通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


授業体験レポートふりかえり:2019年[春期] レギュラーコース

2019年春期の授業レポートも、大好評のうちに最終回を迎えました。

英語翻訳者養成コース「ビジネス英訳科・基礎科」インターネットクラスをレポートしてくださったMIさんは、授業のポイントを分かりやすくまとめてくださいました。授業最終回には通学クラスにも参加して様子を伝えていただきました。

中国語通訳者養成コース「基礎科2」クラスをレポートしてくださったIさんは、進級後のレベルの差に苦しみながらも地道な努力を重ね、後半で力がついてきた様子を丁寧にレポートしてくださいました。

 

英語編と中国語編を隔週更新で紹介してきましたが、もう一度ふりかえって読んでいただくとまた新たな発見があるはずです。皆さまが再読しやすいように、Indexを作成しました。再読の際にご活用ください。ご担当いただいたMIさん、Iさん、本当にありがとうございました!

丸授業体験レポート 2019春 英語編Index

第1回「『〜によると』の『〜』は主語になる」

第2回「長い文章は、切って訳す」

第3回「数えられない名詞は、数えられるようにする」

第4回「リストに重複の単語があれば、くくる」

第5回「能動態で訳す」

第6回「荒れた文章にも、ブラッシュアップされた文章にも要注意」

第7回「Customerも、Passengerも、Guestも、Clientも、みんな『客』」

最終回「本当に必要な動詞だけ訳す」

 


丸授業体験レポート 2019春 中国語編Index
第1回「今日から2年生」

第2回「成長痛」

第3回「日本語を鍛える」

第4回「幅広く中国語を学ぶ」

第5回「中間試験その1」

第6回「中間試験その2」

第7回「聞き手を意識すること」

第8回「一に予習、二に予習、三四も予習で五に予習」

最終回「成長痛はとてもきもちいい」

 

 

| 授業体験レポート | 09:00 |
授業体験レポート:2019春【英語編】最終回 「本当に必要な動詞だけ訳す」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきました。今回は、英語翻訳者養成コース ビジネス英訳科・基礎科クラスのMIさんのレポート最終回をお届けします。勉強の合間にレポートいただいたMIさん、本当にありがとうございました!

-------------------------------------------------------------------

 

授業第15回

これまで、インターネット受講のみであった私が、今回、初めてクラスに参加しました。いつも見ている「テレビの向こう側」みたいな変な感じでしたが、ああ、教室は結構広いなーとか、他の受講生はこのような位置で受講していたのかとか、カメラはここにあったのかなど、最後なのに新鮮なクラスでした。

 

最後のクラスも通常どおりに進められます。翻訳のクラスは、毎回の提出課題が成績判定になるらしく、期末試験のようなものはありません。で、最後の課題は、交通システムに関するスピーチ原稿です。先生からは、シンプルな構文と短い英文で訳出するように指示がありました。

 

日本語から英語に翻訳する際には、日本語に書いてあるとおりに一字一句を翻訳すると、そのような英文は英語読者にとっては、冗長な英語になってしまう場合があるようです。特に重要なのは動詞で、日本文の中には、動詞として訳せる言葉が多いので、どれが必要で、どれが不要なのかを瞬時に見極めるのがコツとアドバイスがありました。

 

たとえば、「〜との連携にも拡張でき、削減に寄与する」という日本語があるとすると、この中で、絶対に外せない動詞は、「連携する」と「削減する」だけで、「拡張する」と「寄与する」は、そのままの形で訳さなくても良い、ということでした。また、「修正を加える」は「修正する」、「計画を策定する」は「計画する」のように読みかえて、さらに、「サービスを実現」とあると、反射的にrealization of〜とやってしまいがちですが、単純に「サービスを提供する」と読みかえることも重要なテクニックです。

 

授業の最後には、先生から今後の勉強方法として、英文雑誌など「ナチュラルで良い英語」に、たとえば通勤中にスマホで読むなど、なるべく多くの時間接すること。そして、良い表現は暗記するようにアドバイスがあり授業が終わりました。

 

その後、私は先生との個別面談で、この数カ月の取り組みに対して、良いところ(あまりない)悪いところ(たくさんある)をフィードバックいただきました。私のようなネット受講は、えてして一方的になってしまいがちですが、このようなサポートがあるのがとても嬉しいです。

 

15回を振り返ってみて、このクラスは「基礎科」という名前にかかわらず、毎回ものすごい情報を提供してくれる、かなりレベルの高い授業であったと思います。毎回の課題も内容も高度で量も多いときがありましたが、それだけ、得るものも大きかったように思います。授業の動画を見るのが、本当に楽しかったです。また、そんな受講生に、熱く指導してくれた目黒先生には大感謝です。私は、これからも翻訳者をめざして勉強していくことにしていますが、今回、目黒先生から教えてくださったことを心に刻んで邁進していきたいと思います。

 

最後になりましたが、途中でくじけそうになった時も、親身に励ましてくださった事務局の皆さんにも感謝します。ありがとうございました。

 

 

| 授業体験レポート | 09:14 |
授業体験レポート:2019春【中国語編】最終回 「成長痛はとてもきもちいい」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この春16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきました。今回は中国語通訳者養成コース基礎科2クラスのIさんのレポート最終回をお届けします。勉強の合間にレポートいただいたIさん、本当にありがとうございました!

-------------------------------------------------------------------

 

・第17回 中日期末テスト

今回は中日の期末テストでした。テスト内容は主にこれまでの授業で使用した音源を使用した復習と初見の音源を使用した逐次通訳です。授業までの準備は以下の2点に取り組みました。

 

1. 毎日1課ずつ逐次訓練を家で行い録音し、パフォーマンスを確認
パフォーマンスをただ録音するだけでなく予習や下調べができていなかった回の分はテーマに関しての下調べから行いました。またここで疑問点が出た時は先生にメールで問い合わせをしました。

 

2. NHK「华语视界」を毎日視聴
ニュースで話題になる事象がテストの初見でテーマになると考え、「华语视界」を毎日見ました。「华语视界」は本当におすすめです。日本の主要ニュースは網羅していますし、たまにある特集コーナーがすごく勉強になります。

 

復習テストはサイトトランスレーションであったり、音源を聞いての穴埋めであったり、単なる逐次ではなく苦戦した個所や、やっぱり復習が足りなかったと思う個所もありました。


初見は2問出題され、テーマは「某コーヒーチェーンについて」と「広島の平和記念式典について」でした。
平和記念式典については、先に述べた準備の段階で「华语视界」で取り上げていた内容で、当日の朝にちょうどそのニュースを見てきていたところでした。日本語への訳出の精度は決してよくないですが、一度そのニュースに中国語で触れていたため、聞き取りと情景の想像がしやすかったです

 

テスト後は休憩をはさみ、敬語についてのミニゲームをおこないました。

 

中日クラスは日本語母語の(つまり日本人の)先生が担当されています。基礎科1の時もそうですが、日本語を母語とする自分と同じ環境で育った先生が、中国語を操り世界で活躍されているわけで、その先生のちょっとした小話や勉強方法、お役立ちアイテムについての話はどれも目から鱗で私にとっては貴重なアドバイスとなっています。いつか私も先生のような通訳者になれるよう、もっと中国語(と日本語)を愛し、たゆまぬ努力を積んでいこうと心の中で密かに誓いました


・第18回 日中期末テスト

テストの構成は中日の期末テストと同様で、中間テスト後の復習+初見2問の逐次通訳を主に行いました。初見はあらかじめテーマだけ発表されていたので、授業までの準備は初見に重点をおいて行いました。授業までの準備で取り組んだのは以下の3点です。

 

1. 復習として(中日期末と同様)毎日1課ずつ逐次訓練を家で行い録音し、パフォーマンスを確認

 

2. 初見のテーマに関する中国のニュースと文献、百度(中国のメジャーな検索エンジン)を閲覧。分からない単語や言い回しをチェックし、単語帳を作成。

 

3. 単語帳を暗記したうえで日本のニュース動画に自分で逐次通訳を行い録音し、事前のアウトプットトレーニングを行っておく

 

ただ単語帳を作って単語を単独で覚えても、いざ長文の通訳になると上手くいかないことが多かったのですが、上記の2と3のステップを踏むと当日の初見通訳のパフォーマンスが少し改善され不安を感じなくなりました。

 

テストの後はドラマの演者へのインタビュー動画の逐次通訳を行いました。これまでの式辞挨拶や商談と違い内容がフランクで明るくインタビュアーの話し方もクスッと笑える面白さが特徴的だったので、その面白さをどう中国語で表現するのかにポイントを置いて通訳しました。


これまでの授業で使用したような言い回しではTPOには合わないので、先生からは言葉そのままを訳すのではなく、前後の文脈を考慮したうえでその人が本当は何を言いたいのかをしっかり読み取るようにしましょうとアドバイスをいただきました。

 

授業の最後、先生から今後の心構えとエールをいただき、半年間の授業が終了しました。


この半年間を思い返してみれば、基礎科1とのレベルの違いや自分の実力不足に苦しみ、前半は本当に苦しくて、帰り道に泣いたことも1度や2度ではありませんでした。しかし、あきらめたらそこで試合は終了で、自分の実力不足を嘆き続けるよりも他の人の倍以上努力して実力差を埋めるしかない!と自分に言い聞かせ、予習方法の工夫や復習を毎日欠かさず行うようになりました。また、中国語の本を買って読んだり単語帳を作ったりと、この期間は先生のアドバイスを全て実行に移してきました。今振り返ってみると、無我身中で中国語(と日本語)に向き合った時間が愛おしく、少しは自分の血肉になったかなと感じています。

 

まだまだ実力不足ですが、今後は1つ上のクラス(通訳科1)に進級し、より厳しい環境で自分を高めたいです。そしていつか通訳者として人と人を繋ぐことができる人間になりたいと思います!

 

半年間指導してくださった先生方や担当教務の方、またいつも刺激をくれたクラスメートへの感謝を、この場をかりて申し上げます。


半年間私の稚拙なレポートにお付き合いいただき、感謝申し上げます。ありがとうございました!

 

 

| 授業体験レポート | 09:01 |
授業体験レポート:2019春【英語編】第7回 「Customerも、Passengerも、Guestも、Clientも、みんな『客』」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は、英語翻訳者養成コース ビジネス英訳科・基礎科クラスのMIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

第13回

今回の課題は、古代文明をテーマにした展覧会での主催者メッセージでした。明瞭簡潔なビジネス文書とは違いますが、先生からは、「意欲的に文学的な表現を試みるのではなく、説明調でも意味が通じる英語」にするよう事前にアドバイスがありました。

 

このようなタイプの文章に用いられる比喩表現について、先生からは注意がありました。比喩表現には、as clear as crystalのような直喩(simile)、time is thiefのような隠喩(metaphor)、Tokyo(日本政府)のような換喩(metonymy)の3種類がありますが、日本語と英語では、“たとえるもの”が違う場合が多いため、安易に使うと致命傷になるということでした。ところで、高校時代に覚えたas cool as cucumber(冷静な)というフレーズは、やっぱり日常では使われないようです。

 

動詞では、自動詞と他動詞の両方ある場合、どちらを使うかによって意味が変わってくることもわかりました。例えば、temperature increasedは「気温が(なにもしないでも)上がる」に比べて、これを他動詞の受動態にすると、temperature was increasedとなり、「(何者かによって)気温が上げられた」というニュアンスになるそうです。

 

「繰り返し攻撃し・・・」という日本語に、attack repeatedlyを使うのは間違いではないが、would attackだけで、「繰り返し」ニュアンスが表現できると聞いて、ちょっとびっくりでした。

 

第14回

今回の課題は、マーケットレポートです。先生からは、タイムラインに沿って、特に数字は正確に、と事前のアドバイスがありました。

 

この課題では、適切な言葉の選択について注意がありました。たとえば、「(数が)上がる」は、もちろんincreaseですが、それだけではなく、exceed, surpass, reach, hitなど、同じような意味を表す別の単語を幾つかセットで覚えておくと良いようです。また、日本語では一つの言葉であって、英語では、それが使われる場面によって単語が変わる場合があると教えていただきました。例えば、「客」という日本語。小売りではcustomer、電車ではpassenger、ホテルではguest、職場ではclientなど。同様に、「従業員」も、worker(工員)なのか、staff member(事務職)なのか。よく考えて訳さないと、間違いそうです。

 

マーケットレポートによくある表現の、「プリンターの国内市場は、約100万台」という文章は、「プリンターの出荷台数が、約100万台」というように読み替えてから訳すことが大事で、printer is about 1 millionでは意味が分からないということでした。さらに、百万単位などの切りの良い数字には、aboutは不要ということでした。

 

最後に、「一つ一つのセンテンスは良いが、文章として流れていない」と、先生からダメ出しをいただきました。まだ、まだ先は長いです。

 

さて、いよいよ次回は今期の最終回いつもはインターネットで動画を見ている私も、初めて、授業デビューします。ご期待ください。

 

 

| 授業体験レポート | 09:11 |
授業体験レポート:2019春【中国語編】第8回 「一に予習、二に予習、三四も予習で五に予習」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この春16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語通訳者養成コース基礎科2クラスのIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------


・第15回 見たことのない事を通訳する難しさ

今回はクリーンセンター、いわゆるゴミ収集施設の工場見学の日中逐次通訳訓練でした。

 

私は、実は工場勤務でしかも日ごろから工場内で通訳を行っているため「今回は簡単かも!」と少し甘く考えていましたが、工場でも業種が変われば必要な単語も全く変わる訳で、今までになく反省点の多いパフォーマンスとなってしまいました…。

 

工場で使用する単語というのは、そこでは頻出単語であっても日常会話ではほとんど出会うことのない単語で、一般的な内容でないが故に事前準備として関連資料を探すのも一苦労でした。帰宅して自分の予習で調べた内容や単語と実際のパフォーマンスを見比べてみると、やはり予習が甘かったのだと思います。先生は、予習で調べた単語は覚えられるまで繰り返し声に出して読んで覚えないといけません、とおっしゃっていましたが、私が調べた単語はまだ自分のものになっていなかった(つまり覚えられていなかった)のだと反省しています。

 

最近は自分の能力も少し上がってきたかな?と思ってゆるくなっていたところなので、今回の自分自身のパフォーマンスの悪さに、少しのショックと悔しさが残り、目の前の壁は乗り越えたくなってしまう性格の私にとってはむしろ俄然やる気が出てきました!次回は江戸東京博物館での実地訓練です。テーマは私の大好きな江戸時代です(歴女なので笑)。

 

今回の悔しい思いをバネに、後悔のないよう予習に励みたいと思います。

 

・第16回 江戸東京博物館での実地訓練

今回は教室を飛び出して、両国にある江戸東京博物館において初めての課外授業でした!

 

訓練内容は先生が日本人ガイドとして展示物を日本語で説明し、クラスメートが順番で聞き手(中国人観光客役のクラスメート達)に中国語の通訳を行うというかたちでした。

 

今回の私の事前準備を紹介しますと
 まずは博物館ホームページの中国語バージョンをチェック
 博物館へ実際に足を運び展示物を確認
・写真撮影OKの箇所ではとにかく写真を撮る
・日本語及び中国語訳のパネルの全てに目を通し、言い回しや固有名詞の対訳を採集する
・無料の音声案内(中国語)を借りて、上と同じく中国語を採集する
・現地のボランティアガイドと中国語観光客の団体にまざって館内を回る
・付属の図書館の視聴覚室で関連映像を見る
 オリジナル単語帳を作成しクイックレスポンスの練習をしながら暗記する
 キーワードになりそうな言葉や事象は中国語で説明する練習を行う
 江戸時代特集番組の録画を見直す

 

大まかには1週間で上述の予習を何度も行いました。

 

好きこそものの上手なれ、です。江戸時代大好き!歴史大好き!な私にとっては今回の予習はほぼ趣味のようなもので全く辛くなかったです。(もしも風力発電がテーマだったら私は今ごろどうなっていたでしょう…)

 

これまでの経験から、予習を「これでもかっ!」と思うくらいこなしておかないと本番で満足いくパフォーマンスができないことを学んでいたので(第14回参照)、今回の予習においては微塵の後悔もない状態に仕上げて本番を迎えました

 

現場ではほかのクラスメートの機転の利いた訳出に感嘆したり、一般の観光客の乱入(?)に焦ったり、気づけばクラスメート以外の一般客が私たちの一団に交じっていたり…教室では想定内の事しか起きないので訳出のみに集中すればよいですが、外に出ると想定外の連続で常にガイド役の先生の日本語に耳を傾けつつ周りも見なければならないのでとても刺激的な時間が過ごせました

 

後半はみんな疲れてしまい数字と固有名詞以外はノートテイキングしない状態でしたが、後々先生からは「ノートテイキングをせずに訳出をしているということは(無意識でも)頭の中で想像し訳出ができているからであって、その境地に至っていた今日の感覚を忘れないようにしてください」とのお言葉をいただきました。

 

準備含め多くの時間と体力を使いましたが、本当に貴重な経験となりました!

 

この江戸東京博物館での実地訓練は、基礎科2クラスの毎回の風物詩的授業になっているそうなので、ネタバレを避ける為あえて細かな内容についてはここで触れません。このレポートを読んでくださっている方で基礎科2を受講する予定の方がいらっしゃれば、是非実際に実地訓練を体験してもらえればと思います。

 

 

| 授業体験レポート | 09:21 |
授業体験レポート:2019春【英語編】第6回 「荒れた文章にも、ブラッシュアップされた文章にも要注意」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は、英語翻訳者養成コース ビジネス英訳科・基礎科クラスのMIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

第11回

今回の課題は、とある外資系企業で作られた、社内制度改善の資料を英訳するというものでした。特に広く世間一般に発表するような文章ではないので、推敲を重ねた日本語ではなく、何気なく読めば読めてしまうが、よく考えるとわからない(荒れた)部分もありました。先生からは、荒れた原文を翻訳する際には、翻訳も荒れないよう(文法が崩れないよう)気を付けるよう、アドバイスがありました。

 

社内制度の文章なので、「スタッフ」という言葉が何回も出てきます。英語のstaffは集合名詞なので、複数人いたとしてもstaffsとはならず、staff membersとするのが正しいようです。ただ、アメリカ英語では、staffersという言葉も使われているらしいです。いずれにしても、日本で言うような「スタッフ」としては使えないですね。カタカナ日本語の罠ですね。

 

今回も、受験で必死に覚えたけど、実際には使われないフレーズを知ってしまいました。「〜するために(目的)」のIn order to〜です。これは、何も考えずとも口から反射的に出てきますが、そうですか、使われませんか。ショックです。その代わりに、たとえば、for a better 〜のようにすると英語らしくなるそうです。

 

もう一つ、先生からお話しがあったのは、定冠詞theについてのテクニックです。improve(向上する)、increase(増加する)、change(変更する)、strengthen(強化する)などの動詞の目的語というものは、すでにある状態から向上したり、増加したり、変更したり、強化したりするので、その目的語には必ず定冠詞theが付くというものです。無の状態からであれば、不定冠詞aということだそうです。なるほど腹落ちでした。

 

第12回

今回の課題は前回の荒れた(!)社内文書とは打って変わって、推敲を重ねて極限まで磨き上げられた新聞の社説です。しかも、テーマは、今ちょうど話題になっている児童虐待。先生からは、社説のように文章のプロが書いた、高度にブラッシュアップされた日本語は、文字に書かれていない行間を含めて深く読み込むことが重要とアドバイスがありました。たとえば、「虐待防止強化」は、「虐待を防止するための措置を強化する」のように言葉を補って訳さないと「防止を強化する」では意味の通じない英語になってしまいます

 

書き言葉の英語では、否定文を使わずに、できるだけ肯定文で書くのが良いようです。たとえば、did not〜とするところを、failed to〜のように。また、「〜しないわけではない」のような二重否定は、わかりやすさが求められるビジネス文書には絶対に使ってはいけないということでした。まあ、私は使えませんが・・・。

 

一つの日本語の単語を和英辞典で調べると、さまざまな英語の単語に訳される場合があります。たとえば、「課題」。これを、problemなどと訳してしまうと、非常に印象が悪いので、あえて、issueというように言い換える。さらに、obstacleは自分の力が及ばないところで障害になるもの。challengeは自ら設定するもの、など。それぞれの単語の意味を考えて選ばなければなりません。

 

「〜と報道されている」という日本語には、反射的に、It is reported that〜のような英文が真っ先に浮かんできますが、これもアウト。reportedlyという副詞を一語いれるだけで、その意味になります。同様に、「〜のようだ」は、It seems that〜ではなく、apparentlyの一語で用が足りるそうです。

確かに、文章構造が複雑にならず、その分、間違いも少なくなるようです。

 

4月に始まったこのクラスも、あと3回。あっという間です。

 

| 授業体験レポート | 09:05 |
授業体験レポート:2019春【中国語編】第7回 「聞き手を意識すること」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この春16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語通訳者養成コース基礎科2クラスのIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------


・第13回 苦手な理系的テーマの逐次通訳

今回は「マグナス効果を活用した新型風力発電について」をテーマに中日の逐次通訳訓練を行いました。

 

「マグナス…?」
学生のころ理科が大の苦手だった私、風力発電について事前準備を行っていたのですが、まさか社会人になってからこんなに理科的な分野と向き合うとは思ってもみませんでした…。母語の日本語で調べてもマグナス効果の原理について理解できず、事前準備に一苦労しました。

 

語学に興味のある人は比較的、理科や数学が苦手なのではないでしょうか。しかし通訳が介入する現場は実のところ技術系が多いとのこと。先生が様々なジャンルの仕事を経験されてきたというお話を聞き、自分で苦手なジャンルを作ってしまうと仕事の幅もきっと狭くなってしまうんだろうなと感じています(学生時代に戻れるのなら、「理科と数学やらないと通訳で苦労するよ!」と若かりし頃の自分に言ってやりたいぐらいです…)。


先生の体験談の中には普通に生活していると出会えないようなお話もあり、「普通の人が普通に生活していたらできない体験をできるということが、通訳者の醍醐味の一つ」と先生はおっしゃっていました。

 

今回はこれまでより専門的な通訳のため、訳出する日本語も砕けた表現ではなくきちんとした表現を使用することを学びました。技術系の会議通訳になるとその道の専門家ばかりという状況もあり、そのような場合は(英語の略称など)あえて訳さないほうが聞き手に伝わることもあるそうです。これからは聞き手が誰なのか、年齢層はどれくらいなのか等、きちんと聞き手のことを意識しTPOにあった言葉を使わなければなりませんとご指導いただきました。

 

第14回 言葉の先を読む力

今回も前回に引き続き風力発電の逐次通訳を行い、残りの時間で短めのニュースを逐次通訳しました。

 

授業の初めに、私たちはまだまだ音を追いかけて訳出している状態であり、次の言葉を予想して訳出することができていないとの指摘をいただきました。言葉が予想できている状態というのは、例えば友人とおしゃべりをしている時に相手が言葉に詰まって「え〜と」となった時「○○でしょ?」と助け船をだせるような状態だそうです。

 

確かに自分のパフォーマンスを振り返ってみると、中国語から日本語に訳す際は音を最後まで聞かなければ全体の意味や話者が意図することを理解できず、訳出に時間と無駄な工数がかかっているなと思いました


先生からは、母語でない言語でも次の言葉が予想できるようになる必要があり、そのためにはたくさん本を読むことが効果的だと教えていただきました。たくさん音を聞くことも大切ですが、目視で多くの中国語(日本語)に触れることによって言葉の引き出しが増え、次に来る言葉が予想できるようになるとのことです。


難解な本よりも、自分が日本語(中国語)で読んだことのある好きな作家や面白いと思う本を読んだほうがよいとのことなので、私も早速一冊購入し勉強の合間に読んでみようと思います。

 

 

| 授業体験レポート | 09:04 |
授業体験レポート:2019春【英語編】第5回 「能動態で訳す」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は、英語翻訳者養成コース ビジネス英訳科・基礎科クラスのMIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

第8回

今回の課題はパワーポイントの文章で、その内容は、世界的なスポーツ大会の誘致文書からでした。

 

先生からは、翻訳する前には、その文章が何を目的としたものであるかを考えることが重要とアドバイスがありました。大会誘致文書は、「大会では〜する」のように意思や計画を全面にしているので、willを用いることとアドバイスがありました。

 

日本語をそのまま英語にすると冗長になる場合があるようです。たとえば、「下記の」「上述の」などは英語では不要。また、「〜の実現」という日本語の場合、realization of 〜などとせず、そのものずばりを目的語として用いる。「〜の意見を聞く」は、意見を省いて「〜を聞く」にできる。さらに、「新たに建設される施設は…」という場合は、「新たな施設は…」と読みかえることで、意味のない動詞を減らすことができ、文章がすっきり分かりやすくなるそうです。

 

日本語が受動態であっても、英語では、できるだけ能動態で訳すのが良いようです。たとえば、「〜(競技名)は、〜(場所)で開催される」という日本語を英訳する場合、「(競技名) will be held in 〜(場所)」などとやってしまいがちですが、これを、「(場所)will accommodate (競技名)」のように能動態にすると、英文らしいすっきりした文章になるそうです。また、能動態にすることで、受動態に起こりがちが文法ミスを減らすこともできます。

 

単語の使い方で、「海からの風を会場に導く…」という文章の中で、風をwindと訳してしまいました。全く間違いではないようですが、ここでは、「さわやかな風」というニュアンスで、breezeを使うべきと指摘されました。私が子供の頃に、♪Wind is blowing from the Aegean〜という大ヒット曲がありましたが、きっと、あれも本当はbreezeだったのですね。

 

第9回

今回の課題は、中国のITプラットファーマーに関する講演パワーポイントです。事前に先生からは、パワーポイントの文章は主語が省略されているため、登場人物(誰が)を意識して翻訳すること。また、原文に記号(→、!)や数学記号(<、>、≒)が使われている場合、多くの場合は不要で、むしろ無い方が良いとアドバイスがありました。

 

日本語に「〜に比較すると、〜だ」というフレーズがあると、ついcompared to〜としてしまいますが、単純に比較級を使用する方が英語らしい文章になるということでした。compared to〜も受験英語で覚えて頭にこびりついているフレーズの1つですが、実際には使えないことが分かりショックです。

 

文章の中で、どの動詞を使うか迷った場合には、その動詞をそのまま和英辞書で調べるのではなく、その動詞の目的語や補語となる単語に注目し、その単語とのコロケーションから動詞を選択すると、間違いが少なくなるというワザも教えていただきました。

ほかにも、日本語の「〜する予定だ」は、planning to ではなく、willだけでよい。「〜している」は進行形ではない。件数の「件」はcaseではない。「金額が〜になった」などの場合、The amount was…ではなく、The amount totaled(reached、amounted to)…とすると、英語らしくなる。比較はoutperform、outpaceなどの比較を表す動詞を使用する。どれも現実的なアドバイスでした。

 

来年開催される世界的なスポーツ大会の頃までには、私の実力も少しは上達していると良いのですが。

 

 

| 授業体験レポート | 09:17 |
授業体験レポート:2019春【中国語編】第6回 「中間試験その2」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この春16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語通訳者養成コース基礎科2クラスのIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

・第11回 日中中間試験

今回は日中クラスの中間試験でした。
テストの構成は日本語から中国語への逐次通訳が復習7割、初見3割ほどと、単語やことわざの筆記試験でした。

 

私は日中通訳に苦手意識があるので、今回の試験対策は入念に行いました。

初見の内容は「脂肪味」というテーマだけ事前に告知を受けていたので、まずは日本語で脂肪味についてのニュースやここ数年の研究について調べ情報収集を行いました。日本語でしっかり理解ができたところで、今度は中国語で脂肪味についてのニュースや論文を収集し、日本語で調べた資料と突き合わせながら日中間での語彙の対訳や表現方法について重要だと思う箇所をチェックしました。

 

事前に下調べをしていたので、試験でもあまり緊張せず落ち着いて訳出することができました。(出来は満足いくものではないですが…)


中間テスト後は貿易商談の逐次通訳訓練を行いました。
授業中、ふと「日本語から中国語へ訳出するの、楽しいな」と感じました。私は中国語独特の表現や言い回しの引き出しがすごく少なくて、言いたいことが言いたいように言えずストレスを感じることが多かったのですが、今日そのストレスを感じていないことに気がつきました


これまでの授業で、ひたすら中国語オンリーの訓練を繰り返したくさんの言い回しや表現に触れて、考えて、声に出してきた成果なのかなと感じています。前半の授業は中国語ばっかりで頭がいっぱいいっぱいの状態で本当に苦しかったですが、少し自分の成長を感じることができてとても嬉しく、後半戦も頑張っていこうという気持ちになりました

 

・第12回 商談通訳ロールプレイング
今回の授業は貿易商談のロールプレイングを行いました。
日本側、日本側通訳(日→中)、中国側、中国側通訳(中→日)の4役をそれぞれ演じ、より実践的な逐次訓練でした。


日本側と中国側の演者が原稿通りに話す訳ではないので、記憶に頼るのではなくきちんと隣の話者の話を聞き、ノートテイキングをしながら訳出するのが難しかったです。


また、緊張からか原稿で書かれた数字を言い間違えてしまう(5%値引きを50%値引きと言い間違えてしまう)アクシデントもありました。先生からは、これは実際によくある話で、話者が緊張していると通常では起こりえない言い間違えに出会う場面もあるとのお話でした。


授業では言い間違えのアクシデントが発生してからはアドリブ満載の商談になって、他のクラスメイトもそれぞれ自由に言葉を言い換えながら通訳し、笑いあり涙なし の楽しい授業となりました!

 

 

| 授業体験レポート | 09:09 |
授業体験レポート:2019春【英語編】第4回 「リストに重複の単語があれば、くくる」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は、英語翻訳者養成コース ビジネス英訳科・基礎科クラスのMIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

第7回目
今回の課題は、メーカーが顧客に対して作成する「製品保証書」です。先生からは、「英文契約書に準じたスタイルで訳してください」とさらっと言われましたが、そもそも英文契約書についてもあまり良く分かっておらず、非常に厳しい課題になりました。これって基礎科ですよね・・・。

 

初めての英文契約書に直面し困惑する受講生に対して、先生は参考図書として『英文契約書の基礎知識』(ジャパンタイムズ)という書籍を紹介して下さいました。少し前に発行された書籍のようなので、書店にはなく、かろうじてアマゾンにあったので注文しました。これを読んで勉強します。

 

英文契約書には、“お決まりのパターン”や“お約束事”が多くあり、これらを覚えることで、契約書文章の7〜8割はカバーでき、本当に翻訳しなければならないのは残りの2〜3割であり、ここが勝負どころということのようです。

 

最初に、契約書特有の単語について説明がありました。shall(〜するものとする)やmay(〜できる)、hereinafter(以下)、hereunder(本契約書に基づき)、hereof(これに関連して)、witnesseth(〜を証する)などです。また、通常の日英翻訳では省略されることが多い「等(など)」は必ず意味を残すこと、「以下」「以上」についても、数字を含むのか含まないのかを厳密に訳すなど、約束事についても説明いただきました。

 

さらに、normal wear and tear(通常摩耗)、act of God(天変地異)、including, but not limited to(〜を含むが、これに限らない)などの表現は、いろいろ使えそうです。

 

日本語で、「〜の場合、・・・・は×××する」のような構文は、「〜の場合」の「〜」を目的語とみなし、「・・・は、〜を×××する」のように英訳すると、読みやすい文章にすることができると、テクニックを教えてもらいました。

 

第8回目
英文契約書にさんざん悩まされた次の課題は、まさかの「秘密情報保持誓約書」でした。先生からは、「同様の表現をネットで検索し、使用しても良い」と言われていましたが・・・。撃沈です。

 

今回の授業では、“リスト(箇条書き)で、同じ単語が毎回使われるときは、くくる”、というテクニックを教えていただきました。例えば・・・

 

「〜以下を使用しないことを約束します。
1.・・・の情報、
2.×××の情報、
3.〇〇〇の情報。」

 

というような箇条書きで毎回重複する「情報」という言葉を、「以下のような情報を使用しないことを約束します。」のように、最初にくくってしまうと、わかりやすく、同じ単語が何回も出ない英文らしくなるということでした。これって、数学でいうと、2a+2b+2c=2(a+b+c)ですよね。

 

実は、これと全く逆のことを、数年前に短期コース『和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ 』クラスで学んだことがあったのです。 “分配法則”というネーミングもそうですが、「英語ってなんて数学的なのだろう」と思ったことを思い出しました。

 

※分配法則とは、
simple and fast waysは、simple way and fast wayの意味。つまり、(simple+fast) ways。

 

4月に始まったクラスも今回が8回目。気が付けば折り返しです。先生からは「中間フィードバック」なる成績表が送られてきて、前半部分全体の講評をいただきました。厳しいながらも暖かい励ましをいただき、これを信じて(?)さらに精進しようと決意を新たにしました。

 

| 授業体験レポート | 09:19 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode