通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


授業体験レポート:2018秋【中国語編】第8回 「正しく伝えるということ」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語翻訳者養成コース研究科1のAさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

第15回目の授業になります。

今回の授業は日中訳、中日訳両方からなるものでしたが、その中でも特に使用説明文の日中訳(今回は衣類の洗濯時の取り扱い)が難しく感じました。先生の課題の特徴でもあるのですが、一つの原文につき複数パターンの訳出を求められることがあります箇条書きと文章形式、音声アナウンスバージョンとパンフレットバージョン等。訳文の使用目的によって訳し方を変えなくてはなりませんので、それぞれの文章形式の特徴を考えた上で訳を構成しなければなりません。また、そこには当然ながら両言語間の文章の特質の違いもあります。授業では主にそうした点に焦点を当てて学ぶことができたと思います。

 

これまでも何度も言われてきたことですが、原文を読む際には「書いてあること」「書きたいこと」「書いてはいないこと」に注意しなければなりません。つまり、そのまま訳出すると直訳調というだけでなく、本来伝えるべきことが伝わらず、場合によっては読み手が全く違う文脈として理解し誤解を生んでしまうこともあるからです。ですから、訳出の際は「必ず目的に沿った」訳文を考えなければなりませんし、そのためには訳出後の言語の特徴もしっかりと把握しなければならないと感じています。今回の例を挙げれば、表示マークの説明文ですので「〜しないでください」という表記が目立ち、ついうっかりと「请注意〜」としてしまいがちなのですが、そうではなく注意を促す、提案するような言い方を考えなければならないのです。つい文字ばかりに気を取られて、何のために書かれた文章なのか、その目的を見失いがちでしたので注意したいと思います。

 

また、原文を読み解いていくうちに、原文である日本語の文章自体に違和感があるという声がクラスメイトや先生から上がりました。恥ずかしながら私は全く気にも留めていなかったのですが、確かに言われてみれば何かの影響を受けたかのようなたどたどしい部分があるかもしれないと感じます。先生曰く、中国語に引きずられた日本語の文章であるとか。実際に翻訳の仕事に従事していると、よく原文自体に違和感のあるものに出会うこともあると話してくださいました。その際には「半改半译」と言って、訳出しながら原文のおかしなところも直さなければならないのだとか。授業では、このように実体験を踏まえた翻訳者の仕事についても説明してくださいます。先生方は翻訳者としても活躍されていらっしゃいますので、貴重な体験談や裏事情的なものも知ることができ、これもまた授業の魅力であり楽しみの一つでもあります。

 

 

-----<お知らせ>-----

最終回となる、次回の【中国語】授業体験レポート掲載は3/8(金)の予定です。少し間が空きますが、どうぞお楽しみに!

 

| 授業体験レポート | 12:56 |
授業体験レポート:2018秋【英語編】第7回 「英語と日本語のActive vocabulary」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は英語通訳者養成コースプロ通訳養成科1のTさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

あっという間に1月も終わりに近づき、期末テストまでの残りの授業が日英・英日ともに1回ずつになってしましました。今年に入って若干エンジンがかかってきたものの、フルスピードになる頃には終わっているであろうという気配もちらほら…。

 

●第13回 日英

授業とは関係がないのですが、実は今年に入ってからジムに行き始めました!本当は去年10月に契約して会費を払っていたのですが全く行けず、かなりもったいないことをしていて、もう解約しようかと迷っていたのですが、意を決して行くようにしました。運動の効果か、日々スナック菓子をあまり食べたいと思わなくなったり、勉強も捗るようになりました!運動、すばらしい!ちょうど今回の授業で、通訳は体力勝負と先生がおっしゃっていたので、このまま頑張って続けたいと思っています。今年は何事も3日坊主にならないようにしたいです。

 

さて授業ですが、今回は「イラン核合意」についてです。トランプ大統領が昨年の5月に離脱を発表した、イランの核開発を抑制するための合意です。元々はオバマ政権時代に結ばれた合意で、アメリカを始め、イギリス、フランス、ドイツ等の大国が加盟しています。

 

トランプ大統領は合意から離脱し、イランに対してさらに強い制裁=sanctionsをかける、ということでしたが、この「さらに強い制裁」を、安直な私は“reimpose stronger sanctions”と訳してしまいました。先生曰く、“tighten the sanctions” or “tighten the grip”という意味であると。こういうところです。字面を追ってしまい、しっかりと日本語の理解ができていないところが私の課題です…。

 

また、最近感じるのが、Activeなボキャブラリーの少なさです。Active vocabularyとは自分で意味がわかって尚且つ使える単語、その逆がPassive vocabularyで、聞いて意味はわかるけど、自分では使えない単語です。私の場合、英語も日本語も、とにかくActive vocabularyが少ないのです。今回も例えば、嫌悪感を持つ=dislikeかなぁと思い、それ以外は全く思いつきませんでした。しかし、先生やクラスメイトの訳出では、hatred、aversion、antipathy、don’t like…と出るわ出るわで、確かに言われてみればそうなのですが、自分では全く思いつきませんでした。

 

さらに私の場合には、日本語の方がむしろよりひどいかもしれません。難しい言い回しだとわからないものが多すぎて、英語の方がわかったりします(日本語ネイティブです…)。情けないばかりですが、日本語力を上げるのは英語力を向上させるよりもさらに大変とのことですので、今年は少しずつ取り組んでいきたいと思っています。

 


●第14回 英日

早いもので1月も、もう終わりです。今回も前回に引き続きベーシックインカムに関するトピックでした。テーマは「Social mobility & Meritocracy」。Social mobilityは「社会移動」という意味で、社会の中において個人や家族、その他グループが社会の階層を上下、または水平移動することを表しています。つまり平社員が会社の役員や社長になったりすると上昇で、その逆で役員が降格し一般社員になれば下降です。水平移動は同じ階層内での会社や家等の移動のことだそうです。MeritocracyはMerit(業績、功績)とCracy(ギリシャ語の支配)を組み合わせた造語で、1958年にイギリスの社会学者であり政治家であるMichael Dunlop Youngさんという方の著書「The Rise of the Meritocracy」で登場した言葉です。知能と努力によって自分の地位や階層が決められる「能力主義」、「実力主義」、「業績主義」等を意味しています。生まれや身分によって地位が決定されていた前近代社会から、個人の業績(つまりMerit)によって地位が決定される近代社会への展開によって広がった原理で、教育業界などではけっこう使われているそうです。

 

今回は元金融機関CEOの女性がスピーカーでした。このスピーカーはとにかく英語が早い…。わりとインテリな欧米人には早口な人が多いですが、まさにそんな感じです。通訳泣かせです。


そして金融畑の方なので、金融用語等をさらっと織り交ぜてきます。「IMF」(国際通貨基金)や「VAT」(付加価値税)等々。早口で言うので1度ではなかなか聞き取れず、とにかく今回は聞くことに集中しました。

 

英日通訳をしているときに一番怖いのは英語が聞き取れないときです。大切なところで、特に名詞などが聞き取れないと結構大問題だったりします。通訳をするときはメモを取りながら聞いているので、聞く方に100%フォーカスできないことが多々あり、聞こえていても抜けてしまうことも多いので、この辺のバランスが難しいです

 

本当は聞くことが何より大切で、きちんと記憶した上でメモは呼び水として使う程度が理想だとよく言われます。事実、たまにものすごくうまく訳出ができた!と思うときは、大抵そんなにメモを書いておらず、内容をしっかりと聞いていて記憶に残っている、ということが多いです。

 

記憶に残るということは、英語とか日本語とか関係なく、きちんと「スピーカーの言わんとすることの本質を本当の意味で理解している」ということだと思うので、やはり根本的な知識と英語力(単語力も含め)を伸ばすことが何よりも必要なのだと、今期はすごく身に染みて感じています

 

| 授業体験レポート | 13:12 |
授業体験レポート:2018秋【中国語編】第7回 「気づくことの難しさを知る=受講の醍醐味」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語翻訳者養成コース研究科1のAさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------


13回目の授業になります。

今回は日中訳、中日訳の両方がありそれぞれ文芸翻訳からなる授業でした。原文を読む際、ついサラッと読んでしまいがちなのですが、話には「オチ」がありそれを場面場面でどのように訳し分ければ話自体の面白さや特徴を表せるのかという点について学びました。特に今回はショートショートと呼ばれる特別に短い小説だったため、ストーリー展開のテンポも速く、そういった部分での表現の工夫も大切だと感じました。

 

いつもの通り、とても密度の濃い授業でしたが、今回は文芸翻訳ならではの留意点を教えていただき、訳出の際に全く気づかなかったこともあり目からうろこが落ちました

 

まず始めに、慣れ親しんでいる言葉は疑いも無く読み進めてしまうので注意が必要です。言葉に隠されている意味を意識しないと読み落としてしまいます。また、訳出の際に文章を一度全て読み終えてから訳しますが、その時点で翻訳者はストーリーの「オチ」を知ってしまっていますから慎重にならなければなりません。本来まだオチが分からない場面でネタばらしをしてしまう恐れがあるからです。またそれと同じ理由で、題名のつけ方も注意を払う必要があるとのことでした。

 

もちろん、言葉ではっきり表せばネタがバレてしまうことは当然なのですが、気をつけていないとちょっとした言葉選びや表現の仕方で読者に感づかれてしまいます。そういう点でも、これまで学習してきた「言葉選び」の重要さと、文芸作品に取り組むことによって改めてその難しさを痛感しました。

 

今回課題として選ばれた日中訳・中日訳それぞれの文章は、共に「オチ」があり、それをどの時点で読者に気づかせ、読者の知るところとなるのかを取り扱ったものでした。訳出する際は全く気づかなかったのですが、先生の解説を聞いてそれを知ると、「あぁなるほど」とパソコンの画面を前にしながら(←インターネット受講の為)先生の考えられた授業の構成に驚きの声を漏らしてしまいました。通学クラスのクラスメイトの皆さんも同じ気持ちだったようで、驚きの声が聞こえてきました。

 

14回目の授業になります。

今回の授業は課題が出された際に予告があった通り、「中国語原文の並列に並べられた言葉をどう扱うか」に重きを置いた授業でした。この「並列」に関しても、今期の授業で何度も学習してきた内容で、中国語の特徴でもありますので、避けては通れない重要ポイントになると思います。

 

ただやはり、授業を受ける度に「またやってしまった、気づけなかった」と思ってしまうのは、そもそもその「並列」に並べられた文章に疑いを持たず、また文章全体とのバランスや構成を考えずにやみくもに訳してしまっていたからだと気づきました。今回は何故その並列の文章ではだめなのか、ダメなのであればどのようにまとめればいいのかを体系的に学べました

 

日本語、中国語の特徴の一つとして、日本語は当たり前のことは書きませんが、中国語は全ての情報を書き出し、時間や登場人物も全て時系列に並べると先生はおっしゃいます。また、それこそが中国語の文法でもあると教えてくださいました。そして、まずこの点を十分に頭に入れておかないと、直訳調のダラダラと文字を並べた訳出や、いつ、誰が…と時系列に淡々と並べられた子供の日記のような文章になりがちなのです。

 

ではどのように処理すべきなのか、先生は課題文の他にもいくつかのパターンを説明してくださいました。日本語の文章でも例を挙げる場合はありますが、2〜3個にとどまりますのでそれを目安にすること、そして同系列の言葉、例えば林業や漁業等は産業とまとめることができるなど。こうしたポイントや方法を知ることで、見逃してしまった箇所に気づき、より分かりやすく訳出する助けとなるので、大変勉強になりました。

 

今回の訳出ではうまく処理が出来なかった部分や気づけなかった部分が多くありましたが、他のクラスメイトの皆さんの訳文を参考に、どういうまとめ方があるのかを知りました。また、先生からは、細かく訳出すると妙にその部分だけ生活感が出てしまう、別の話題にそらされてしまう可能性があるため、文章全体の構成から考えることも必要だということを学べたと思います。

 

| 授業体験レポート | 10:33 |
授業体験レポート:2018秋【英語編】第6回 「弘法じゃないので筆を選ぶ」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は英語通訳者養成コースプロ通訳養成科1のTさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

お正月休みも明けてしばらく経ち、完全に普通の生活に戻りました。
昨年に比べ少しずつではありますが、勉強時間をとれるようになってきました。このまま良いリズムを続けられるように、今年は…今年こそは頑張らないと!


●第11回 日英

この回、実は1月5日だったのですが、年始の家族の集まりに被ってしまい、振替制度を初めて利用しました。(前回のレポートで制度を簡単に説明していますので、ご参照ください。


土曜日の授業は午後と夜間のクラスがあり、その2クラスに関しては自由に振り替えられるのですが、その他の曜日へは学期中に1回のみ振替が可能なシステムです。この制度を初めて利用し、日曜クラスへ参加しました。土曜と日曜で、どちらも週末クラスなので雰囲気は若干似ていましたが、普段一緒に学んでいないクラスメイトの訳出を聞くのはとても勉強になります

 

上手な方の訳出は、さすがプロ科クラス!としみじみ思います。同じクラスなのにここまで違うかと感心している場合ではなく、自分が同じようにしっかりとできるようにならないといけないと実感します。

 

ここで少し余談ですが、通訳を行う際にはお気に入りのボールペンを使っています。以前のクラスで教えてもらった、手に力を入れなくてもすらすら書けるボールペンなのですが、他のペンでのメモ取りと比べると雲泥の差なのです。こういうのを「下手の道具調べ」というらしいですね…ひとつ利口になりました (笑)弘法じゃないので筆を選ぶ、状態。

 

話が逸れまくりましたが、そのすらすら書けるボールペンを予備を含め2本携帯しているのですが、授業中にまさかの2本ともインク切れ!という過去にない事態が発生しました。他にもボールペンを持っていましたのでメモ取りは続行できましたが、やはりいつものボールペンとは比べ物になりませんでした。今後は念にも念を入れて3本携帯しようかなと思っています。


さて授業ですが、今回は政治・外交情勢分野の「増額し続ける日本の防衛費」がテーマでした。イージス・アショアの導入に関して、防衛予算の膨張が著しく、国民の不信感が募っているという話です。イージス・アショアはニュースで聞いたことはありましたが、実はお恥ずかしながら何なのかこの授業まで知りませんでした。イージス艦の機能を陸上に置く最新施設で、2基で日本全体をカバーできるものだそうです。

 

普段ニュースでよく聞く言葉がたくさん出てくるのですが、意外にも英語で何と言うか、ぱっと出てこないものが多いです…概算要求(Budget request)とか、防衛白書(Defense white paper)とか。こういう当たり前の言葉をしっかりと身に付けないと、通訳は難しいですね。

 

●第12回 英日

2019年一発目のクラスは英日でした。(スケジュールは日英が先だったのですが、振替制度を利用したため日英と英日の順番が逆転しました。)


前回はお休みしてしまったのですが、トレンドのテスト(吹込み)が、中間テスト後の授業である前回から少しレベルアップしています。今までは、単語が流れるとすぐに日本語を吹き込む形でした。中間テスト後からは、単語が流れて、さらに次の単語が流れた後に1つ目の単語の日本語を吹き込みます。例えば、Apple→りんご、Peach→もも、が中間テスト前のやり方。中間テスト後には、Apple→…、Peach→りんご、Orange→もも、という風に1つ前の単語を覚えておいて、さらに次の単語を聞いてそれも覚えておきながら、口では1つ前の単語を出さないといけないという、脳みそをフル回転する方法になっています。

 

一応少し準備はしていたものの、想像以上の難易度で結果は散々…(25点中12点でした)。今期はまだ8割取れていないので、あと残り2回のうちになんとか1回くらいは満足のいく点数を取りたいものです。


さて、授業ですが、今回のトピックは「Growing inequality and insecurity」、経済の話です。実は私、経済や金融といったトピックが大好きなのです。今回はベーシックインカム、所得補償制度についての話だったので、元々知っていたこともありますが、準備もすごく楽しかったです。以前から先生にも、知識の偏りがひどい、と言われるのですが、好きなものに対してはとことんはまるタイプなので、そうでないトピックに対してもしっかりと取り組むのが今年の目標の1つです


さて、ベーシックインカム、所得補償の制度ですが、実はフィンランドで実験的に導入されたことがあります。2017年1月から2018年12月までの2年間、失職中の約2000人に一律560ユーロ(約7万円)が支給されました。当初は延長予定だったようですが、結局は延長せずに終了し、実際にどのような効果があったか等の検証結果は2019年〜2020年に発表される予定です。これに対しては色々と個人的には思うこともありますが、書いていると長くなるのでそれはまた機会があれば…(ないか!)。

 

今回の授業での教材は生音声だったのですが、経済や金融のトピックは割とわかりやすいシンプルな英語表現が多い気がします。もちろんスピーカーの英語によっては聞き取りづらいところもありますが、経済や金融は英語ノンネイティブの通訳者でも知識があれば参入しやすいと昔、先生に聞いたことがあります。「知識があれば」ですけどね。

 

今回の授業では、4人1グループに分かれ、事前に下調べしてきた内容を1分間程度でプレゼンする、さらに、グループの代表者がクラス全員の前でグループ全員のプレゼン内容を踏まえて再度プレゼンをする、ということをしました。しっかりと下調べをして、それを自分のものにしておく、そして人にもわかりやすく説明ができるように、ということで次回以降も同じようにプレゼンを行うそうです。


他のクラスメイトに迷惑を掛けぬよう、むしろ何か役に立つような情報を提供できるように、準備にさらに気合が入ります
インフルエンザが流行ってますが、残り少ない授業を無駄にしないように体調管理をしっかりし、勉強に励みたいと思います!

 

 

| 授業体験レポート | 09:23 |
授業体験レポート:2018秋【中国語編】第6回 「ポイントを押さえる」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語翻訳者養成コース研究科1のAさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

11回目の授業になります。

今回は前回に引き続き、言葉や文章の羅列をどのように処理するかという問題について、履歴書形式の原文を使用し中日訳の演習を通じて学びました。以前別のクラスに在籍中、同じく中日訳の履歴書を扱った授業がありましたが、今回も同様に日本人の私には文章がひたすら長く感じました。先生もおっしゃるように訳出ポイントは、日本企業に提出し、日本人が読んで違和感のない、最後まで目を通してもらいやすい書き方にしたうえで、伝えたい事をきちんと伝えることです。この履歴書の人物を採用してもらうにはどうまとめるべきか、意味を変えずにどこを削ることで読みやすく最後まで目を通してもらえるのかに気をつけなければなりません。

 

また、履歴書という自分自身をアピールする場ですが、日中間で書き方に差があるようで、日本人の私から見ると、中国語の書類は自信たっぷりに全ての業務や詳細を書き並べているように感じます。 経験した職務とその結果を文字に表す中国語の書類は「自信」や「成功」の文字のオンパレードです。この文章の末尾をどうするかも大きなポイントだとアドバイスをいただきました。また、中国にはインターンの制度がありますが、その存在を知っていることも訳出の上で重要なポイントとなるようです。

 

そうした話題に触れている際、クラスメイトの皆さんが「私が中国にいたころは〜」という話をする声が聞こえてきました。そう言えば、皆さん前期、前々期から一緒に受講しているだけあり、最近は授業中もちょっとした声が聞こえてきます。密度の濃い授業の中でも和やかさがあり、積極的に、また自由に意見や会話ができ、時に笑い声の聞こえてくる心地のいい雰囲気だなと感じ、インターネット受講の私にはとても羨ましく思えます。

 

日中訳はついに苦手な文芸(小説)翻訳を取り上げることになりました。
毎回、 何行ずつかに分けて少しづつ訳出していきます。前回学んだ中国語によくみられる会話文前後の「ト書き」(発言者の状況や表情を言葉で表します)の処理方法や、情景を訳出する際の視点の高さが違えば訳出が変わってくるというポイントを学びました。今回、冒頭部分に情景描写がありましたが、何も考えず訳出した訳文を見て、先生は私の視点は低めに設定されているとおっしゃいました。改めて自分の訳出や先生の訳例、クラスメイトの訳文とを見比べた際、人の目線かそれより下くらいから見た情景と読み取れることに初めて気づき、驚きと共に大切なポイントであることを理解しました。

 

12回目の授業になります。

今回の課題は全て日中訳からなり、私にとってはとても難しく骨の折れる授業でした。前回からの小説の訳出を含め3種類の文章を用い、書かれている内容を適切に伝えるための言葉選びを順序だてて学ぶことができたと思います。

 

適切な言葉選びに関しては、今期初回から何度も繰り返して学んできましたが、新しい文章になるとつい訳す=中国語を書き出すことばかりに意識が傾いてしまい、書かれている内容ではなく文字を訳してしまいがちです。伝えたい内容を的確に読み解き、文章の隅々から情報を集め、それらを用いて推測することで適切な言葉を選ぶ判断材料とします。また、ここで大きなポイントとなるのは文章の一部の言葉が決まるとその言葉に見合った言葉、主語や述語などが決まり、更に修飾する言葉が決まりますどの言葉を選ぶかによって、文章に与えるイメージや情景を左右するので大変重要なポイントですが、このように一つ一つ順番に言葉を選択する方法を用いることで、伝えたい訳出に導くことができることを学びました。

 

3パターンの文章を使用し、それぞれポイントとなる箇所について例をいくつか挙げ、もし〜という言葉を選択したらどういうイメージになるのか、〜という言葉だったら話の筋がこのように変わってしまう等、なるほどなと納得する解説をいただきました。分かりやすく、またユーモアのある説明は頭に入りやすいので、密度の濃い授業ではありますが楽しく受講しています

 

また、今回は原文が全て日本語だったにも関わらず、文章の細部まで読み取ることができていなかったことは反省点でした。文字では書き表されていない文章の内容を読み解くことで、的確な言葉の選択の第一歩となるからです。このように特に出来ていなかった点に関しては、いつもの通りクラスメイトの訳出や考え方を知る事で次回へ繋げられればと思っています。

 

 

| 授業体験レポート | 09:16 |
授業体験レポート:2018秋【英語編】第5回 「2018年最後の授業」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は英語通訳者養成コースプロ通訳養成科1のTさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

あけましておめでとうございます。

あっという間に中間テストも終わり、後半戦突入です。年末になると毎年同じことを思いますが、一年あっという間でした!

2019年は少し仕事も落ち着くはずなので、しっかりと気を引き締めて勉強に取り組みたいと思います。…と言いつつ、年末年始は帰省等で思うように勉強がはかどりませんでした。


それでは早速、中間テスト後、2018年最後の授業レポートから始めたいと思います。

 

●第9回 日英

中間テスト後の初授業です。今回はひとりひとりテストのフィードバックをいただけるので、楽しみにしていました。ひとり約10分弱、授業時間中に順番にフィードバックをいただきます。

 

その間は今回のトピックである「食品ロス」についての訳出を自習で行います。ちなみに、世界で生産された食料のうち3分の1が廃棄されているそうです。なんてもったいない!


さて、フィードバックですが、あまりにテストがボロボロだったので、もはや評価に値せずだと思っておりました。フィードバックなんていうほどのコメントもないのでは、と思っていましたが、厳しい言葉だけでなく温かい言葉もかけていただき、ちょっと泣きそうになりました。

 

まずはやはり日本語の理解力が不足していることを指摘されました。私は日本語ネイティブですが、にも関わらず日本語力不足を指摘されます…。以前のクラスから指摘されているのですが、通訳をするということが表面的な理解ではいけないことが身に沁みます。また、クラスの予習については、ネットで調べるのではなく本を読んで準備をすること、特に論文等を読みなさいと言われました。今年の目標にたくさん本を読むことを入れましたが、なかなかハードル高めです。唯一いただいたお褒めの言葉は、時々きれいな表現が出ているとの事


プロ科に入り一気にレベルが上がって、英語が喋れるだけでは通訳ができないということをさらに痛感しています。

 

●第10回英日

実はこの回、2018年最後の授業は急な仕事が入りお休みをしてしまいました。中間テスト後のクラスで先生からのフィードバックをいただける大切な機会だったのに…ガッカリ。過去に授業レポートを書いていた方の中でこんなにお休みしてしまっているのはきっと私だけでしょう…。読んでいただいている皆様に大変申し訳ない思いでいっぱいです。

 

今回は急遽お休みせざるを得なかったため恩恵を受けられなかったのですが、実は今期から違う曜日に授業を振り替えることができるようになりました(※プロ1東京校のみ)。年始最初の授業が1月5日の予定だったのですが、帰省等の都合で参加が難しそうだったため、このシステムを初体験する予定です。今期は土曜日のクラスなので、通常はお仕事が入ることはほぼないのですが、たまにこういうことがあるので大変ありがたいシステムです。(※この振替システムは学期中に1度しか使えないのですが、今回は私用で使ってしまいました。)

 

授業を休んでしまうと、復習は全て自分で訳出を行わなければいけない(クラスメートの訳出が聞けないので)、先生が説明する予習の詳細が聞けない、という大きなディスアドバンテージが課せられます。授業で使用した教材や音源は、所属クラスの受講生だけがアクセスできるサイトにアップロードされるので、そこからダウンロードして確認し、一人黙々と復習するという、普段3時間の授業で行うことを一人でやると、これがまた大変です。ちなみに私は結構カフェで通訳訓練をしているので、カフェでぶつぶつ言っている怪しい人がいれば、それは私かもしれません。(笑)

 

通常の復習は、クラスで行ったパフォーマンスの録音(自分の声です)を聞いて、落ち込んで、そこから磨きをかけていく、というプロセスを取ります。前回はテストでしたので、いつも以上に落ち込みましたが、それでも自分の声を聞くことは本当に大切です。自分で聞いていて聞き心地の悪い訳出を人様に聞かせるわけにはいきません

 

私の課題は日英も英日もやはり日本語力が著しく乏しいことのような気がします。もちろん英語力もまだまだ足りませんが、毎回自分の日本語を聞いていて嫌になります。また、英語もかなりカジュアルなので、品格のある英語を話せるようになるのが今後の課題です。

 

予習の詳細に関しては、今期はありがたいことにクラスメートがメーリングシステムで詳細を送ってくれるので大変助かっています。そこから私は基本的にネットで予習をしています。Wikipediaを始めとし、海外ネタなら外務省のサイト等、なるべく確実なサイトを使って準備をしています。しかし、つい先日、日英の授業で本や論文を使って準備をしなさいと言われたので、今後は近所の図書館を活用しようと計画中です。

 

今回聞けなかったテストのパフォーマンスに対してのコメントは次回いただけると思うので、その際にまたこちらでご報告できればと思います。


**********

平成も残り少し、私事ですが今年は厄年が明けたので良いことばかり起こると期待しています。
色々と今年やるぞ!と思っていることが3日坊主にならないように気を引き締めつつ頑張りたいと思います!
今学期もあっという間に残り半分ですが、しっかりと頑張っていこうと思いますので引き続きよろしくお願いします。

 

| 授業体験レポート | 09:22 |
授業体験レポート:2018秋【中国語編】第5回 「文芸翻訳や広告・キャッチコピーの難しさ」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語翻訳者養成コース研究科1のAさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

9回目の授業になります。

今回は複数の中日訳、日中訳からなる内容でした。毎回、色々な文章形式の課題が出されるのですが、その中でも個人的にはキャッチコピーやスローガンのようなものが大変苦手で、特に今回は日中訳だったことに私自身の中国語能力の低さも加わり、求められた内容とはかけ離れた結果になってしまいました。今回はこの点に重きを置いてまとめたいと思います。

 

授業冒頭、先生の訳例と中国語ネイティブのクラスメイトの訳例は同じ言葉が使われ、同じ方向性をもった訳出だったと話され、またその理由や至った経緯を説明してくださいました。中国語ネイティブではない私、特に留学等の経験も無く中国語の生活環境の中に身を置いたことのない私にとっては、その訳出に至るまでの考え方や経緯は大変興味深いものがあります

 

説明文や各種ビジネス文書等と違い、こういったキャッチコピーやスローガン、広告の類は短い文章で伝えるべきことを伝え、またそこで使われている言葉自体に含みを持たせたり、時に韻を踏むなどして遊び心を持たせたりと、様々な技法が問われます。先生はもともとの言葉の意味が変化し語義が派生する例を挙げて説明してくださいました。成語やことわざ等を用いることで文章が表現力・説得力に富み、伝えるべきことをより的確に伝えることができます。またそれらは何度も聞ているので耳慣れた言葉でもあるとおっしゃいました。先生を含め中国語ネイティブの訳出のうち、ある方は使用した成語の一部に敢えて違う漢字をもってくることで、より的確に伝え、また文章に面白みを含ませていましたし、授業でもそうした例文を沢山挙げて解説をしてくださいましたので、大変勉強になりました。

 

日本語でも、韻を踏んだり同音の漢字をあてることでウイットに富んだ表現をすることは多々あるかと思います。ただ、やはり今の私の中国語の能力ではなかなかその考えに至らなかったり的確な表現が思い浮かばなかったりと、どうしても語彙力や表現力の無さが足を引っ張ってしまいます。「耳慣れた言葉」であれば、敢えて漢字の一部を変更する事を思いつきますし、それを読んだ方も正しい理解ができるでしょう。ただ、今回はそもそも訳出方法の認識を間違っていたこともあり、大変情けない結果になってしまいましたが、翻訳以前の課題として、今後の中国語学習についても大きなヒントとなったと感じています。


10回目の授業になります。

今回の授業は言葉の並列をどう処理するかについて学びました。中日訳の際、中国語の原文の中で例えば単語であったり文章であったり形は様々なのですが、関連する事柄全てを並べた文章をよく目にすることがあります。研究科1以前のクラスでも全て訳出しないことや、まとめて別の言葉に置き換えることなどを学びましたが、いざ訳出となった際、どの言葉を省略すべきなのか、まとめかたのポイントやその考え方はどこから導き出されるのかが分からず躊躇してしまいます。

 

いつもの通り、課題を通して色々なパターンの「並列」文章の処理の考え方を教わりました。更に、その他にも挙げられた多くの例文に触れることで、考え方を定着させることができるのではないかと感じます。また、先生はこういった文章の特徴はそれぞれの言語の習慣や癖からくるものだとおっしゃいます。「誰もが知っていることをわざわざ書く中国語」と「省略する日本語」。その特徴を知っているだけでも訳出の際に大きな助けとなります。

 

その他、会話文の多い文芸翻訳の訳出処理の仕方やポイント、考え方も学びました。ビジネス関連の翻訳と違い、文芸翻訳には会話文がありますのでその部分で大きな注意点が発生します。日中訳の場合には、状況説明の他、表情や関係についても言葉にして訳出しなければならないという違いがありますし、言葉の選び方にも注意をしないと読み手のイメージを左右してしまいます。普段、趣味と勉強を兼ねて中国語原文で書かれた書籍を読みますので、何となく会話文や情景の書かれ方の違いに気づいていましたが、実際に訳出するとなると大変難しく感じます。訳例の他にもクラスメイトの訳出やその添削を通して、何故この言葉を足した方がいいのか、この言葉を選択すべきなのかというポイントを学べました

 

 

| 授業体験レポート | 09:00 |
授業体験レポート:2018秋【英語編】第4回 「中間テスト」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は英語通訳者養成コースプロ通訳養成科1のTさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

ついに待ちに待った(?)中間テストが終わりました。
中間テストは基本的には今まで(本科クラス)と同じで、復習→初見という流れですが、以前のクラスと違うのは、完全初見が入ること。完全初見は一度聞いただけですぐに訳すため、リアルな現在の能力が試されます…。もはやあまり思い出したくない悪夢のような出来でしたが、レポートしたいと思います!

 

●第7回 日英

中間テスト前半戦。復習は2週間前の「泥による感染症」でした。その後、完全初見は2種類。基本的な構文力を試すものと「ガスプロム」の話。

 

準備有り初見は今話題の「マイクロプラスチック」。諸外国ではプラスチックストローの廃止をする等、ニュースでもよく聞きますよね。授業で取り上げると、身近な話題のようでも意外にわかってないことが多々あると感じます。

 

準備有り初見では、準備時間(文章全体が2回聞けるくらいの時間)でわからない単語等を調べて準備しますが、プロ科では辞書の使用はインターネットに接続のないものに限るとのこと(本科では先生によると思いますが、インターネットの使用もOKでした)。つまりは、固有名詞は事前に調べておかないとアウトです。

 

それにしても今回のトピックで、プラスチックの処理については日本はやはり遅れているのだなとすごく感じました。「3R」(リサイクル・リユース・リデュース)という言葉をよく聞きますが、日本ではまずリサイクルを思い浮かべます。この順番に国の方向性が出るとの事。リサイクルにもコストがかかるため、世界的にはまずリデュース(減らす)が第一で、何よりも減らすことを念頭においているそうです。

 

さらに余談ですが、3Rは日本語、英語で言う場合は3Rsと複数にするための“s”が必要だそうです。言われてみれば!ですが、言われるまで気づかなかったです。単数・複数は時に結構わからないものが多く、未だ難しく感じます。マイクロプラスチックに関しても、ネイティブスピーカーでも意見が分かれるそうですが、Microplasticsと複数で使うのが最も一般的ではないか、とのことでした。

 

テスト後は、もはや歩く気力もないほどにヘトヘトでした。

 

●第8回英日

中間テストとはいえ、当然のごとくトレンドテスト(単語テスト)もあります。テストの準備、予習・復習、トレンドの単語を覚える等、やること盛りだくさん。クラスメートの皆さんも仕事をしながらこれをこなしていると思うと本当に尊敬します。私は完全に時間不足でした。仕事が忙しい時期の時間のやりくりには本当に困っています。


トレンドのテストと復習は通常通り。とはいえ、前回の授業を欠席してしまったので今回復習は若干苦戦しました。そんな時に役立つのは、クラスのメーリングリストです。わからない箇所を聞いたり、休んだクラスメートに対して授業の内容や次回の要点を共有したり、みんなで励まし合ったり、心が折れそうな時にとてもありがたいツールです。

 

さてテストですが、こちらも復習から開始です。日英の復習は前回の授業で扱った教材の内容がほぼ全て出題されましたが、英日は過去3回の授業で扱った教材内容から数文をピックアップしたもので、思っていたよりもかなり短めでした。ただし、短いと訳出の負担も少ないのでは、と感じるかも知れませんが、ちょっとの失敗が命取りであり、一切カバーが利かないのがつらいです。

 

そして初見は「自動運転の国際ルール」「徴兵制復活」「英国のロシアスパイ疑惑」についてのインタビュー3本立てでした。それぞれのトピックで、インタビュアーの3つの質問に対する回答を通訳します。

 

日英では完全初見と初見が別のトピックでしたが、英日は同じものを使います。スピーカーがかなり早口だったため、完全初見は結構苦戦。ただ聞いているだけだとなんとなくわかったような気がしますが、実際に通訳するとなると、細かい部分がだだもれ、メモ取り切れず…と課題が山積みでした

 

完全初見で通訳を録音した後、準備時間を得て今度は同じ教材で「準備有り初見」のパフォーマンスを行います。わからない単語を調べ、早くて何を言っていたかわからない箇所を何度か確認し、その後録音へ。その後クラス全体で初見教材を確認していきます。

 

*******

日英・英日共にですが、本科まであったようなフィードバックではなく、自身のパフォーマンスを聞いて評価するための採点表(自己評価表)が配られます。自己評価表の項目ごとに自分自身のパフォーマンスを改めて聞き直し、コメントを記入します。これを提出した上で、先生からフィードバックがいただけるとのことでした。。今回ボロボロだったので自分のパフォーマンスを聞くのはきついですが(むしろいつもですが)、冷静に自分を見つめなおす良い機会ということで、聞き直したいと思います

 

 

| 授業体験レポート | 09:24 |
授業体験レポート:2018秋【中国語編】第4回 「用途に応じた訳出」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語翻訳者養成コース研究科1のAさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------


7回目の授業になります。
今回の授業は、ある程度ボリュームのある課題を使用した中日訳の訓練でした。課題を出された際、先生からは以前中日訳を勉強した時の注意点を何点か挙げていただきましたので、日本語ネイティブとして今度こそは!という思いで挑みました。

 

今回も前回の中日訳に引き続き「不要な箇所の省略」や「用途や読み手に合わせた訳出」について学びました。原文の文字にとらわれすぎたり、書かれている内容をそのまま表面的に訳出するだけではいけないのです。その奥に隠されている、文字には現れていない「言わんとしていること」を読み取ることで、適切な言葉の選択や表現方法に繋がります。ただ、いざ訳出になるとなかなかそのポイントに気づけなかったり、気づいたとしても少し自信がなかったりとまだ不安定感が残ってしまいます。

 

授業冒頭では、難しかった「省略」箇所や「読み取りにくかった」部分等を先生が質問することで、受講生の考え方や疑問点を確認し、「適切な訳出」へと導き、考え方のポイントを教えてくださいました。自分自身では全く気づけなかったポイントもあれば、同じように躊躇してしまった箇所もあり、クラスメイトの考え方を知ることで今後の訳出の助けになる部分が大きく、大変勉強になりました。

 

これまでの授業で何度も学んできたことですが、読み手だけでなく用途や媒体に合わせた訳出を考えると、文章の構成もまた違ってきますし、選択した言葉によって連想されるイメージが左右されますので、一つ一つの言葉の選択には責任を感じます

 

また、今回は少々政治的な内容を含む文章でした。普段 馴染みのない内容の場合、訳出する前に関連する文章をインターネットで調べて知識を入れてからとりかかることにしていますが、知識・勉強不足なこともあり訳出の足をひっぱる原因にもなってしまいました。日訳するということは多くの場合日本人が読むことを想定して訳出しますが、外国の方が読んだ場合、差別的な言葉や表現を含んでしまう事もあり、また、国際的なデリケートな話題では配慮が必要ということも学びました


8回目の授業になります。

今回は今や時の人となった「本庶佑先生」のノーベル賞受賞記者会見を題材にした日中訳が中心でした。実際は会見=会話を文字にしたものですので、言葉や質問と回答の内容が多少前後する部分もあったとは言え、文章自体に癖も無く比較的取り組みやすいと感じましたが、授業を受けてからその考えは一変しました。

 

文章を翻訳する時は、その用途や読み手に合わせて文体や語調等を選択します。今回の課題に関して言えば、私を含めた多くのクラスメイトは「自身の今後の展望」という方向性をもたせた訳出でしたが、あるクラスメイトは「後進への期待」という思いのこもった訳出でした。同じ原文を訳出するにしても、これほどまでに違う方向性をもたせることができるのかと大変勉強になりましたし、考えの至らなかった自身の未熟さを痛感しました。実際に、一つの課題訳文で文体や用法を変えた幾通りもの訳出を提出することもありますので、重要なポイントだと感じています。


また、「言葉を選ぶ」ことについてはこれまで何度も学んできましたが、今回は、日本語の癖に着目して適切な言葉を選択することを学びました。日本語は言葉の中のある一要素のみを利用して表現しようとする特徴があります。例えば、意外性を表す際に「嘘!?」と言うことがありますが、外国人は「嘘」という言葉そのものの意味のみを汲み取るため、ムッとしてしまいます。このように言語の特徴に着目することが、適切な言葉を選択する助けとなります。こうした「言葉の選択」を学ぶ時には、先生は訳例にいくつか候補を挙げながら、それぞれの場合の語調や伝わり方等の違いを教えてくださるので勉強になります。また、自身の訳出が間違っていた時には、どうしてそういう考えに至ったのかを理解する手助けにもなっています。

 

先生は以前にもお話されたことがありますが、授業はただ添削をする場ではなく考え方を学ぶ場所であることを、今回の授業でも重ねてお話しされました。おっしゃる通り、添削のみではその場限り、その場しのぎにしかなりませんから、やはりこうして授業を受けることで考え方を学ぶことは貴重な機会だと感じています。

 

 

| 授業体験レポート | 09:46 |
授業体験レポート:2018秋【英語編】第3回 「コロケーションの大切さと自己学習」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は英語通訳者養成コースプロ通訳養成科1のTさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

プロ科1の授業レポートもあっという間に3回目です。今期に入り、今までになく仕事が忙しく勉強する時間が取れていません…。そんな中、中間テストまで2週間を切り、だいぶ追い込まれています。

 

●第5回 日英

今回は西日本豪雨における感染症がテーマでした。具体的には、レジオネラと破傷風。もちろんどちらも名前は知っていますが、症状や感染源等、詳しくは知りません。予習はまず、破傷風とは?レジオネラとは?どうやって感染するのか?どんな症状なのか?等々という初歩的なところから始めています。

 

破傷風は傷口から感染する病気。そしてレジオネラ肺炎は、土埃の中に含まれる菌を吸い込むことによって感染します。ちなみに、破傷風は三種混合という予防注射で予防が可能ですが、レジオネラはワクチンがなく事前予防が難しいとのこと。予防法はとりあえずマスクをすることだそうなので、土埃の中作業をすることがある際は、皆様お気をつけください。

 

英語学習者の方は耳にしたことがある方も多いと思いますが、英語には「コロケーション」という、単語と単語の組み合わせの相性があります。この名詞にはこの動詞をよく使う、とかこの前置詞とこの動詞は相性がいい、等々。正直今まで予習するにあたって、あまりこの辺りを考えておりませんでした!そして、よく今までそれで大丈夫だったなと…。

 

今回は医療に関するトピックで、普段の生活で私は全く使わない内容の英語だったため、特に単語だけではなくコロケーションも併せて事前に調べなくてはいけないと痛感しました。今後は予習に組み込まなければ…。ちなみに、症状「symptom」には「experience」や「develop」、予防注射「vaccination」を受ける場合には「receive」、「have」、そして「get」も使えますが、通訳者としては「get」という単語はあまりよろしくないので使わない方がベターとのこと。

 

私が持っている電子辞書にもコロケーション辞典が入っています。重いので最近持ち歩いていませんでしたが、そんなこと言っている場合ではないので、ちゃんと活用したいと思います!


●第6回英日

実はこの回、お休みをしてしまいました。この授業レポートを書いているので、絶対に休めない!と意気込んでいたのに、大変申し訳ありません。ちなみにこの回のトピックは「Donald Trump and Russia」。CNNやBBCといった海外のニュースでは、トランプ大統領の話題には事欠きませんよね。今回は事前にこのニュースのバックグラウンドの説明が配布されており、それを読んでさらに予習をしてくることが必要でした。

 

授業のトピックとは関係ないのですが、お休みしてしまったので、私の普段の勉強についてご紹介したいと思います。

仕事をしているため、基本的には平日はあまり勉強時間が取れない状況です。そのため、1学期の授業期間中の土日は遊びに行かずに勉強をすることが大半です。

 

ISSの授業がある土曜日は、朝から学校近くのカフェで勉強(復習と予習、トレンドの単語)をしてから学校に向かいます。授業が終わってからはたいてい疲れ果てているので、まっすぐ帰り、録音した自分のパフォーマンスを聞いて毎回落ち込んで寝ます。笑
日曜日は忘れないうちに復習を行います。毎回ではないですが、ここでできるだけレコーダーで自分のパフォーマンスを録音して聞くようにしています。

 

平日は定時に仕事が終わればその後カフェで勉強しますが、定時に終わることはまずないので、基本は朝勉強しています。仕事に関する用語等の学習もあり、平日の朝は本当にバタバタです。駅まで歩きながらニュースのシャドーイング(マスクかけてます。笑)、電車の中ではトレンドの単語暗記、その後、会社近くのカフェでメモ取りの練習がてら、復習をします。さらに時間があれば、英語の雑誌(現在はほぼ読めてないですが、Bloombergを購読してます)を読んでいます。

 

会社でランチの時間はCNNを見て、会社で必要な単語や資料の学習。会社が終わった後は、電車の中でBBCやNHKの英語ニュースを聞いて帰ります。帰宅後は時間があれば予習したいのですが、今はほとんどできていません。というか朝の勉強も最近はあまりできていないくらいです。


年末まではこんな感じで忙しそうなので、なんとか乗りきって、後半エンジンかけていきたいと思ってます。
まずは来週から怒涛の中間テスト!今すぐエンジン入れて頑張ります!!

 

| 授業体験レポート | 13:10 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode