通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


授業体験レポート:2017秋【中国語編】第4回 「基本だよ、ワトソン君!」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、中国語の授業ルポ第4回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第7回 中日翻訳

 

今回の中日翻訳のテーマは「様々な文体の訳し分け」でした。

 

出された課題は短文でしたが、まずは先生の訳例にビックリ。1つの原文に複数の訳がついています。確かに課題文は、企業紹介や宣伝文など、解釈1つでいろいろな訳が可能なものでした。

 

初回の授業ですでに指摘を受けていたのですが、たとえば“我喜歓狗。”という同じ文でもシチュエーションや目的によって、「私は犬が好きです」「ワンちゃんが好き」「あたしイヌ派」等々、訳し分ける必要があります。

 

さらに大事なことは、1行だけを見るのではなく、訳文全体の文体や方向性を統一すること。先生はいつもおっしゃるのですが、洋服と同じように、文章もTPOやコーディネートを意識しなければなりません。カジュアルなら全身カジュアル、エレガントなら全身エレガント。シャネルスーツに地下足袋では、いったい何に変装するつもりか分かりません。

 

全体を見ずにちまちまと中国語から日本語への移し替え作業を進めると、何の目的で誰に向けて書いたのか判別不能な怪文書が出来上がってしまいます。

 

そしてもちろん、原文あっての翻訳ですから、遣われている言葉を手掛かりに、原文が伝えたかった内容を的確にあぶり出さなければなりません。

 

…ということは良く分かっているはずなのですが、実際に翻訳していると、自分の思い込みや言葉遣いのおかしなところには気づきにくいものです。一般向けの文章に専門用語を使ってしまったり、イメージ重視の宣伝文に注をつけてしまったり…。

 

洋服なら鏡を見ればいいのですが、文章だとそうもいかないので、自分やクラスメートへの添削指導や解説を参考にできるのは本当にありがたいです。

 

丸第8回 中日翻訳

 

原文が何を言いたいかをつかむ、というのは日本語から中国語に翻訳するときも大切ですが、原文が日本語の場合、考察というより「推理」(下手をすると「判じ物」)の次元に突入していると思うことがしばしばあります。

 

今回の課題文では靴に関する話題が扱われていましたが、先生の最初の質問は、ここでの靴は女性用か、男性用か、でした。そんなこと、原文のどこにも書いていないんですけど……と困惑する日本語ネイティブ受講生をよそに、中国語ネイティブのクラスメートは的確にこたえることができました。

 

決め手は文中に使われている、「お気に入り」「大キライ」といった言葉。なるほど、男性向けなら、もう少し違った表現になるでしょうね。

 

「靴ベラを使うなど、丁寧に履くことも長持ちのコツ」の「こと」はイコール「習慣」だ、といった隠れた情報を探しだすのは、一読、原文に特に疑問を感じない日本語ネイティブにとっては難しい作業です。

 

他にも、たとえば日本語には「こんにゃくは太らない」のように、頭としっぽがあって胴体のない、ホラーな文型があります。この手の文を「こんにゃく文」と呼び、本来なら「こんにゃくは(カロリーが低いから食べても)太らない」とすべきところ、( )の中が省略されているのだそうです。

 

そもそも、「こんにゃく文」を最初に見たとき、省略されている箇所があるということすら気づかなかった私ですが、いまだ胴体探しに四苦八苦しているようでは、名探偵どころかワトソン君への道もまだまだ遠いようです。もっと観察眼と推理力を磨かなければ…。

| 授業ルポ | 09:05 |
授業体験レポート:2017秋【英語編】第3回 「言葉へのこだわりと話者への敬意」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第3回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第5回目 英日授業

 

いつものように、|姥譽謄好函↓復習してきた前回教材の訳出録音、この日の初見教材の訳出、の順で進められました。

 

初見教材は “イエメンの紛争について” 。前回まではネイティブが教材用に読み上げた音声を使って訓練していましたが、今回からライブになり、演説など生の素材が使われます。その分、スピードも速く、臨場感があり、音源も少々聞きづらくなります。入門科ではライブ素材はなかったので、なかなか手ごわいです。

 

初めに、内容理解だけを目的にメモ取なしで通して聞きます。その後、各自手元のLL機材を操作してヘッドフォンから聞きなおし、知らない単語は訳語を調べるなど準備する時間が与えられました。

 

イエメンでの紛争がテーマなので、deprivation, food security, famine, preventable disease, poverty, basic necessities, humanitarians 等々、関連単語が満載です。ひたすら音源に集中し、聞き取れないところは何度も聞き直し、とにかく必死。あっという間にタイムアウトでした(汗)

 

訳出する際、講師がよく口にするのが、「自分の訳出に商品価値があるか」を意識すること。単なる言葉の切り貼りではなく、正確かつ自然に耳に入ってくる日本語になっているかということです。講師の言葉へのこだわりは受講生にとって厳しいものですが、基礎固めの時期に身につけておくべき姿勢なのでしょう。「今の訳は、大学生の訳としては良いが、プロ通訳者として聴衆に聞かせられるものかどうか」という言葉に正直、私の訳にお金を払う人はいないだろうなと思ったのでした・・・。

 


丸第6回 日英授業

 

日英の授業も同じく紛争地での人道支援関係に関する教材ですが、こちらはイラクでの医療支援がテーマでした。事前に配られていた参考資料を基に、重要だと思われる単語の日英対訳表を作っておきました。授業中は参考資料を広げる時間も余裕もないので、A4一枚の対訳表だけが頼りです。事前準備もなかなか時間がかかりますが、しっかり準備をしてこないと話者のメッセージを正しく理解することができず、思うようなパフォーマンスができないので、できるだけ背景知識は頭にいれておきます。(それでも全然足りませんでしたが・・・)


今回の教材は、イラクで赤十字国際委員会の医療活動に参加した日本人医師たちが、帰国報告をしているライブ音声です。日→日のコンテクストシャドーイング(※) をした後、逐次通訳に入ります。化学兵器とみられる爆弾で負傷した家族の治療経緯が中心です。事前にYouTubeで観た映像には負傷して泣き叫ぶ子供の姿もあり、子を持つ親として心が痛くなりました。

 

授業の目標は、「話者が一番伝えたい情報=要点」をつかむことであり、 そしてそれをきちんと訳すことが、「話者に対する通訳者の敬意」という講師の言葉に身が引き締まりました。つい、自分の訳はどう評価されるだろうか・・・と、自分にばかり焦点を当てがちですが、どれだけ話者の思いを正確に伝えられるかが問われるのですね。

 

そして、来週はついに中間試験です(汗)。
かなり緊張しますが、クラスメイトたちと励ましあいながら頑張ります!


※) 全体の話の流れ(コンテクスト)をしっかりつかむことを意識して音を追いかけること

 

 

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【中国語編】第3回 「B面の冬」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、中国語の授業ルポ第3回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第5回 中日翻訳

 

授業では、課題と講師の訳例、そしてクラスメート全員の訳文を綴じた冊子が配られます。訳文は講師による添削済みなので、ページを開くときは毎回とても緊張します。

 

訳例解説の後、全員の訳を見ていくのですが、インターネット受講生を含めた8名が同じ文章を訳しているにもかかわらず、同じ答えは1つとしてないのが面白いところ。自分では絶対に思いつかなかった表現に出会えるのも、スクールならではの楽しみです。

 

一方、つまずく箇所は皆さん大体同じ。先生からも集中的に説明があります。

 

今回の課題は、とあるIT企業の創立者に関するエピソード。エッセイなので、文章の読みやすさを最優先に考えなければなりません。とりわけ会話文には注意が必要です。

 

…前から女の子がやってきた。「あ、いとこのAちゃん、久しぶり」
日本語でこんな会話、あり得ませんよね(ギャク漫画なら別ですが)。
…前から女の子がやってきた。いとこのAちゃんだ。「あ、久しぶり」
こうすれば自然。原文通りではありませんが、でもニュアンスは同等に伝わります。

 

会話文次第でキャラが変わってしまう点も要注意です。仕事の完成まであと何か月かかるか、の答えが――「半年」「半年です」「半年ですね」「半年かかります」「半年はみてください」――たったこれだけの違いで、まるで別人です。

 

他にも、中国語特有の時系列(「発生順」「原因→結果」)、対立する表現などは、そのまま日本語に移し替えると不自然なため、ぼかす必要があります。「私は上野から夜行列車に乗って一晩過ごし700キロ離れた青森駅に朝、到着した。青森駅周辺には雪が…」では、演歌じゃなくて絵日記です。

 

原文の意図を整理して訳すこと、中国語をシャッフルし自然な日本語に圧縮すること…あれ? どこかで聞いた注意点ですね…。要は前回、第4回の日中翻訳での留意点を反対サイドから見ているということ。だから、中日翻訳、日中翻訳両方を学ぶ必要があるのでしょうね。


丸第6回 日中翻訳

 

こちらの授業も緊張の連続ですが、先生の繰り出す表現例がユーモアたっぷりで、毎回、頭と腹筋が鍛えられております。

まずは短文のリライト。いかにも日本人学習者が書きそうな訳文を、正しい表現に直します。短いなら簡単だろうと思うのは早計で、かなり手こずりました。

 

・事故の原因になるので、ながら運転はやめましょう。
×因为事故的原因,所以请不要一边做别的事情一边开车。

 

つい、「ながら運転」そのものを訳そうと悪戦苦闘する私たちに先生はひと言。「車を運転しながらする他のことって何だろう。別に鍋するわけじゃないよね」。

 

つまり「他のことをしながら運転しないで」ではなく、“专心开车,切勿一心二用”(集中して運転し、気を散らさないように)と言えばいいわけです。と了解しつつも、鍋をしながら運転するドライバーの姿が目の前にチラついて、しばし集中できませんでした…。

 

日本語は受け取り手が当たり前と思うことは言わないので、翻訳するときは、文章全体が何を語っているか、塊として使われている表現の内訳は何か、常に意識しなければなりません。たとえば、日本語では「招き猫」が招くのは何か、実は読む人が自分で補っています。中国語なら“招财猫”“招福猫”“招客猫”と書き手が絞るのです。

 

ただ、「書かれていないことがある」ということすら気づかないときも結構あります。「『瞳をとじて』って歌あるよね。でも、言われてもできないでしょ? 『目』を閉じるんだよね? じゃあなぜ『瞳』なの?」えーっと、それは…。「ここでの『瞳』は『あなたの』目、美しい目、特別な、好きな人の目だということを強調しているんですよ」

 

なーるーほーどー。つまり中国語なら「瞳」の前に「あなたの」「美しい」とかを補う必要があるんでしょうね。まさに『津軽海峡冬景色』な中日翻訳とは逆のパターン、レコードでいえばB面なのですね…って感想は、歳がバレるから言わないでおこうっと。

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【英語編】第2回 「実は日本語がムズカシイ」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第2回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第3回目 英日授業

 

授業の冒頭にある単語テスト、今回の範囲は「国際政治」でした。英→日の授業なので、英語で出題され、日本語訳を書くわけですが、実はわたくし、これが苦手でして・・・。パソコンの弊害なのか、漢字が思い出せない!ということがよくあります。どうしようもなくて平仮名を羅列すると、そのうち講師からwarningを受けるそうでドキドキです。

 

18週間の学期中、単語テストはほぼ毎回行われます。法律、医療、安全保障、経済、金融、エネルギー、環境、政治など多岐にわたる分野が「トレンド 日米表現辞典」から平均して25〜30ページ分出題されます。

「自分の単語力が十分だと感じることは未だ一度もない」という講師の言葉に、この世界に存在する語彙たちとの出会いはエンドレスなのだと、軽くめまいがしました・・・。でも、いつの日か、単語のどれかが現場でのピンチを救ってくれることを信じてひたすら頭に叩き込みます。

 

その後は、前回の教材の復習訳出を録音してから、この日の教材の逐次通訳を一人ひとり行いました。事前に与えられたテーマから推測して、新聞などで背景知識を一通り調べ、主な単語の対訳表をエクセルで作っておいたので、「全く分からない!!」という事態は避けられました。しかし、瞬時に口から出すためには、訳出が日本語であっても何度も口慣らしが必要だと感じました。


丸第4回目 日英授業

 

日英の授業も二回目になると、すべてがサクサク進みます。

授業開始と同時に単語テストが配られ、30問を7分ほどで書き上げます。その後は復習してきた前回の教材を逐次通訳し、録音。その間、講師がパフォーマンスをヘッドフォンでモニターしていて、訳出終了後に短いフィードバックが与えられます。発音、語彙、文法、構文、発話のスムーズさなど、的確な指摘がもらえるので、それぞれ自分の課題を意識的に改善していけます。

 

そして本日の初見教材です。日本語の音声をまず日→日でシャドウイングします。シャドウイングについて講師から説明があり、今回行うのは単に音だけを追うシャドウイングではなく、「コンテクストシャドウイング」といい、話の展開をしっかり追いかけながら声を出すようにとのこと。話者の意味することを考えながらだと、ついていくのは意外と大変です。

それから逐次訳に入りますが、実は母語であっても、理解しているようでいざ訳すとなると「あれ、何だっけ?」ということになってしまいます。

 

今回、授業の目標として講師から挙げられたのは、「動詞を確実にとる!」。よくありがちなのが、一文の中に名詞や形容詞が列挙されると、それをメモ(もしくは記憶)するのに必死で、一番重要な動詞を落としてしまい、誤訳するパターン。

例えば、こういう文です。
「今回の大統領選挙では、比較的穏やかで和解的な北朝鮮政策を打ち出し、アメリカのトランプ大統領とは一線を画しました。」

日本語と英語は語順が逆であることが多いので、まず耳に入ってくる「穏やか」「和解的」「北朝鮮政策」などの訳語を考えていると、「打ち出し」(push forward, lay out, propose など)がすっぽり抜けてしまいます(涙)。動詞を確実に記憶すると共に、単語の羅列にもひるまず、瞬時に転換できるようになるよう、訓練あるのみですね。

 

それでは今回はこの辺で!

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【中国語編】第2回 「人として....」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、中国語の授業ルポ第2回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第3回 中日翻訳

 

いよいよ今回から通常運転の授業が始まりました。

翻訳クラスでは、まず自宅で翻訳の課題(宿題)を訳して事前に提出し、授業中は先生の模範訳例やクラスメートの訳文を見ながら、訳を吟味していく作業が中心になります。

 

課題はA4の紙1枚に収まる程度なのですが、毎回、締め切り時間ぎりぎりに提出するというトホホな有様です。でも、時間が限られているのは誰しも同じ。締め切りを意識するため、翻訳作業がだいぶ速くなりました(ような気がします)。

 

さて、このたびのお題は「創業記念パーティーでの挨拶文」。訳文は企業の広報誌に載せるという設定になっています。本科2のテーマは「仕事としての翻訳」なので、依頼者の意向や訳文の目的を意識することがとても大切なのです。

 

日ごろビジネス文書に縁がなく、苦手意識のある私。しか〜し!課題文を見ると、ところどころ業界用語は散りばめられているものの、かなりの部分が決まり文句ではありませんか。これはラッキー!

 

…と思ったら、本科2はやっぱり甘くありませんでした。何気なく訳した箇所に、とんでもない地雷が埋まっています。たとえば、原文の順番通り「社員の皆さん、来賓の皆樣」と訳したら大間違い。こういう場合は「お客様が先」が鉄則です。それに加えて今回は祝辞なので、通常「景気の後退」「業務の見直し」等とする表現もネガティブ感をぼかす方向に訳すなど、細かく気配りする必要があります。

 

そしてトドメは最終行。
原文に“最后”と書いてあるからって、創業記念の祝辞で「最後に」はいただけません!先生のご指摘通り、「結びに」等とすべきですよね。こんな基本もすっぽ抜けているとは、翻訳うんぬんより人として、社会人としていかがなものか(泣)。しかも「目的を意識する」「原文に引きずられない」と入学時から耳にタコができるほど注意されているというのに…。

 

次回はエッセイの訳ですが、どんな地雷が埋まっているか今から戦々恐々です。

 

丸第4回 日中翻訳

 

こちらの授業も基本は課題の訳例と受講生の訳文の分析が主ですが、テンポが速く、発問中心のスタイルなので一瞬たりとも気が抜けません。

 

今回は、インターネットクラスの受講生からの質問に答える形で、翻訳における「忠実さ」の話からスタートです。

 

翻訳は依頼業務のため、原文を忠実に訳すのが基本です。ただ、原文が日本語の場合、実は書きたいことと書いてあることにズレやねじれが生じていることがあります。たとえば、


「3日ほど旅行した」→旅行期間は ×約3日 〇ぴったり3日
「閉まるドアに注意」→閉まるドアに挟まれないよう注意


言われてみれば、そうですよね。閉まるドアより閉まらないドアの方が危ないってば。

 

語順も、比較的融通のきく日本語に対して中国語は厳格です。なので、中国語訳するときは日本語をシャッフルし、「発生順」「原因→結果」「大→小」など、決まった順序に並べ替える必要があります。たとえば日本語は「波風」ですが、風が立って波が起こるのですから中国語では“风波”。そりゃそうだ。

 

そういう訳で、原文と訳文の間では、言葉が消えたり増えたり順番が変わったりは日常茶飯事。原文が言いたかったことを整理して訳す必要も出てきます。そこで翻訳者には、忠実の義務に加えて「善管(善良なる管理者としての)義務」が発生する、と先生はおっしゃいました。自動翻訳もだいぶ精度が上がりましたが、善意の管理はまだまだ人間の領域のようです。

 

その辺に注意して次回の課題に取り組む所存ですが、それにしても長いです。AIなら淡々とこなすのでしょうが、思わずため息が出ちゃいます。だって、人間だもの…。

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【英語編】第1回 「はじめての基礎科」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えます!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第1回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

はじめまして!今回から、英語通訳者養成コース「基礎科」の授業レポートを担当させていただきます、と申します。

 

このブログを読んでいる方の中には、通訳学校で本格的な訓練を受けてみようか悩んでいる方や、現在ISSの準備科や入門科で学んでいる方もいらっしゃるかと思います。

 

私自身、先期は入門科で学び、今期幸運にも基礎科に進級できました(涙)。
このレポートでは、授業での具体的な通訳訓練法や入門科との違いについて書いていきたいと思います。

 

丸第1回目 英日授業

 

秋学期の授業がとうとう始まりました!
春学期を終了してから約1か月半を挟んで、久しぶりのスクール通いは緊張します。
基礎科の教室に入ると、入門科で共に学び、進級した数名のクラスメイトの顔を見て妙に安心。やる気を見せて(?)一番前の席に座りました。

 

初日ということもあり、初めに教務と担当講師からオリエンテーションがありました。
基礎科は、「英語・日本語の表現力を習得すること」「逐次通訳のための土台を固めること」「自分なりのリサーチ手法を確立すること」が、達成目標なので、入門科よりもさらに求められることも多くなります。

 

入門科同様、基礎科では、隔週で英→日と日→英の授業を行います。初回は英→日の授業で、教材は熊本地震に関する内容でした。まずシャドウイングを録音しました(これは家に帰って聞いて、もちろん撃沈)。その後、同じ教材をメモ取りなしで1、2文ずつ区切って日本語で訳出。8割くらいの訳でも、講師から細かく指摘され、取りこぼしがなくなるまで何度も聞いて精度を上げていきます。リテンション強化の必要性を痛感しました。

 

通訳に必要なことは、聴解力はもちろんのこと、背景知識や日本語での適切な表現力が求められるという話が講師からありました。最近では、海外で修士号や博士号を取得し、高い語学運用力を有する人材もかなり増えているそうですが、そういった人たちとプロの通訳者が持つ語学運用力の違いは、「アウトプットの質」ということです。例えば、safeguard を(たとえ意味が通じるとしても)「セーフガード」と訳してはいけない。即座に「緊急輸入停止措置」と訳出する。damageをカタカナ英語で「ダメージを受けた」などと訳さず、文脈により、損壊、損傷、被害などにするとのこと。

 

確かに、英語運用能力の高い人たちはビジネスの現場でも増えています。社会が求める通訳者のレベルはますます高くなっているようです・・・。


丸第2回目 日英授業

 

日英初めての授業は、短い自己紹介から始まりました。受講生はそれぞれ仕事や専門分野も様々で、ユニークな経歴の方もいらして、「お〜!」という感嘆の声が時々聞かれました。

 

今後の授業の流れは基本的に |姥譽謄好→ ∩芦鵑龍戯爐良習(訳出録音)→その日の教材、ということです。(英日でも同じ)

 

単語テストは「トレンド日米表現辞典」から、毎回膨大な量が出題されます。


また、事前に与えられた教材テーマに沿って自分でできるだけの事前準備をしてこなくてはいけません。この辺りが、現場を意識したレベルに入ってきているのだと実感。学校だからという受け身の姿勢では良くないな、でも、「どうやって必要な学習時間を確保しよう・・・」と悩んでいる暇もなさそうです(涙)。

 

事前準備に関し、講師から「知識への関心、欲求は通訳者に欠かせない」という言葉がありました。多岐にわたるテーマを扱う通訳者にとって、どの分野でもできるだけ苦手意識をもたず、「自分の知らなかった世界が垣間見られて楽しい!」と思えることは重要です。

 

また、リサーチ方法に関してはネットの情報を鵜呑みにせず、本も活用するようにとのことです。確かに、ネットは情報が溢れていて便利ですが、正確性に欠けるものもあるので気を付けなくてはいけませんね。


と、初回からプレッシャーのかかることばかり書いてしまいましたが、スクールでの久々の通訳訓練で「頑張ろう!」という気持ちになりました。それぞれ、仕事やライフスタイルは違っても切磋琢磨できるクラスメイトたちの存在も大きいです。通訳学校で学ぶ時間は人生の中でも限られた短い時間なので、この機会を無駄にせず集中して今期を乗り越えていきたいです。

 

では、また次回のレポートでお会いしましょう!

 

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【中国語編】第1回 「昔は物を思はざりけり」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えます!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、中国語の授業ルポ第1回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

皆さま、こんにちは。今学期、中国語翻訳者養成コース本科2についてご紹介させていただくことになりました、受講生のQと申します。

 

2017年春学期に本科1に入学したものの、日中翻訳も中日翻訳も学んだことがなく、授業についていけるのか、当初は本当に不安でした。

 

幸い、分かりやすい授業と、優秀なクラスメイトの皆さんのバラエティに富んだ訳例に触れたおかげで、独りで学ぶよりずっと効果的に表現の引き出しを増やすことができたと思います。

 

----------------

 

という訳で、満を持して秋学期に臨んだ……はずだったのですが、何と第1回目から仕事の関係で大幅に遅刻してしまい、教室に着いたらすでに授業が半分終わっていました(汗)。

 

ありがたいことに翻訳コースにはインターネットクラスが併設されていて、授業の動画が翌日には専用ページにアップされます。通学クラスでも利用できるので、復習を兼ねて視聴してみました。

 

第1回目日本語ネイティブの先生ご担当の中日翻訳の授業で、前半は本科2のテーマ、「仕事としての翻訳とは?」を中心としたお話でした。本科1までは中国語が正しく読み取れればよかったのですが、本科2では仕事だと思って課題をする。つまり、辞書の訳語を写すのではなく、発注者の求めている翻訳文を作成しなければならないのです。

 

仕事の「前」「中」「後」の仕事という、プロとして稼働するための準備やアフターケアなどの具体的なお話もとても参考になりました。ちなみに皆さま、仕事としての翻訳で一番大切なことは何か、ご存じでしょうか。

 

先生によれば、答えは納期

 

納期を守るためには自分の翻訳スピードを把握する必要があります。授業後半では実際に課題文(今回はパーティーでの挨拶)に取り組みましたが、パッと見て30分でどこまで訳せるか把握するのがすでに一苦労でした。

 

他クラスでも挨拶文は練習すると思いますが、翻訳コースの本科2らしい訳文とはどんなものか、次回の授業が楽しみです。

 

----------------

 

次の週は日中翻訳の授業で、担当は中国語ネイティブの先生です。先生のご著書を読むと、いかにも賢そうな生徒さんとのやりとりで構成されていて、こんな高度な質問に即答できる生徒さんはスゴイなぁと思った記憶がありますが……まさか自分が生徒になる日が来ようとは。

 

超ビビッて教室に入ると、予想通り先生はピンポンのコーチよろしく質問を繰り出してきます。しかも今期の本科2は、通学生が中国語ネイティブ1人、日本語ネイティブ2人という少人数クラス。よけきれません!

 

初回は、短文の穴埋めをする「だけ」にもかかわらず、折り返しの休憩時間ですでにヘトヘトでした。

 

本科2ともなれば先生の解説を拝聴するのではなく、事象に当てはまる語を的確に選び、なぜその語を選ぶか自分で説明できなければ、“劣等勤労者”(って何?と先生に聞かれて咄嗟に訳が出てきませんでしたが、「負け組のガリ勉」くらいの意味でしょうか)の仲間入りです。

 

勤劳”ですらない私の差し当たっての目標は、授業中に「あ〜」「う〜」以外の発言をすることです。って中国語で何て言うんでしょうか。つい考えてしまう秋の夕暮れです……。

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート ふりかえり:2017年 [春期] レギュラーコース

 

2017年春期の授業レポートも、大好評のうちに最終回を迎えました。

英語翻訳者養成コース専門別翻訳科「金融・IR 翻訳」クラスをレポートしてくださったHFさんからは、課題への取り組みや、金融・IR分野ならではの表現、等、また、中国語通訳者養成コース「通訳科1」クラスをレポートしてくださったCさんからは、実際の授業内容や、講師からの指摘ポイント、などをご紹介いただきました。

英語編と中国語編を隔週更新で紹介してきましたが、もう一度ふりかえって読んでいただくとまた新たな発見があるはずです。皆さまが再読しやすいように、Indexを作成しました。再読の際にご活用ください。

ご担当いただいたHFさん、Cさん、本当にありがとうございました!


丸授業体験レポート 2017春 英語編Index
 第1回「緊張の初回授業!」 
第2回「2回目、3回目も日英課題!経済新聞等の記事から
第3回「経済記事の英日翻訳!そして、ミニテスト!?
第4回「IR関連の日英、そしてプロの訳出スピード
第5回「続・アニュアル・レポートの英訳
第6回「アニュアルレポートの和訳
第7回「英訳再び!邦銀MD&A、そして日本経済
第8回「続く英訳!銀行のリスク管理、そして金融論文記事

第9回「最後のクラス!経済雑誌の日英。そして全体の感想


丸授業体験レポート 2017春 中国語編Index
第1回「緊張の授業が始まりました!
第2回「いよいよ日→中訳授業開始です!
第3回「バランスの良い学習が大事です!
第4回「ノートテイキングと短期記憶保持能力
第5回「中間テスト
第6回「あっという間に前半終了
第7回「残すところ。。。
第8回「サイトラとボイスオーバー
第9回「継続は力なり?

 

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017春【英語編】第9回 「最後のクラス!経済雑誌の日英。そして全体の感想」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、12シーズンめを迎えました!

2017年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきました。


今週のレポートが英語翻訳クラスの最終回となります。どうぞお楽しみください!

5か月間にわたってお読みくださり、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------------

 

こんにちは!9月に入りましたが、皆さま今年の夏は楽しく過ごされましたでしょうか?
 
さて、「金融・IR翻訳クラス」はとうとう全15回のクラスを終え、授業レポートも今回が最終回となります。今回は、最終クラスの様子に加え、全授業を受講しての感想もお伝えしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

丸第15回目の課題


15回目の課題は、経済雑誌の英訳でした。内容は、日銀の金融緩和策からの「出口」政策に関するもので、講師の先生によると、金融全体をカバーする課題を選ばれたとのことでした。

 

使われていた語彙や表現は、これまでの授業で扱った内容が多く含まれていましたが、訳出上、原文にはない説明を加える箇所等もあり、応用的な内容だったと思います。

 

丸全体を振り返って


全体的に言えるのは、金融関連の翻訳をするには、基本的な経済、金融の知識がないと適切に訳出できないということです。金融翻訳のクラスを受講する前に、経済、金融に関する入門書(外国為替、株式、債券、金利、マクロ・ミクロ経済)を読み、理解しておくと、より効果的に取り組めると思いました。

 

あと、日経新聞と英字新聞の経済記事を日常的に読み、新聞・雑誌記事の表現や、経済に関する知識を蓄えておく必要があるので、こちらも早めに読み始めると良いと思いました。

 

なお、私の場合は、これまで会社内で使われる実務文書のみ扱ってきたので、新聞や雑誌の翻訳には慣れておらず苦労しました。講師の先生からは、日英経済記事を大量に読むように指導されました。

 

IRに関するドキュメントでは、主にアニュアル・レポートを訳出しましたが、決まった項目や表現が多いので、アニュアル・レポートに多く触れて、慣れておく必要があると思いました。なお、会計の知識が必要になるので、基礎知識がない方は、こちらも事前に英文会計関連の書籍を読み、英文決算書が読めるようにしておくと良いと思いました。

 

最後に、やはり全ての基本となる英語力、特に文法力と正確な語彙知識が必要になると実感しました。文法に不安のある方は、文法をもう一度見直し、語彙については、良い辞書を揃えて適切な語彙選びを行う必要があると思いました。私も英文法を見直し、辞書も活用してよりネイティブの英語表現に近づけていきたいと思います。(辞書については、英英辞典、英語のビジネス辞典、日本語のコロケーション辞典、英語の類義語辞典、冠詞辞典など、講師の先生からご紹介いただき大変参考になりました。)

 

今後も英語力を強化しながら、金融・IR翻訳分野の勉強を続け、本分野の翻訳者を目指したいと思います。


さて、全9回にわたり、「金融・IR翻訳クラス」の授業の様子などをレポートしてきましたが、如何でしたでしょうか?今後、金融・IR関連の翻訳の勉強を考えられている方の一助となれれば幸いです。

 

では、皆さまの今後の更なるご活躍をお祈り申し上げます!ありがとうございました。

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017春【中国語編】第9回 「継続は力なり?」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、12シーズンめを迎えました。

2017年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきました。


今週のレポートが中国語通訳クラスの最終回となります。どうぞお楽しみください!

5か月間にわたってお読みくださり、ありがとうございました。


----------------------------------------------------------------------------

 

4月から始まった通訳科1の授業もアッと言う間に最終回となりました。

 

中→日訳最後の授業は、ボイスオーバーの訓練でした。前回の日→中訳授業のボイスオーバーと違うのは、今回は事前の情報は全くなく、授業の時に初めて音声を聞きながらメモを取り、それを簡単なスクリプトに仕上げ、最後に映像にあわせてボイスオーバーをする点です。

 

短時間で原稿起こしから本番まで行うので、リスニング力だけでなく、語彙力、要約力、表現力等の総合的な力が求められます。

 

分からない単語は辞書やタブレットを駆使して意味を調べ、クラスメイトと協力し合いながら、自然ないい訳になるように原稿を作成しましたが、練習時間が少ないので、映像の音声に合わせて、原稿や自分が読むスピードを調整するのが難しかったです。

 

そして、今期最後の授業は1つ上のレベルの通訳科2との合同授業でした。外部から異文化コミュニケーション学や通訳翻訳学を専門とする大学講師をお招きし、「日中通訳者の規範意識とその背景」をテーマに日本語で講演、それを中国語に逐次通訳をするという内容でした。そしてこの合同授業は、期末テストの通訳試験を兼ねています。

 

3週間ほど前に資料が配られましたが、内容がとても専門的で日本語を読んでも意味がよく分からず、資料に出てくる単語や文献名、人名等を片端から調べて単語帳を作ったり、関連する論文を探したりなどの準備を進めました。


日本語の意味もよく分からないのに、本番で本当に訳せるのだろうか?と心配しながら準備を進めていると、なんと前々日の夜遅くに追加の資料がメールで届いていました。

 

それに気づいたのが前日の昼過ぎだったため、慌てて追加分の単語調べをしたものの時間が足りず、最後まで調べることができませんでした。

 

合同授業の本番では、講演者の横に座り、聴衆に向かって通訳を行いました。
通訳中は緊張の連続で、訳が漏れてしまったところ、端折ってしまったところ、全然違った訳出になってしまったところ、反省点はたくさんありますが、クラスメイトの通訳を聞いていると、とても分かりやすい訳で、参考になることがたくさんありました。

 

今期を振り返ると、1回目授業からクラスメイトのレベルの高さと自分との差に愕然としたものでした。中国語母語者の日本語は素晴らしく、日本語母語者の中国語レベルもとても高く、半年間みんなについて行けるのか?といつも悩んでいました。

 

しかし、それがまた自分への刺激にもなり、授業の復習や予習も頑張ろうと思えました。半年間でどのくらい進歩できたのか?自分ではあまり実感はありませんが、合同授業後の個別面談(*)で先生から頂いた講評と温かいお言葉を糧に、これからも勉強を続けたいと思います。

 

1学期間最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

お世話になった先生方、クラスメイトの皆様に感謝申し上げます。

 

(*)学期の最後に受講生と担当講師との個別面談を行っています。

 

| 授業ルポ | 09:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

リンク

モバイル
qrcode