通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


授業体験レポート ふりかえり:2017年 [秋期] レギュラーコース

 

2017年秋期の授業レポートも、大好評のうちに最終回を迎えました。

英語通訳者養成コース「基礎科」クラスをレポートしてくださったさんからは、実際の授業内容や、講師からの指摘ポイント、クラスメイトとの交流など、また、中国語翻訳者養成コース「本科2」クラスをレポートしてくださったさんからは、仕事としての翻訳についてや、中国語と日本語の発想の違い、注意点などをご紹介いただきました。

英語編と中国語編を隔週更新で紹介してきましたが、もう一度ふりかえって読んでいただくとまた新たな発見があるはずです。皆さまが再読しやすいように、Indexを作成しました。再読の際にご活用ください。

ご担当いただいたHFさん、Cさん、本当にありがとうございました!


丸授業体験レポート 2017秋 英語編Index
 第1回「はじめての基礎科 
第2回「実は日本語がムズカシイ
第3回「言葉へのこだわりと話者への敬意
第4回「中間テスト!
第5回「spirit of resilience
第6回「メモ取りとひらめき
第7回「訛りに悩む
第8回「期末テスト

9回「秋学期終了!その先へ

 


丸授業体験レポート 2017秋 中国語編Index
第1回「昔は物を思はざりけり
第2回「人として....
第3回「B面の冬
第4回「基本だよ、ワトソン君!
第5回「イヤな予感がする・・・!
第6回「君の名は。(まだない)
第7回「ラブストーリーは、突然に...?
第8回「それを言っちゃあ お終いよ
第9回「366歩のマーチ

 

 

| 授業ルポ | 10:00 |
授業体験レポート:2017秋【英語編】第9回 「秋学期終了!その先へ」

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました。

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきました。

今週のレポートが英語通訳クラスの最終回となります。どうぞお楽しみください!


5か月間にわたってお読みくださり、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第17回 英日授業

 

英日の授業はこれが最後です。単語テストの後、期末試験の結果が返され、試験の初見教材 “change management”のおさらいをしました。通常、「変革管理」と訳されますが、文脈によってchange を変革ではなく変化と訳すなど、微妙なニュアンスまで汲みとる必要がありました(私はひたすら「変革管理」と連発してしまいました・・・)。この教材はまだ理解し切れていないので、学期終了後の休みに自主学習で使おうと思います。

 

授業の後半は、講師との学期末面談です。一人5分程度ですが、先生と個人的に話せる貴重な機会なので、聞きたいことはあらかじめまとめておくといいと思います。面談は隣の教室で行うので、順番待ちの間は用意された別の教材を勉強してもいいし、クラスメイトと(邪魔にならないホールなどの場所で)雑談してもオーケーです。

 

日英、英日はそれぞれ担当講師が決まっており、授業の進め方や教えるスタイルは違いますが、共通しているのはお二人のプロ意識の高さ!先生方がこれまで相当努力してこられたことがひしひし伝わってきます。確かに入門科より求められるレベルが上がり、自分で課題を克服していく努力がさらに必要になりますが、授業はある意味守られた環境です。現場に行くと守ってくれる人などいない修羅場でしょう。そう考えると先生の厳しさもありがたく感じます。

 

 

丸第18回 日英授業

 

今学期ラストの授業です(感慨深い・・・)。期末試験も終わり、最後の授業といっても、先生は手を緩めることはありません(笑)。

 

まず、いつものようにトレンドからの単語テストがあり、分野は「宇宙」と「福祉」でした。その後、試験結果と講師のコメントが書かれた期末テスト評価表が各自手渡されました。試験の振り返りでは、受講生数名の訳出がルームスピーカーから流され、講師から短いコメントがありました。恐ろしいことに私の訳も流され、両耳をふさぎたい気持ちをこらえて聞きました(汗)。試験準備はあれをやれば良かった、こうすれば良かった、と悔やむ気持ちがしばらくあったのですが、そういう言い訳が出てこないよう日々淡々と努力あるのみですね・・・。

 

その後、前回授業の初見教材、「中国の人口問題」の後半を逐次通訳し、最後に訳出録音まで行いました。まさに最後まで全力で走り抜けた感じでした。

 

この基礎科授業ルポも今回で最後となりました。授業の予習、復習をしながら、2週間に一度の更新はなかなか大変でしたが、講師のアドバイスや授業で感じたことなどを文字にすることには大きな意味がありました。インプットしたものをアウトプットすることで、学んだことの定着度も増したと思います。もし、レポートする機会があれば、やってみることをおススメします(笑)。

 

私の目標は、同時通訳ができる通訳者になることなので、長い道のりではありますが、上級クラスを目指して今後も訓練を続けたいと思っています。

 

それでは、皆さまの英語道も沢山の努力の先に大きな喜びがありますように。一学期間、お付き合いいただきありがとうございました!

 

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【中国語編】第9回 「366歩のマーチ」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました。

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきました。

今週のレポートが中国語翻訳クラスの最終回となります。どうぞお楽しみください!

5か月間にわたってお読みくださり、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------------

 

今期の授業も、期末テストの解説をもって最終回となります。長いようで短かった半年間、本科2の目標である「仕事としての翻訳」に果たしてどこまで近づけたのでしょうか。

 

丸第17回 中日翻訳


翻訳科の期末テストは、2〜3行の原文5題を自宅で翻訳して提出します。最終回は課題がないため、ただテストの解説を聞いていればいいから楽勝だ、と思っていたら、やっぱり世の中、そんなに甘くありませんでした。

 

講師の先生が、「配布した資料の最後のページは見ないでくださいね」とおっしゃるので嫌な予感がしていたのですが、授業も終盤になり、いよいよ最後のページを開くと、何とそこには新しい課題文が!

まさかこの場で追加のテストですか? と半ベソをかきながら良く見ると、中国語文の下には日本語の訳例が添えられています。10分間で、同じ原文を指定された別の用途に訳出するという練習でした。

しかし、予想はつくと思いますが結果は惨憺たるもので、授業後の面談(最終回には、講師の先生が個別面談してくださるのです)では、「もう少しできるかと思いました」というキビシイお言葉を頂戴してしまいました。

 

そうです、訳語の選び方ひとつで同じ文章が全く違うものになる、というテクニカルなポイントもさることながら、この課題は本科2での学びが凝縮されたものだったのです。最初の授業で習った通り、仕事としての翻訳は、納期を守れるスピードで、発注者の求めに応じる訳文でなければなりません。全く自分の学習能力のなさには自分で呆れました。

 

思えばこの授業レポートにしても、翻訳本科2の素晴らしい授業風景を皆様にお伝えするという本来の目的からどんどん逸脱してしまい、コース選びのご参考には全然ならなかったのではないかと深く反省しております。今さら遅いですが……。

 

とは言え、本科2の授業は単なるスキル習得に留まらず、日中両言語の違い、さらには自分の母語である日本語についての考えを深めてくれるものでした。脱線気味のレポートではございましたが、その奥深さの一端を少しでもご紹介できたとしたら幸いです。

 

 

丸第18回 日中翻訳


こちらも最後の授業は期末テストの解説でした。テストがこれまでの授業で扱われた事項を反映した内容だったため、総復習を兼ねた授業です。

最終回にふさわしく、大喜利(?)感満載でしたが、いくつかご紹介すると……。

 

なぜ日本に精巧な食品サンプルがあるのか。それは、料理の名前を聞いても中味が分からないからです。確かに、「鉄板焼き」「茶わん蒸し」という料理名から得られる情報は、「闇鍋」と大差ありません。それに対して中国語の料理名は単純明快。“青椒肉丝”(チンジャオロースー)は「青椒/ピーマン」と「(豚)」の「/細切り」炒め。そのまんま作れちゃいそうです。

 

日本語では、皆が了解していることは省略されます。「おーい、お茶」と言えば日本茶、しかも温かい緑茶を持ってきて、という意味だと誰もが理解します。これを中国語に翻訳するなら、省略部分を補わなければなりません。

 

幸か不幸か日本語も表記に漢字を使うので、漢字を並べれば中国語に変換できるだろうと思ってしまいがちですが、このように、抽象・省略に傾く日本語とリアルさを追究する中国語とでは、発想のベクトルがそもそも真逆。

 

“等意”、つまり意味が合っているのは直訳のレベル。翻訳なら“等值”、すなわち等価に持って行きたいと先生はおっしゃるのですが、日中両語間のギャップを埋めるのは相当大変です。

例えば母が子に言った“妈还没洗碗”を「お母さんはまだお皿を洗っていない」と訳すと、日本語としてはリアル過ぎます。「後片付けが済んでいない」でも、まだ具体的です。「手が離せない」まで持ってきて、ようやくこなれた日本語になる。裏を返せば、「手が離せない」を適切な中国語に訳すことの如何に難しいことか…。

 

今期、日中両語の違いを痛感できたことは大きな財産になりましたが、「仕事として翻訳」するなら、違いを見つけ、それをどう埋めるかは自分で考える必要があります。

 

思うだに怯みますが、そう言えば先生は仰ってましたっけ。中国語圏で広く知られる思想家・厳復の翻訳論“信” “達” “雅”、そのココロは、「/原文には忠実でなくちゃ」→「/でも理解してもらえないと意味ないよ」→「/まぁ、良い文章ならいいってことで(笑)」。

 

厳復先生に倣って(?)グダグダ悩まず、精進あるのみ。2歩下がっても3歩進めばいいって、昭和の歌にもありましたよね。今年はオリンピック・イヤーですから「366歩のマーチ」と言ったところでしょうか。って、あれ? 冬季オリンピックの年は閏(うるう)年じゃなかった。授業で、訳出の際は事実関係をきちんと確認しましょう、と毎回ご指導いただいていたのに……

 

 

丸本科2の授業をふり返って


授業では半年にわたり、バラエティに富んだ原文を翻訳し、記事や手紙、公的文書などに整えるという作業を通じて、読み手に届く訳文をアウトプットする練習を重ねてきました。書き手の意図を汲み取って伝える訓練は、単なるスキル習得を越え、日中両言語の違い、さらには母語である日本語について観察を深めることにもつながっていたと思います。

私が翻訳を学ぶ究極の目的は、日中の(ミーハーな)文化を紹介することでお互いのファンを増やし、少しでも世界平和に貢献することです(大きく出ましたね!)。と、口では言いながら、去年の今ごろ、この学校に通い始めるまでは、そんなことは出来っこないと自分で諦めていました。

でも、今は違います。本科1、本科2で課題に取り組んだ1年間、これまで気づかなかった多くのことを学びました。その延長線上に、いつかは読み手の心に響く翻訳ができるはずだという確かな手ごたえを感じています。ささやかな進歩ではありますが…。

 

ということで、常に脱線気味のレポートではございましたが、授業と中日・日中翻訳の魅力の一端でもお伝えすることができたなら幸いです。ご覧くださいまして、本当にありがとうございました!

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【英語編】第8回 「期末テスト」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第8回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第15回目 英日授業

 

ついに来ました、英日期末テストの日。事前に講師から配られた期末テストの概要に従ってできる限りの準備はしたつもりですが、教室に到着するとドキドキです。

 

内容は3部構成でした。
 逐次通訳テスト(復習教材から出題)
 逐次通訳テスト(初見)
 英文和訳 (国内政治についての記事を一時間で翻訳)

 

中間テスト同様、初見は自分で作成した単語リストは参照できます。“change management” (変革管理)というテーマが与えられていたので背景知識を調べてみましたが、なかなか幅広く、リストに載せる単語を絞るのは難しかったです。初見は4回聞かせてもらえたのですが、練られた文章は難しく、訳出途中でロジックが破たんしてしまう箇所がありました。

 

終了後は、試験の初見教材を使い授業です。出題箇所をもう一度確認しながら逐次通訳をしました。本当は、「もう忘れてしまいたい・・・」という心境でした(笑)。しかし、自分の訳を(忘れないうちに)きちんと振り返り、より良い訳出を考えることは、通訳の仕事を始めてからも必要な作業のようです。

 

さて、この授業ルポも次回で最終回ですが、今さらながら学習時間について少し。私が受講しているクラスは週一回、3時間なのですが、もちろん授業以外の自宅学習も重要になります。学期の始めにある教務との個人面談では、授業時間数×3が授業の予習復習にかける時間の目安だとアドバイスを受けたので、一週間で9時間を捻出すべく、この学期中はできるだけ隙間時間を利用するようしました。ほかの受講生に聞いてみると、通勤時間や家事の合間を活用したり、静かな環境で勉強するため夜は早く寝て超朝型だったりと、皆さんそれぞれ工夫しています。今期終了後も、この勉強時間はキープしていきたいと思います。

 

 


丸第16回目 日英授業

 

いよいよラストスパートです。この一週間をどうにか乗り切れば、一息つけると自分に言い聞かせて迎えた日英の期末テスト。インフルエンザによる子供の学級閉鎖などがあり、予定通りの勉強時間は確保できませんでしたが、どうにか無傷でテストを迎えられただけでもありがたいです。

 

内容は2部構成です。
 逐次通訳テスト(復習教材から出題)
 逐次通訳テスト(初見教材から2題出題)

 

初見教材の一つはESG投資について。20分間の訳出準備時間があるので、時間内にLL機材を使って、自分のペースで聞き直し訳語を考えることができました。
もう一つの初見教材は、電気自動車や燃料電池車関連についてですが、準備なしの完全初見!作成した単語リストが頼りでしたが、中間試験同様、見る余裕はほとんどありませでした。

 

試験が終了する頃には、脳がとにかく疲れました。通訳という作業は心身への負荷が大きいです。これだけ大変な作業を日常的に仕事としてこなすには、相当な訓練が必要だということが分かります。

 

しかし、これで終わりではありません。試験が終わると、今度は試験とは別の新たな初見教材を使って授業です。「さあ、最後の集中力を振り絞って。」と笑顔の先生。これくらいの重圧に負けているようでは通訳者になれないということかもしれません(笑)。

それでは、また次回お会いしましょう!

 

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【中国語編】第8回 「それを言っちゃあ お終いよ」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、中国語の授業ルポ第8回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第15回 中日翻訳
 
今回の課題は若手俳優を紹介する記事の翻訳です。(ほぼ)映画とドラマで中国語を学習してきたミーハーな自分には、うってつけ!
…と思ったら案の定、世の中そんなに甘くありませんでした。

 

訳出に大きな間違いはないにも関わらず、翻訳としては全然ダメ。講師の先生の訳文を拝見した瞬間にそれを悟り、思わず血の気が引きました。

何がダメかを逐一解説していただいた120分の授業は、先生の穏やかな口調とは裏腹に、針のムシロというかゾンビ犇〈ひし〉めくダンジョンというか、ともかく恐怖の連続でした。思い出すのも辛いですが、何とか振り返ってみますと……。

 

・登場人物の個性や記事の方向性を正しく捉え、それを踏まえた表現にできたか


人を紹介する文なのですから、その人がどんなキャラクターか考えずに翻訳するのは無謀という他ありません。訳語選びをミスったせいで、シャイな好青年が、上から目線のエラそうな若造に早変わり。ファンの皆様、本当にごめんなさい、翻訳がそのまま記事になるのに、読者に喜んでもらえる方向に訳せていなければダメですよね。
「誰を演じてもキムラさんらしさを感じる」と「誰を演じてもキムラさんに見える」では与える印象が真逆。ファンに後者を投げつけるなんて、翻訳者というより勇者かと…。

 

・全部を直訳するのではなく、目的に沿って取捨選択したか


原文もタレントのイメージを良くする方向で書かれているはずですが、逐一直訳するとニュアンスが変わってしまうことがあります。「身長があるので」と訳せば謙遜しているのに、「僕は背が高いので」だと自慢げに聞こえてしまうのです。不思議ですね……。わずかな違いも全体の印象を左右するので、おろそかにできません。

 

・話がうまくつながるように工夫しているか


日本語から中国語に訳すときは、情報を補うようにとしょっちゅう注意されますが、中国語から訳すときも、何か言葉を足さないと日本語として座りが悪いことがあるというのは意外な指摘でした。「ただし」「そのあと」「ようやく」といったつなぎの言葉や、ちょっとした付け足し(作品名の前に「出世作となった」と加えるなど)があるだけで、文章のなめらかさ、分かりやすさが全然違ってきます。

読み手の存在がハッキリ見える今回の課題を通じて、中文和訳と翻訳との大きな差を、一段と強く感じ取れたように思います。

 

 

丸第16回 日中翻訳

 

今回の課題は2つあり、1つは短文、1つは企業から消費者へのお詫びの手紙でした。

 

短文の方は、雑誌名の由来を説明した文章です。雑誌名に採用された単語(外国語)が、現地でどういう背景を持つか紹介することで、それとなく雑誌の趣旨も読者に伝えている……のですが、「それとなく」では中国語ネイティブは納得しないらしく、ここはハッキリ、「〜という考えに共鳴して××を誌名としました」等々と補う方がいいらしい。

 

そんなの原文に書いてないし、ちょっと考えれば分かるじゃないですか。皆まで言ったら雰囲気ぶち壊しでしょ、と思う間もなく、では雑誌の趣旨は何ですか、と講師の先生に突っ込まれ、雑誌名=趣旨ではなかったため、途端にしどろもどろに。

 

そうです、よくよく考えてみれば、この文章が本当に伝えたかったのは、誌名の由来になった言葉の説明というよりは、明示はされていない、雑誌の趣旨の方。

 

日本語は、相手が分かるだろうと思うことは文章からどんどん間引いてしまう上に雰囲気重視なので、本当に言いたいことや足すべき情報が何かを考え始めると、結構大変です。

 

2つめの課題であるお詫びの手紙にも同様の問題がありました。事故品を返送してきた消費者に、謝罪のうえ、お詫びの品を送る、という内容なのですが、先生は、直訳しただけでは火に油を注ぐ結果になるかもしれないと仰るのです。

 

先生曰く、返送された製品については代品を送るはずだが、そのことは手紙のどこにも書かれていない。そこに触れずにおまけのことだけ書くと、代品はさておき弊社の新製品をお試しください、という宣伝と解釈されるかもしれませんよ、とのこと。

 

唖然とする私たちに追い打ちをかけるように、先生は、台湾で映画化された『桃太郎』の話をしてくださいました。

 

その映画では、なぜ桃太郎が桃の中にいたのか、どうして鬼が島のことを知ったのか、といった根本的な疑問から、大きな桃をどうやって家まで持ち帰ったのか、島へはどうやって行ったのか等々等々の小さな疑問まで、きっちり補足されているらしいのです。

 

そんなディテール、要りますか?! おとぎ話じゃなくなるし、野暮ってもんよ! とつい思ってしまう、こちとら江戸っ子受講生をよそに、中国語ネイティブのクラスメートは映画に興味津々の様子。いやさ、中国語に入れば中国語のルールに従わなければ……。

 

決意を新たにしたところで、本科2の通常の授業は最終回。授業末に配られた期末テストは、自宅で翻訳して締め切りまでにメールで提出します。

 

次回の授業はテストの解説。どんな恐ろしいことになりますやら、はぁ、幾つになってもテストはつらいよ…。

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【英語編】第7回 「訛りに悩む」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第7回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第13回目 英日授業

 

今回は復習教材を使って訳出する際、初めてペアワークをしました。同時通訳の仕事は通常複数名で行います。一緒に仕事をする通訳者と気持ちよく仕事をするため、タイムキープやメモ取り、ブース内での振る舞い等、通訳技能以外にも重要なことがあるそうです。普段はヘッドホンをつけて自分の訳だけに集中しているのですが、ペアワークは同時通訳ではよく行われる訓練法ということで、まだ逐次通訳訓練中の基礎科ですが、今回は二人一組になり交互に通訳練習をしました。

 

訳し終えたらマイクを上げ、自分の番になったらマイクを口元まで下げることなど、単純なことでも初めてなのでつい忘れてしまいそうでした。ペアワークではクラスメイトの訳出やメモ取りなどをすぐ隣で見ることで、違う緊張感がありました。

 

そして「企業の国際化」という本日の教材に移ります。ライブ教材なのですが、これまでにはなかったほど、訛りが強い!あまりに手ごわいので、今回は特別に音声を先にもらい、予習してくることになっていたのですが、皆さんかなり苦戦したようです。ニュージーランドの訛りでは?という声が多かったのですが、話者の出身地は正確には分かりませんでした。

 

通訳者が耳にするのは、アメリカやイギリスなどのいわゆる標準的英語だけではありません。IT関連の通訳にはインド英語はつきものと聞きますし、実際は英語を母語としない人たちの英語を訳すことの方が多いかもしれません。「訛りが強くて聞き取れませんでしたなんて、通訳者は決して言ってはいけません。」という講師の言葉に、うなずきながらも、「もう少し、分かりやすくしゃべってくれ〜!」と心の中で叫ぶのでした・・・。

 


丸第14回目 日英授業

 

単語テストは政治関連でした。政務官、事務次官、地方交付税などニュースでよく耳にする単語も英語がなかなか出てきません。大統領の一般教書演説など馴染みのある単語も、「ラッキー、覚えてる!」と思って書いたら定冠詞抜けや大文字になってないなど、思わぬ落とし穴(?)が。

 

単語テストの後は、復習訳出を一斉録音し、講師から一人ひとりにフィードバックが与えられました。「よくできたところを聞いていてほしい」とつい思ってしまいますが、現場では、初めから最後までお客様が聞いているわけで、「ここは難しかったらできなかったのよね」という言い訳は通りません(汗)。

 

初見教材は「日本とEUのEPA合意」でした。講師から出された本日の目標は「事実確認を確実にする!」。交渉が妥結してから発効までどれくらいかかる予定なのか、通訳者が事実を把握していないと、すでに発効したかのように誤訳する危険性があります。特に日本語は主語や時制があいまいなので要注意です。

 

今日も盛りだくさんで、授業後はゾンビのようでした(笑)。特に初見の不出来さにかなり落ち込んだのですが、授業後クラスメイトたちとランチに行って回復しました。

 

通訳者になるための訓練は、個人差はありますが、一般的に専門的訓練に数年かかる長い道のりです。その間、通訳学校に通い続ける人もいるし、仕事や家庭の事情で途中休んで復帰する人もいます。通訳学校で得られることの一つに、志の高い仲間に出会えることがあります。クラスメイトの頑張る姿に刺激を受けるだけでなく、モチベーションが上がらない時には個性豊かな仲間たちと励まし合える環境は大きな利点だと思います。

 

来週はとうとう期末試験!気合を入れてがんばります。

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【中国語編】第7回 「ラブストーリーは、突然に...?」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、中国語の授業ルポ第7回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第13回 中日翻訳

 

授業は毎回2時間ですが、その合間に5分程度の休憩時間があります。クラスメートと情報交換をする貴重な機会になっているほか、職場や学校から駆けつける忙しい人の中には、この間に食事を済ませる猛者もいます。

今回の休憩時間には、講師の先生が上海旅行のお土産“大白兔”(昔からあるソフトキャンディの名前です)を配ってくださり、現地の楽しい話題で盛り上がりました。

 

しかし、授業に入ると和やかな雰囲気は一転、教室にはピリッとした緊張感が漂います。「前の授業を踏まえて訳しましたか?」という先生のお言葉に、思わず冷や汗が出ました。

 

前回(第11回)の課題も今回同様、テーマは旅行に関するもので、訳出する上での落とし穴を、前回の授業ですでに懇切丁寧に解説していただいていたのです。年をまたいで、また同じ落とし穴に落ちるとは…。

落ちた穴を再点検してみますと…。

 

中国語から日本語に直訳すると、なぜか短所めいて感じられる部分を補正する
 例:混雑していない→落ち着いている

 

・形式を整えるために加えられた修飾を外し、言いたいことを目立たせる
 例:港町神戸には西洋と日本の文化が融合し、西洋化された現代的な東京とは異なる風情が→港町神戸には西洋と日本の文化が融合し、現代的な東京とは異なる風情が

 

訳語の細かいニュアンスまで気を配る
 例:神戸での;のどかな時間[田園地帯っぽい]/のんびりした時間[都会らしくない]→ゆったりした時間[大人の余裕を感じる]

等々。

また、中国語によくある「行って切手買って貼って」式の時系列順の描写を、柔軟に表現する工夫も必要です。
 例:鉄板の余熱が終わったら、牛肉を鉄板の上に置いて調理し…→お肉を熱々に熱した鉄板にのせて焼き上げ…

ほんの小さな言葉もゆるがせにできないのは、日本語では暗黙の了解部分の情報がカットされ、全体の枠組みの定義を一語一語のイメージに負っているからでしょう。日中翻訳をしてみると、日本語ネイティブにもそのことが実感できるようです。

ということで、続けて日中翻訳のレポートもご覧いただきましょう。

 

 

丸第14回 日中翻訳

 

今回の中国語訳は、いつにもまして課題の日本語文が曖昧で、何について書かれた文章なのか、自力ではさっぱり解読できませんでした。不思議に思ったのは自分だけではなかったらしく、訳文の最後に「情報が足りなすぎて分からない」という感想を書いて提出した中国語ネイティブの受講生もいました。

しかし、そんな曖昧さこそ授業の狙いだったようで、講師の先生は、何について書かれたか分からない、すなわち「枠組みがつかみづらい」文章は日本語によくある、と涼しい顔でおっしゃいます。

例えば、歌のタイトル。
『ラブストーリーは突然に』と来れば、「始まる」のだと、みな了解しています。
テレビ番組のタイトルもそうです。
『世界の車窓から』を、サスペンスだとかホラーだとか思う人はまずいない。紀行番組だとすぐ分かります。それはなぜか。

 

「ラブストーリー」は恋の深まりを期待させ、「車窓」は風景を切り取るものという、言葉のイメージが共有されているからです。

 

講師の先生によれば、中国語と日本語の文章では、読者の設定からして違います。情報ゼロの人向けの中国語に対し、日本語は分かっている人向け。なぜ肝心なことを省く?! と中国語話者はフラストレーションが溜まるそうですが、日本語は大きな枠組みほど了解事項として省かれがち。文中の言葉をヒントに話の枠組みをつかむしかありません。

 

トイレの「備え付けのペーパー以外流さないでください」という注意書き、それって、他のものは流さないでお持ち帰りください、ってこと...?

 

「ひげ剃り後、ローションを手にとって叩いてください」って、まさか机を叩く・・・わけないですよね?

これらの文章を中国語訳する際には、順序を並べ替え、「ペーパーは備え付けのもの以外、流さないでください」としたり、情報を足して「ローションを5gほど手に取って、ひげ剃り後の部位に叩くようにつけてください」とするなど、日本語の編集作業が不可欠です。

 

そもそも、文章から情報が抜けているということ自体、日本語ネイティブには気づきづらいのですが、そこは修行を積んで補うしかなさそうです。

 

ラブストーリーは突然に「終了」ですか? と思われたら、イヤですものね...。

 

 

| 授業ルポ | 09:00 |
授業体験レポート:2017秋【英語編】第6回 「メモ取りとひらめき」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第6回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

新年明けましておめでとうございます。
10月に始まった秋学期ですが、年が明けるともうカウントダウンが始まった雰囲気です。
学期終了まで残り2か月、健康管理に気を付けながら乗り切ります!

 

丸第11回目 英日授業 

 

いつものように単語テスト、復習教材の訳出録音、初見教材の順で進みました。お正月気分もどこへやら、一気に現実の世界に引き戻されました(笑)。

 

冒頭で講師から、リスニングとメモ取りに関して有益なアドバイスがありました。基礎科のレベルからもう一段リスニング力を高めるため、メモの取り方について発想の転換が必要とのことでした。これまでのように、メモばかりに集中し目に依存していては、まず日本語の語順に変換してから理解するという方法になりがちだそうです。昨今は社会全体の英語のレベルも上がってきており、リスニングの要求度も高くなってきているようです。メモを取らない!くらいの自覚をもって、英語をそのまま理解するリスニング力をつけていく必要があるとのことでした。

 

今回の初見教材は「マレーシア カントリーレポート」です。マレーシアについての基本的な国情報が出てくるのですが、数字も盛りだくさんです。国土面積、人口、宗教、GDP、主要産物、日本との2国間関係の歴史などが出てきました。数字のコツは入門科で丁寧に教えてもらったのですが、しばらくやらないとすぐに数字が聞き取れなくなることを痛感しました。

 

事前準備のためマレーシアの国情報を調べてみたのですが、とても魅力的な国で、子どもがもう少し大きくなったらぜひ家族旅行で訪れてみたいと思いました。通訳学校で得られることは通訳技能だけでなく、自分ではなかなか掘り下げて学ぶことがない分野の教材を扱うことで知的好奇心が刺激され、世界が広がることも大きな利点です。

 


丸第12回目 日英授業

 

日英でもカントリーレポートが初見教材でしたが、こちらは南米のチリ共和国。実は全然馴染みのない国で、最近スーパーなどでもよく見かける、安くて美味しいと評判のワインくらいしか知りません。

 

講師から事前準備の項目を詳細に伝えられていたので、手始めに外務省やJETROのホームページで基本情報を入手しました。ガイドブックを購入したクラスメイトもいて、皆それぞれ工夫して地理、歴史、政治、貿易などの情報収集をしていました。あ、チリワインをしっかり試した方もいました(笑)。

 

講師から提示された目標は、「日本語を聞きながら訳語をひらめかせる!」。つまり、一区切りまで聞いてから訳を考えるのでなく、聞いている時にすでに訳を思い浮かべるということです。これは、まだ同時通訳訓練を受けていない基礎科にとってはなかなか難しいですが、反応を早くすることは越えなくてはいけないハードルだと思います。

 

これまで、日英、英日両方の授業で言われてきたことですが、何よりも「表層的な言葉の切り貼りでなく、話し手が何を伝えたいのかを確実に訳す」ことが大前提です。その上で、反応を早めるということになると・・・ 癖垢ながら)ふむふむ、そうだよね、なるほど(話し手の気持ちを汲み取る)◆癖垢ながら)瞬時に訳を思い浮かべる、という二つのことを同時にやるということですね。できない私からするとまさに神業。道はかなり長そうですが、この2つの課題を自宅学習方法でも工夫してみようと思います。

 

それでは、また次回お会いしましょう!

 

        

| 授業ルポ | 10:00 |
授業体験レポート:2017秋【中国語編】第6回 「君の名は。(まだない)」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、中国語の授業ルポ第6回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします…と、あっさりした日本式の挨拶と違って、ご利益がありそうな言葉を連ねるのが中国風。

 

“新年快乐”(楽しい新年でありますように)、“恭喜发财”(もうかりますように)、“万事如意”(何事も順調でありますように)の定番から、“愿你2018发发发!”(2018年には大金運に恵まれますように)[“18”shibaと“实发”shifa=本当にもうかるのシャレ]、“祝大家2018年旺旺旺!”(2018年にはますますご盛栄のほど)[wangとワン(犬の鳴き声)のシャレ]の本年限定版まで、あったらいいな、を思いつく限り並べるそうです。

 

中国のお正月(“春节”)は旧暦でお祝いするので、2018年は2月16日とのこと。“全家平安”“身体健康”で迎えたいものですね。
ということで、今回の授業レポートは年末年始またぎでお届けいたします。

 

丸第11回 中日翻訳


旧年最後の授業は、記事・広告文の訳でした。

 

訳例のプリントにはテーマとして、「いろいろな日本語に訳す」が挙げられ、
・使用目的を確認すること
・簡潔でわかりやすく、柔軟な表現を目指す
・いろいろな文章を書けるように日頃から様々な文章に目を通す
と注意事項がまとめられています。

 

そういえば課題が配られた際、「自由旅行で来日する中国人女性向けに、機内誌用記事の日本語訳」を、と先生からご説明いただきましたっけ。気をつけたつもりでも、自分の訳文は雑誌記事という点に気を取られ、分かりにくいカタカナ語を多用するなど、読み手への配慮が全く欠けていました。

 

先生の訳例を拝見すると、小見出しは体言止めを使い女性誌風に、本文もそのまま雑誌の記事として載せられそうなオシャレな雰囲気なのに、きちんと外国人にも分かりやすい日本語に仕上がっています。

 

「関西の冬の旅」へと誘う短い記事ではありますが、情報提供も兼ねているため、「食いだおれ」など訳語の表記を公的な資料でチェックするのはもちろん、原文の数字や地名など、事実関係をきちんと確かめる配慮も欠かせません。

 

また、「金魚売りの出店」と「金魚を売る露店」、「華やかな街路」と「典雅な小道」など、訳語の微妙な違いでイメージがだいぶ変わること、「ふぐ」「カニ」はひらがなカタカナの表記1つで高級感に差が出ることも、面白い発見でした。

確かに、『わがはいはネコである』じゃ、ライトノベルみたいで漱石先生に叩き出されそうですよね…。

 

 

丸第12回 日中翻訳

新年最初の授業は、「造語」を運用した説明文の解説でした。

 

日中翻訳では、文章のほかに単語単位の「造語」という課題が出されることがあります。新語や流行語ではなく、「フライパン」「脚立」といった日常語を中国語に訳すのです。

 

辞書に訳語があるのに、なぜそんな練習が必要なのか―と、先生に質問した受講生もいました。先生の答えは、発想力を養うためと文章のカスタマイズ力をつけるため、というものでした。

 

実はこの授業に出るまで全然意識していなかったのですが、中国語の名詞はフリーダムそのもので、相手に伝わりさえすれば何でもアリなのです。

 

北京のファーストフード店でバイト泣かせなのは、中国全土から来るお客さんがメニュー通りに注文しないことだといいます。平気で“来一份火把儿”(「たいまつ」一個ください)とオーダーするんだとか(何だか分かりますか?ソフトクリームのことなんですって)。

 

それは単に方言なのでは?と思ったら、書き言葉でもフリーダムっぷりは遺憾なく発揮されるようで、フライパン1つ取っても、“平底锅”“浅底锅”“煎锅”(焼くのに使う鍋)、 “长柄锅”(持ち手が長い鍋)、“单柄锅”(持ち手が1つの鍋)等々、いくらでも言い方があるし、自分で造語しても良いそうです。

 

フリーダム過ぎて不便な気もするのですが、ここには別の縛りがあります。つまり、名詞、特に“刷子”(ブラシ)のような基本形の語はニュートラルな状態であって、文章の中で使うときは、“毛刷”(材料を強調)、“玻璃刷”(用途[ガラス用]を強調)など、伝えたい内容に合わせて変化させる必要があるというものです。

 

ですから、今回の課題文のように「はしご状」と「脚立状」が同一文中に出現したら、“直梯”“马梯”のように、字数や構成が揃う訳語を探すか、自分でひねり出さねばなりません。

 

ありものを使う場合も注意が必要です。割り箸は“卫生筷”(衛生的な箸)、“一次性筷子”(使い捨ての箸)、“免洗筷”(洗わなくていい箸)など様々な言い方ができます。しかし、「森林破壊を防ぐため、間伐材を使った割り箸です」という文脈に、“一次性筷子”はふさわしくありません。この場合は“卫生筷”など別の言い方を選ぶべきでしょう。

 

場面に合わせて名前を変えるということは、「君の名は?」の答えはやはり、「好きだ」が正解なのかも……お屠蘇気分が抜けきっていないレポート、失礼いたしました!

| 授業ルポ | 10:00 |
授業体験レポート:2017秋【英語編】第5回 「spirit of resilience」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第5回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

丸第9回目 英日授業 

 

全18回の基礎科クラスも中間試験を終え、折り返し地点に来ました。ただでさえ世の中は師走の忙しさですが、加えて授業の復習や準備がてんこ盛りで、一週間が本当にあっという間です。半ば受験生のような生活ですが、いつの日か、スクールで学んだ時期は充実した時間だったと思い返すことができるでしょう(笑)。

 

中間テスト後、初めての授業だったので、講師から総評を聞いた後、出題された日本語訳の確認をしました。「復習は正しい訳語を覚えるチャンス」「初見対策にもっと時間を割く」「訳出訓練の絶対量を増やす」「話者の立場までおもんばかって話す」。講師からの指摘で特に心に留めておこうと思ったこの4点は、期末に向けての勉強に生かしていきたいです。

 

試験の振り返りの後、気落ちしている暇もなく、今回の授業の初見テーマUS−China Cooperation(米中協力)に移ります。あまりに幅広いテーマなので、事前準備でどの分野を掘り下げるか迷いましたが、ふたを開けてみると、手ごわい経済分野。金融関係者は話すのが早いというイメージ(?)があるのですが、今回のライブ音声はとにかく早い!!

 

経済協力がスピーチの主な内容だったので、clearing bank (決済銀行)、certificate of deposit in Chinese currency(人民元建て譲渡性預金証書)、interbank bond market(銀行間の債券市場)など、金融の専門用語が連発される箇所は、背景知識なしにはかなり難しいと感じました。逆に言うと、馴染みのある分野はリスニングの負荷がぐっと下がるので、少しずつ専門性を広げる努力をしていこうと思います。

 


丸第10回目 日英授業

 

日英も試験の個人評価表が手渡される日。落ち込んでも立ち上がるresilienceが必要な日でもあります。(ショックでぼーっとしていたら、授業でおいていかれる。笑)いつものように単語テストをした後、試験内容の確認をしました。家で自分の訳出を聞いて自己評価を書いてきたので、講師からの指摘とアドバイスに深く納得します。

 

その後、初見教材「核兵器禁止条約」を使って逐次通訳をしました。講師から出された今日の目標は、high context culture(高文脈文化)の日本語から、必要なことは言葉にするlow context cultureである英語に訳す際、省略されている情報をうまく処理することです。言葉に表現されていない情報を文脈の中で相手に汲み取ってもらうのが日本語ですが、これを直接切り貼りしただけの英訳にすると、リスナーにとって「?」となるのです。

 

例えば、
「その背景ですが、一向に核軍縮を進めないアメリカやロシアに対する苛立ちがあると思います。核の抑止、恐怖の均衡という20世紀型の安全保障の限界を示したことに歴史的な意味はあるのだろうと思います。」

 

核兵器禁止条約が制定された過程についてのコメンテーターの意見ですが、日本語では理解できても英語に訳する際、見えない主語を正確に訳さないと意味があいまいになってしまう典型です。1文目は非核保有国が持つ苛立ちですが、2文目の隠れた主語は条約です。

I think there is a historic significance in that it (the treaty) demonstrated the limits to the 20 century type of security regime grounded on…となります。

 

主語がはっきりしない時、私はつい安易にweやtheyとしてしまう癖があるので、処理の工夫も今後の課題になりそうです。

 

 

| 授業ルポ | 10:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode