、自分たちが標準語を話していると自負し、標準語を特に勉強することはありません。また、南方の小学校では一応標準語を習いますが、地方の訛りが強く残って、各地の人々が話している標準語は実に多種多様で、分かりにくいものです。

 

周知のように、北京話には「r」の発音があり、使う頻度が高いだけではなく、特にルールといったものがないので、中国人でも、南の人たちには実に模倣できないものです。南方では、湖南省の人は「湖南hunanfulan」と発音し、上海あたりは「王wang黄huang」を区別できないなど、北方の人にはわからない南方の人たちが話す標準語はたくさんあります。

 

このように、中国人同士でも推測しながら話を進めるケースが多い中、聞きなれない日本人だと、知っているはずの言葉も聴き取れなくなり、聴き取れなければ、もちろん返事もできなくなります。さらに、「口头禅、重复、颠三倒四(口癖、繰り返し、言葉を前後したりすること)」を加え、どこで、文を切ればいいのか、どの部分とどの部分が関わっているのか、非常に判断しにくくなります。

 

そこで、「熟能生巧(なれればできる)」、各地方の人々の話す言葉をたくさん聞くことによって、大まかな癖を把握すれば、相手が普通語を話している以上、推測することができます。

 

普段から、インタビューやアナウンサー以外の解説番組などの音声を積極的に聞くことなどは効果的でしょう。

 

自分が覚えたり話すことは必要がありませんが、どこの地域のどのような特徴なのか、大体わかれば、慌てることなく対応することができるでしょう。もしかすると、コミュニケーションによい話題の一つになるかもしれません。中国人同士でもよく「我的普通话南腔北调的,别介意啊。(訛りがつよいですが、大目にみてください。)」と一種の謙遜として会話を進めますので、ぜひ、恐れずにたくさん聞き、中国語の多様性を楽しみましょう。

 

次回は、自身の角度から口語をレベルアップする勉強法について考えたいと思います。ご期待下さい。

 

 

マル今月の中国語新語:

爆米花电影:ポップコーンのように、見た目はいいですが、栄養価値がなく、見てすぐ忘れてしまう映画のことをいい、お笑い系の時間潰しのための映画はポップコーン映画といいます。

 

例:最近出的大部分电影都是些爆米花电影(最近上映した映画のほとんどがポップコーン映画だ。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 
 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 

四葉のクローバー張意意先生による特別セミナー
「仕事でも使える中国語口語学習法」
東京校 3/17(土)13:00 - 14:00(参加費無料)
セミナーの詳細・お申し込みはこちら

 

-------------------------------------------------------------------

 

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 10:00 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第29回 「ビジネス中国語に欠かせないユーモア ― ゥ罅璽皀△分かるための勉強」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語に欠かせないユーモア ― ゥ罅璽皀△分かるための勉強​」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

一緒にいる中国人仲間たちが大笑いをしているのに、自分だけが何があったのか分からない時、少しがっかりしますよね。そういう場合は

 

1.你们在笑什么呢?(何を笑っていますか?)
2.有什么好笑的呀?(どこが可笑しいですか?)
3.给我解释一下你们在笑什么好吗?(笑う理由を教えてくれませんか?)


など、引っ込まずに聞いてみて、いい勉強のチャンスにしましょう。
繰り返すことによって、きっとツボがつかめるようになります。

 

それに、中国語には四字熟語と慣用句、俗語があり、それぞれ、その背景に物語があって、少ない文字数で、想像を膨らませる味わい深い言葉です。特に俗語自身も、ユーモアたっぷりと言えます。

 

例えば、


1) お客さんや友人に「金を貸してくれ」と頼まれた時、なかなかはっきりと「NO」は言えないものですよね。そんな時には、


我现在也是泥菩萨过河呀。(こちらも危ないところです。)
泥菩萨过河,自身难保。(泥で作った菩薩が河を渡る→自分でも壊れてしまう意味。)


などを例として、自分も難しい境地にあることを伝え、婉曲に断ることができます。


2) 素晴らしいプロジェクトチームが出来た時の例えとして、


我们这支队伍有各种各样的人才,真是八仙过海各显神通。
(このチームは多種多様な人材が揃って、それぞれ自分の得意分野をもっています。)


八仙过海,各显神通(中国の民間に広く伝えてきた鉄拐李、漢鐘離、張果老、呂洞賓、何仙姑、藍采和、韓湘子、曹国舅と8人の特技を持っている仙人のことです。彼らが海を渡る時、それぞれの特技をみせる意味。)

 

もちろん、言葉そのもの以上に、中国人のロジック、思考回路を把握することが重要です。コミュニケーションは相手と交流が出来ることが目的です。日頃さまざまな文章を読み、自分のロジックと違うことを感じたら、メモを取りながら理解してください。中国語の読解力だけでなく、中国人とのやりとりがよりスムーズにできるに違いありません。また身近のことをよく観察しましょう。中国人と同じロジックとバックグラウンドを共有し、共感を味わうことも有効でしょう。

 

ただ、何千年も儒教に縛られた中国人には、「輩分(先輩後輩、上級下級、世代間の関係)」を大事にしていますので、なかなか英語のように先輩や上司、お客さんに気楽にジョークを言えないかもしれません。ちょうどいいタイミングでジョーク(笑话)を言うこと、場に合ったユーモア(风趣)がある言葉使いをすることは中国人にとっても難しいことです。

 

また、ユーモアと低俗な笑いを区別しなければなりません。低俗な言葉で笑わせることは、ビジネスには不向きです。

 

紙面が限られているので、ユーモアについては、これで一段落にしますが、今後機会がありましたら、また一緒にお勉強しましょう。

 

次回からは、口語をレベルアップする勉強法について考えたいと思います。ご期待ください。

 

 

マル今月の中国語新語:

日活:DA(daily active)、使用頻度の意味。日活设备(稼働設備)、日活量(稼働量)、低日活(稼働が低い)、高日活(稼働が高い)などで使われています。

 

例:小米IoT平台联网设备已经超过8500万,日活设备超过1000万,成为全球最大的智能硬件IoT平台。(小米のIoT設備プラットフォームネットワークはすでに8500万台を超え、稼働量は毎日1000万台以上、世界最大となっています。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 
 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 09:00 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第28回 「ビジネス中国語に欠かせないユーモアぁ 宗/佑魍擇靴泙擦襪燭瓩慮渋絅僖侫ーマンス―コント」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語に欠かせないユーモア ― 人を楽しませるための現代パフォーマンス―コント​」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
更に楽しく、しっかり上達できるように、一緒にビジネス中国語を勉強しましょう。

 

今回は、喜剧小品(コント)をご紹介します。1980年代頃に中央テレビ局の春節特別番組で取り上げられてから広く注目され、成長してきました。

 

前期の名作品として、陳佩斯と朱時茂の「吃面条(ラーメンを食べる)」、趙麗蓉と巩漢林の「如此包装(このような包装)」、黄宏と宋丹丹の「超生遊撃隊(子だくさんゲリラ)」及び趙本山と范偉と高秀敏の「買車(車を買う)」などがあげられます。

 

今日の庶民の生活を題材に、時代の流れに翻弄されている人々の運命と世相を描くものがほとんどです。

 

急速な発展について行くことができず、今までの常識に反する出来事や言葉の意味が変わることによって招かれる誤解、世代間のギャップや社会問題などについて、辛辣な口調で問題を提起し、人々の心の変化、本音を曝け出す一方、より複雑になっている人間関係にどのように対処すればいいのか、その難しさを滑稽かつ大げさな手法で表現しています。

 

そこには新語が続出するだけではなく、死語に新しい意味を与え、再生させるなど、市場経済と技術発展に見合った新しいコミュニケーション手法を作り出し、爆発的人気となり、日本の紅白歌合戦のような中国の番組「春節連歓晩会」に毎年登場するようになりました。このダイナミックな時代においても活躍している無視できない存在だと言えます。

 

ここで、「如此包装(このような包装)」の一部だけをご紹介します。

 

赵丽蓉:屋里面有人吗?
(誰かいますか。)
巩汉林:赵老师!
(趙先生、はじめまして!)
P:这位是我们的经理兼艺术总监。
(こちらは今回のプロジェクトのマネージャー兼芸術監督です。)
巩汉林:哎呀哈,你好,你好,你好,哈哈哈……
(こんにちは。)
赵丽蓉:哎哟,这闺女长的可真俊哪!
(あら、あなたは本当に美人ですね。)
巩汉林:噢不,我是男性!
(いいえ、違います。僕は男ですが。)
赵丽蓉:哟呵呵,我没看出来……
(本当ですか。全然わかりませんでした。)
巩汉林:呵呵……
(はぁ〜)
赵丽蓉:我就看你的小辫儿。
(髪の毛のおさげしか見えなかったもので。)
巩汉林:啊哈哈!
(あ、そうですかぁ。)
赵丽蓉:真对不起呀闺女,啊,男性!
(ごめんね、お嬢さん。あら、また間違った、男性ですね。)
巩汉林、赵丽蓉:哈哈哈哈……
(ははは・・・・・・)
巩汉林:啊,好好好,不要客气,赵老师您请坐,您请坐,啊啊……赵老师,我们这次请您来是要给您拍一部“评戏”的“MTV”。
(まあまあ、どうぞ、おかけください。今回、趙先生をお招きして、評劇(*1)の“MTV”を撮影させていただきたいのですが。)
赵丽蓉:“MTV”?
(“MTV”?)
巩汉林:是啊。这个“MTV”是一种现代化的电视艺术创作。
(そうです。“MTV”というのは現代的なテレビ芸術です。)
赵丽蓉:电视上演的,有唱歌的“TV”……
(テレビでよくある、歌う“TV”・・・・・・)
巩汉林:对。
(そうです。それです。)
赵丽蓉:也有跳舞的“TV”,还,还,还就是没有“评戏”的“TV”!
(ダンスの“TV”があって、たしか評劇の“TV”はまだないですね。)
巩汉林:因此,本公司为了宏扬民族艺术,就要给您拍这部“评戏MTV”。
(それで、われわれは民族芸術を讃えるために、評劇の“MTV”を作ろうとしています。)
赵丽蓉:那就太好了,不为这个我还不来呢!
(それは素晴らしいことですね。私もそのために来ているのですよ。)
巩汉林:好啊!
(ありがとうございます。)
赵丽蓉:我真激动啊!
(私は本当に、嬉しいですよ!)
巩汉林:好!
(よかったです。)
赵丽蓉:哎呀,高兴!那就“TV”吧,先“T”哪?
(本当に嬉しいです。それでは、さっそく“TV”しましょう。どこから、“T”しますか。)
・・・・・・

ここにある笑わせる「ツボ」と言えば、芸人さんの表情や言い方の他に、以下の3つあります。

 

1)いままでは服装や髪型で男女を判別できましたが、自由化によって、多種多様になったことに慣れない人達の反応。

2)いままでになかった大量のアルファベットが使われるようになり、消化できていない現状。

3)よく分からなくても、お金になれば、仕事として引き受けること。

 

また、小品には地方の方言を使って、親近感を感じさせ、表現をより豊富にしています。

 

コントを理解することは、外国語としてはやや難度の高い部分ですが、中国人の喜怒哀楽、ロジックや論理を把握できる部分でもありますので、ネイティブに近づく段階を目指して、ぜひ楽しみながら身に付けていただきたいです。

 

(*1)評劇とは中国の華北、東北地方に盛んな地方劇の一つで、京劇に次いで有名です。

 

マル今月の中国語新語:
大跌眼镜:意外な結果や、不思議な現象に驚くことを言います。

 

例:全国楼市都在降温,深圳却让人大跌眼镜。(全国の分譲マンション市場が冷え込む中、シンセン市場だけが人々を驚かせます。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 
 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 15:05 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第27回 「ビジネス中国語に欠かせないユーモア ― 巧に文字や言葉を操ること」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語に欠かせないユーモア ― 巧に文字や言葉を操ること」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

中国語のユーモアには文字の遊び、言葉の遊びが欠かせません。

 

前の,鉢△任款匆陲靴燭茲Δ法◆嵜后⇔咫¬據廚抜岨をばらしたり、「竹苞」を「个个草包」と読んだりして、違う意味を引き出すことが出来ます。

 

また、同音異義を利用し、違う意味を読み取るケースもたくさんあります。

 

例えば、宋の時代の文学家、書家の蘇東坡と佛印和尚との話はその一つです。

 

ある日、佛印和尚がお魚料理を作り、ちょうど出来上がった頃に、蘇東坡が尋ねに来ました。すると、和尚さんはお経を唱える時に使う罄を裏返しにして魚を覆い、蘇東坡を出迎えました。


二人がお茶を飲みながら話をすると、魚料理のいい匂いがしてきました。蘇東坡はすぐに魚を覆っている罄に気づき、わざと誰でも知っている対聯(対になっている文)の上文「向阳门第春常在(陽に向かう家には永年に春の陽気がある)」を読み、下文は忘れたので、教えてほしいと言いました。罠とは知らない和尚さんは「積善人家慶(qing)有餘(yu)(善を積む家には金運がいい)」と読み上げると、蘇東坡は笑って、「和尚さんは(qing)に(yu)が有るというのですか。それでは有難く、頂きますよ。」と言ったそうです。

 

つまりここでは、「」と「」(qing)また「」と「」(yu)が同じ発音ということを利用し、巧妙に相手の隠したいことをばらすことができました。

 

このように、上句を読んで下句を求める遊びは、古代から伝わってきている中国伝統文化の一つで、「対聯」と言います。今でも、民家やビルなどの門の両脇に、左右の文字数や、動詞、名詞、形容詞がきちんと対になって揃えられている文が貼られている光景を、都会から山村までの至る所で見かけます。特に、春節を祝う「対聯」のことを「春聯」といって、とても盛んです。

 

この対聯を作るには基本のルールがあるので、少し知っておけば、中国語はもっと楽しくなり、相手の話にもうまく受け答えることが出来るでしょう。

 

例えば、
雲対雨雪対風茶対酒声対色河対海横対竪閉対開
来鴻対去燕碧草対青苔桃枝対桂葉晩照対晴空など。


簡単に言えば、上聯に「」がでたら、下聯に「」で受けることです。


また、対聯詩詞などはもっともリズミカルで、洗練された文なので、唐詩、宋詞などを日々読んでいくうちに、中国語の文章力も高められるに違いありません。

 

格調高いビジネスの挨拶文や、祝辞などを書くための基礎でもあります。

 

 

マル今月の中国語新語

「场景金融シナリオに基づいた融資のこと。資金調達の需要とシナリオと結びつけ、より正確にリスクを評価し、コントロールし易いように、資金の流れを透明化します。

 

■例文:钱站消费贷提供无担保、无抵押、无场景的信用贷款产品。(「钱站」(ネット消費者金融)が提供しているローンは無担保、無抵当、シナリオを問わないものです。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 
 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 09:00 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第26回 「ビジネス中国語に欠かせないユーモア◆ 宗―醋韻某討靴泙譴詭〆諭

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語に欠かせないユーモア ― 庶民に親しまれる漫才」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

ユーモアを特長とする「表現芸術」として、まず挙げられるのは相声(漫才)」でしょう。

 

北京の天橋、天津の勧業場と南京の夫子廟を発祥地とし、明の時代から清の時にかけて形となった「相声(漫才)」は広く庶民に愛されている娯楽の一です。

 

人を笑わせるのが目的で、(喋る)、(真似する)、(笑いを誘う)、(歌う)を用い、風刺、自虐、揶揄などの表現で茶の間の笑いを誘います。内容は身近な社会問題や日常茶飯事、各地方の風俗や人々の特長、歴史など、独特な言い回しで面白く、可笑しく語りますので、たくさんの流行語を世に送り出し、幅広い年齢層に親しまれてきました。

 

軽やかな口調で、身近な社会問題を鋭く提起し、辛辣かつ適確な言葉使いが評価され、言語の芸術として高く評価されています。二人が語り合うのが最も一般的で、「対口相声」と呼ばれますが、普通に言う「相声」はこの「対口相声」のことを指します。他に、一人で語る「単口相声」や複数の人が一緒に語る「群口相声」もあります。

 

著名な漫才師として、馬三立氏候宝林氏馬季氏候耀文氏、そして近年の郭徳剛氏などが「家喻户晓(知らない人がいない)」ほど、人々に愛され、引用されています。

 

ビジネス中国語のレベルでは、その名段落をいくつかを覚え、活用できたら、コミュニケーションがよりスムーズになるでしょう。

 

ここで、ご紹介するのは、侯宝林氏郭启儒氏が表現した「串调(移調)」の中の一節です。


侯宝林:过去学余派的有个杨宝森。(余派の芸をならう連中に楊宝森と言う人がいました。)
郭启儒:我知道,唱得好。(知っています。とても、歌が上手な方です。)
侯宝林:好吧,跟我一样。(僕と同じです。)
郭启儒:跟你一样?(あなたと同じ?)
侯宝林:我们一块儿学的嘛。他叫宝森,我叫宝林。(ぼくら一緒に習ったのですよ。ほら、彼の名前は宝森、僕の名前は宝林でしょ。)
郭启儒:还都是宝字呀。(本当だ。宝の並びですか。)

侯宝林:还都是木字呢。(宝だけではなく、木も同じですよ。)
郭启儒:怎么呢?(それはどういうことですか。)
侯宝林:你看,我这个林不是两个木字吗?(ほら、僕は林、木が二つでしょ。)
郭启儒:二“木”“林”呢。(そうですね。木と木を並べて、林になります。)
侯宝林:他是森呀,多一个木字啊。(彼が森、もう一つ木があるでしょう。)
郭启儒:对呀。(そうですね。)
侯宝林:我所以比他差点儿的就是在木材上,节约了一点儿。(つまり、僕は木材を少し節約していて、彼よりもエコなんですよ。)

 

このように、中国の大家族の子供たちや芸を習う弟子に名前を付ける時、真ん中の文字を同じ字にする特長を利用し、全く関係がない自分と他人をくっ付け、関係が近いことを強調したり、漢字の特長を使って、「林」は「森」よりエコだよと説明したり、つまり、不合理な状況から、なんらかのつながりを求めようとするところが、中国人が面白いと思うツボの一つです。

 

相声の一節をそのまま真似するのもいいですが、相声そのものを共通の話題にすることで、中国人と簡単に盛り上がることができるでしょう。

 

 

マル今月の中国語新語

吃瓜群众」直訳すると、「瓜を食う群衆」。ネット用語で、チャットグループに入っても、自分から発言をせず、成り行きを見守る連中のことをいいます。消極的な自分を「自嘲」する時、お互いに嘲笑う時に使われます。

 

■例文:这个群里大部分人是吃瓜群众(このチャットグループの大部分の人は消極的なフォロワーです。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 
 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 11:00 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第25回 「ビジネス中国語に欠かせないユーモア  宗|羚饋佑某討靴泙譴襯罅璽皀△箸蓮」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語に欠かせないユーモア ― 中国人に親しまれるユーモアとは?」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

ビジネス中国語にはユーモアが欠かせないものです。商談が膠着状態になっても、ユーモア溢れる一言で雰囲気が和らげられ、問題が解決に導かれるかもしれません。

 

全ての言語にはそれなりのユーモアを表す表現がありますが、中国語にはどのようなものがあるのか、ここでは2つをご紹介したいと思います。

 

一つは人民日報に紹介された話です。

 

ユーモアでさまざまな重大な場面を勝ち抜けたことで有名な中国の偉人と言えば、周恩来の名が挙げられます。

 

1950年代から70年代の貧しい中国は、巨大な欧米を相手に外交を行う時、見下されるのが日常茶飯事でした。が、周恩来は堂々とそれに臨み、巧みに対抗しながら、互恵友好関係を築いてきた逸話がたくさん残されています。

 

丸世界で最も綺麗な女性は家内で、我が家にいます

 

ある日、外国の来賓が周恩来に聞きました。
「総理は世界で最も綺麗な女性に逢ったことがありますか?」(总理先生,你见过世界上最漂亮的女人吗?


この来賓は世界各地の美女を見てきたことを自慢し、鎖国状態の中国をからかうつもりでした。が、思いがけなく、周恩来は
「もちろん!」(见过。)と答えました。


「どこのだれですか?」(是谁?在哪里?
「家内です。わが家にいます。」(是我夫人,在我家里。
「奥様が世界一の美人ですか?」(尊夫人是世界上最美的女人?)と来賓は笑いました。
「そうですよ。僕の目には家内が一番きれいです。そうでなければ、嫁にしなかったのですよ。」(是的,情人眼里出西施,在我眼里我的夫人是世界上最漂亮的女人,否则我也不会娶她。


ここで、古代の物語からの慣用句「情人眼里出西施(ほれた目にはあばたもえくぼ)」をうまく使い、反論できないユーモアたっぷりの一言になりました。

 

中国のユーモアには知恵が伴い、知恵比べとも言えます。「面子」を保ちながら、相手を揶揄したり、嘲笑ったりする例もたくさんあります。

 

次は、広く伝えられている古代のユーモアを例にします。

 

丸ばかな連中だ

 

清の時代に、和珅*1と言う高官がいました。ある日、和珅は新しくできた邸宅に、政治家、文学家でもある紀暁嵐*2に扁額を描いてもらうことにしました。

 

紀暁嵐は「竹苞」の二文字を書き、「竹苞松茂(ちくほうしょうも)」の意味だと説明しました。和珅は喜んで、扁額をホールに掛けました。

 

ある日、乾隆帝*3に見られ、和珅に「竹苞の二文字をばらしたら「个个草包(ばかな連中だ)ではないか、お前は紀暁嵐に上手にせせら笑われたね」と教え、和珅はやっと解り、手も足も出ない羽目になってしまったそうです。

 

次回は「相声(漫才)」から見る中国人の笑いのツボをご紹介します。ご期待ください。

 

 

*1:和珅(1750年-1799年)

乾隆時代にたくさんの重要なポストに就き、悪名を残した人物です。
*2:紀暁嵐(1724年-1805年)

政治家、文学家として有名で、乾隆時代に重要なポストに就き、美名を残した人物です。
*3:乾隆帝(1711年-1799年)

清王朝の第六代皇帝で、在位60年間、中国歴史上で最も長く支配をした皇帝です。

 

 

マル今月の中国語新語

「刷脸FACE ID、顔認証機能のことです。iPhone Xの発表により流行し始めました。

 

■例文:

很多款餐店开始了支付宝刷脸付功能。( たくさんのファーストフード店がFACE IDでの支払方法を開始しました。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 
 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 09:00 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第24回 「ビジネス中国語の口語ァ 宗ヽ擇靴澆覆ら、身につけましょう」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語の口語 ― 楽しみながら、身につけましょう」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

ビジネス中国語はビジネスの場面で使われる中国語です。つまり基礎中国語に更に磨きをかけ、正式な言い方や、中国式思考を身につけ、そして自分がかかわるビジネス分野の専門用語を熟知することによって、「如鱼得水(水に入った魚のように)」、自由自在にコミュニケーションを取ることです。

 

言葉は語彙と文型からなっているので、どれだけ単語と文型を覚えているかが勝負ですが、実際どのようにして覚えるのかは外国語を勉強する人であれば、誰でも悩むことがあるでしょう。

 

子曰:“知之者不如好之者,好之者不如乐之者。” (知るより好き、好きより楽しむことだと孔子は言う。)

 

興味を持つことで探求したくなる、好きで上手になる、楽しむことで長く続けられると言えるかもしれません。中国語を上手に話すためには、絵画、音楽、自然を楽しむのと同じように、言葉の感動、訴え、喜び、悲しみ、エネルギーを体で感じ、頭で理解するだけではなく、自分の思考の一部として育てていくことも大事です。

 

いろいろな角度から中国語の美しさ、楽しさを探って、自分にとって一番の感動を見出せば、覚える苦労も、楽しくなるに違いありません。

 

中国語は母音が多く、響きがよくて、抑揚もあり、変化に富んだリズミカルな言葉です。

 

唐詩宋詞のような古代の唄や文章はもちろんの事、現代文の記述文や論文でも短く、簡潔で、「上口(読みやすい)」な文がよい文とされています。紙面が限られているので、たくさんの例文を挙げることはできませんが、次のような小学校の教科書にも出てくる名文は、中国人のだれでも読んだことがあります。みなさんも共感できるか、一緒に読んでみてはいかがでしょうか。ネットではプロの朗読も楽しめます。

 

《题西林壁》 【宋】苏轼
横看成岭侧成峰, 远近高低各不同。 不识庐山真面目, 只缘身在此山中。
(山々は姿も、高さもそれぞれ違って見える。廬山の本当の姿を知らないのは、この山にいるからだ)

 

また、中国語には歴史を感じる奥深い言葉が数えきれないほどあります。ストーリーを楽しみながら、歴史物語が由来の四字熟語を覚えるのもいいでしょう。その中には、日本人にも馴染み深いものがたくさんあります。

 

三顾茅庐(三顧の礼:三国時代、劉備が諸葛孔明に自分の軍師になってもらう話)

 

望梅止渴(梅林を見て喉の渇きを止める:同じく三国時代の魏国の曹操にまつわる話)
などなど。

 

さらに、孔子、孟子、老子などの思想家の哲学も味わい深いものです。

 

このように、中国語を哲学、政治、歴史、文学、ないし自然科学など広く多分野にわたって楽しむことができるので、ご自分にあうジャンルがきっとあると思います。

 

蓄積が多ければ多いほど選択肢も多くなりますので、比べながら「分寸(度合)」や「格調(品格)」を吟味し、瞬時に自分の思いにぴったりした表現を選んだり、相手の考えを理解し、気持ちを掴めるよう、細かい違いとニュアンスを察知したりして、交流を深めることがビジネス中国語の目標とも言えますね。


次回からは5回に分けて、中国人のユーモアをご紹介したいと思いますので、ご期待ください。

 

 

マル今月の中国語新語

「手办」フィギュア。人物・動物・キャラクターなどの形をうつした人形の事を指す。

 

■例文:

我的爱好是收集手办(趣味はフィギュアの収集です。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 

 四葉のクローバー張意意先生による特別セミナー

「ビジネス中国語のネゴシエーションフレーズを覚えよう! 」

 東京校 9/16(土)13:00 - 14:00(参加費無料)

 セミナーの詳細・お申し込みはこちら

 
 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 14:09 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第23回 「ビジネス中国語の口語ぁ 宗,呂辰りとした意思表示」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語の口語 ― はっきりとした意思表示」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

ビジネスのシーンにおいては、はっきりとした意思表示、つまり相手に分かるように自分の考え「Yes」、「No」を言葉で明確に伝えることが、とても大事なことです。

 

もちろん、「心照不宣、心心相印、心有灵犀一点通(以心伝心)」などのように、言葉のいらない意思疎通もありますが、契約や商談などの仕事においては言葉ではっきりと「是的(Yes)」、「不行(No)」を意思表示することが不可欠です。

 

それでは、どのような言葉がよく使われているのでしょうか。

 

まず、「Yes」を表す時に使われる言葉の例として:

没问题、我同意、我赞成、我认为很好、就这样决定了、按照你说的做、

等があります。

 

次に、「No」を表す時に使われる言葉の例として

有困难、不(太)可能、不行、不(太)好、不妥、不便、不符合规格、需要再考虑一下、

等があります。

 

一般的には、「Yes」を表明する時は、相手の意見と一致するので、衝突することなく、言いやすいです。よく使われるのは下記のフレーズです。

 

■好主意,我完全同意你的意见。(いい案です。賛成します。)
■你说得太好了,正是我所想的。(とてもいいですね。思った通りです。)

 

問題は「No」を言う時です。どのように伝えればよいのかが悩まされることが多いでしょう。

 

相手の面子、相手の気持ち、今後どう付き合っていけばよいのか……いろいろなことで躊躇してしまいます。しかし、避けて通れるものではないので、たくさんの表現を覚え、その場に最も相応しい言葉を選ぶのがよいでしょう。よく使われるフレーズの例として以下のパターンがあります。

 

1)事情を説明し、相手に納得できる「不、No」を言う方法。


■<十分に状況説明をしたうえで>根据目前的状况,我们不能接受贵方提出的这一方案。但我们希望继续探讨,找到双方能够继续合作的道路。(現状を踏まえると、ご提案をお受けすることが出来ません。しかし、話し合いを続け、双方の協力の道を模索して行きたいと思います。)
■根据我的经验,恐怕比较难办。(今までの経験から、恐らく難しいと思います。)

 

2)自分の難しい立場を相手に理解してもらい、相手を断る方法。


■我很想帮助你,但是我自己也是泥菩萨过河,自身难保啊。(とても手伝いたいのですが、自分も(泥人形が川を渡るとすぐ溶けてしまうように)難しいです。)
■你提出的这项工作听起来不错,可请你理解我实在是无能为力。(ご提案はいいと思いますが、自分には力不足なので、ご理解ください。)

 

3)まず相手に賛同し、その後条件を付け加える方法。


■我认为你说的有道理,只是觉得应该再加上一些说明就更好了。(おっしゃるのはごもっともだと思います。更に説明を加えればもっといいと思います。)

 

 

勿論、ビジネスシーンは複雑で、2−3のセンテンスだけではとても間に合うものではありません。もっと知りたい方は、ぜひクラスで一緒に学びましょう。

 

次回はビジネス中国語の口語に関する最終回で、「楽しみながら、身につけましょう」についてお話しします。ぜひご期待ください。

 

 

マル今月の中国語新語

「太子党」中国古代では帝王の法定継承者を「太子」と呼び、党はグループを意味します。現在、中国共産党の高級幹部の子弟など若い世代で特権を持っている人達のことを言っています。

 

■例文:

雇用太子党的外资公司,企图利用其关系网络谋取非法利益。(太子党を雇った外資系会社は、その人脈を利用し、不法利益を獲得しようとしています。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸


 コース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 13:00 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第22回 「ビジネス中国語の口語 ― 場に相応しい言い方(把握分寸)」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語の口語 ― 場に相応しい言い方(把握分寸)」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

ビジネス中国語、つまりビジネスの場面に使う中国語で、最も難しくかつ重要なのは場面に適した言葉使いをすることではないでしょうか。

 

分寸」とは、分と寸どちらも長さを測る単位を表し、10分=1寸です。その分と寸を合わせ、話や物事に対処する時の基準や限度を意味します。

 

取引先やグループ子会社、競合会社など、さまざまな関係に加え、中国独特の人間関係「辈分(関係者や仲間における上下関係)」も考慮し、適切な言葉を選ばなければなりません。

 

例えば、
 

我有一件事情想要商量,您有时间吗?(相談したいことがあるのですが、お時間いただけますか)

 

には下記のような異なった言い方があります。

 

 

■您现在忙吗?我能打扰您一下吗? 

>>極めて丁寧な言い方、相手の都合を優先しています。
 

■您现在抽得出时间吗?我想和您商量件事儿。

>>丁寧ですが、自分の希望を主張しています。
 

■你闲着呢?我们聊聊怎么样?

>>上から目線ですが、相談の口調です。
 

■你现在没事儿吧?我问你个问题。

>>上から目線で、支配者的な口調です。

 

 

また、仲間意識を強調する際、例えば、同じグループ会社の中国人担当者に「うちの会社」と言う場合、「我们公司」をいうよりも「咱们公司」を使う方が、より親近感が得られるでしょう。

 

最終的に、言葉をうまく操るには、その言語の背景にある文化を理解しなければなりません。

 

かつて、ある日本の会社から翻訳の仕事を引き受けた時、先方から、毎日その会社に通い、「会社全体の雰囲気、体温を感じながら翻訳をしてほしい」と注文されたことがあります。

 

つまり民族文化や社会文化、企業文化などを理解した上で、初めて正確な言葉が選ぶことができるのでしょう。もちろん、選択できる語彙を蓄える必要もあります。

 

ビジネスコミュニケーションの授業では、中国語の聴く、話す、読む、書くといった基礎能力を磨くと同時に、多業種、多分野の例を活用し、実践に備えるためのシミュレーションを行っております。

 

次回はビジネス中国語の口語に関する第四回で、「はっきりとした意思表示」についてお話します。ぜひご期待ください。

 

 

マル今月の中国語新語

「金砖国家(BRICS)ブラジル、ロシア、インドと中国4ヶ国の総称。2017年6月19日に北京で四国の外相会議が行われた。

 

■例文:

十年来,金砖国家的经济总量在全球的比重已经从12%上升到23%,对世界经济长的贡献已经超过了50%。(この10年間、BRICsの経済規模は全世界の12%から23%を占めるまでに成長し、世界経済の成長に50%以上の貢献をしてきました。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸


 コース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 09:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode