通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


【12月開講】短期集中コース [中国語] 「通訳のための中国語ブラッシュアップ」クラスのご紹介

四葉のクローバー​​【12月開講】短期集中コース

「通訳のための中国語ブラッシュアップ」
[東京校] 12/7・14・21・1/11・18・25(土)10:00〜12:00 (全6回)※12/28・1/4は休講

------------------------------------------------------------------------

 

これから通訳訓練を受ける日本語母語者向けの、中国語の底上げを図るためのクラスです。リスニングとスピーキングを中心に練習を行い、必要に応じ発音のクセをとり、声調も安定させます。

 

リスニングでは「rとl、 Zhu とChu、Yingと Yong」など間違いやすい音声を正確に聴き取ると共に、フレーズを覚えることによって、文の前後の関連性を把握し、情報の区切りを明確にする練習を行います。

 

例えば、

在促销活动中起到应有的作用。
在促销活动中拥有绝对的优势。

顾客要求,我们准备参加此次展会。
顾客要求,我们准备参加此次展会。

 

赤字部分が区別できるように、聞き取り方のポイントを解説します。それを踏まえて練習をすることで、確実なリスニング力を身につけます。

 

スピーキングは平坦な日本語の発音、発声から脱却し、抑揚のある生き生きした中国語を話せるようになることをめざします。中国のアナウンサー養成用教材から文章とフレーズを厳選し、正確かつ大きな声で発音とイントネーションを把握できるよう練習していきます。

 

通訳訓練で使用する教材と共通分野の教材を使用しますので、今後通訳訓練を受ける場合も違和感なく移行することができます。

 

担当の張意意先生は証券会社を経て、コンサルティング会社を経営し、現役の通訳・翻訳者として活躍しています。

通訳訓練はハードルが高いと思われる方、まず語学力をブラッシュアップして自信を持って次の段階に進んでください

 

------------------------------------------------------------------------

四葉のクローバー​​【12月開講】短期集中コース

「通訳のための中国語ブラッシュアップ」
[東京校] 12/7・14・21・1/11・18・25(土)10:00〜12:00 (全6回)※12/28・1/4は休講

 

短期集中コースでは、入学金・レベルチェックテスト不要です
受講特典あり!
クラスの詳細、お申し込みはこちらから:

https://www.issnet.co.jp/courses/c_i_short.html#feature5
------------------------------------------------------------------------

<関連記事>

クラスを担当する張意意先生の関連情報もご参考にどうぞ。

丸講師紹介:張意意先生

丸中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)

------------------------------------------------------------------------

 

| 【中国語通訳コース】 | 10:23 |
【12月開講】短期集中コース [中国語] 「日⇔中医療通訳入門」クラスのご紹介

 四葉のクローバー【12月開講】短期集中コース 
日⇔中医療通訳入門
[東京校] 12/7・14・21・1/11・18・25(土)13:00〜15:00 (全6回)※12/28・1/4は休講

------------------------------------------------------------------------

 

医療分野に特化し、日中通訳を学ぶためのクラスです。導入として、医療通訳と一般的な通訳の違いから、医療通訳に求められること、守るべき基本倫理、文化的背景の違いの理解、日本の医療機関の診察手順、医師による診断手順などを学びます。

以降は一般的な健康診断に必要な各種医療・医学知識の習得を図るとともに、日⇒中/中⇒日の通訳演習を進めていきます。6回で医療通訳の基礎となる心構え、医療知識を身につけることをめざします。

情熱あふれる指導が好評の藤上理奈先生は、本分野のパイオニア的存在です。実際に現場で稼働できる医療通訳士はそれほど多くはなく、先生は自身で優秀な人材を養成することを切望しています。こちらは藤上先生から皆さんへのメッセージです。

「基本をじっくり固める授業になります。医療通訳現場の研究から見出した、通訳のミッションや資質、通訳としての『おもてなし』を教えます。医療知識はもちろんのことですが、『文化の仲介者』としての役割も大変重要になってきています。皆さん一緒に学びましょう!」

以前受講された方からは次のようなご感想をいただきました。

・藤上先生はこの分野への造詣が深く、育成にもひとかたならぬ熱意をもっておられる印象を受けました。
・ご自身の知識や情報を惜しみなく提供し、講義のみならず人間的な魅力も感じられました。
・教材、教授法ともに事前に整理され、高度な内容も分かりやすく説明していただきました。引き続き指導を受けたいと思います。

今後も増々多くの外国人が様々な目的で日本を訪れるようになります。その時になってからでは間に合いません。今から地道に力を付けて、将来に備えましょう!

 

丸カリキュラム丸

 

概論(入門知識)

 

第1回:

医療通訳理論

・医療通訳とは? 他の通訳との相違点とは? 

・医療通訳の役割・倫理規定

・体の仕組みの入門知識

医療通訳接遇作法・マナー

・民族における異文化背景・医療習慣の違い

・医療コミュニケーション能力

・医療言語の心・美しい作法

 

分論(医学知識)

 

第2回:医学知識

・消化器系(器官名称の日中語・病名の解説)

・訳出演習

・課題練習

 

第3回:医学知識

・循環器系(器官名称の日中語・病名の解説)

・訳出演習

・課題練習

 

第4回:医学知識

・免疫の仕組み(器官名称の日中語・病名の解説)

・診断書翻訳法

・課題練習

 

第5回:医学知識

・糖尿病について(器官名称の日中語・病名の解説)

・健診報告書翻訳法

・課題練習

 

第6回:医学知識

・糖尿病について

・訳出演習

・課題練習


------------------------------------------------------------------------
 四葉のクローバー【12月開講】短期集中コース 
日⇔中医療通訳入門
[東京校] 12/7・14・21・1/11・18・25(土)13:00〜15:00 (全6回)※12/28・1/4は休講

 

短期集中コースは入学金・レベルチェックテスト不要です。
受講特典あり!クラスの詳細、お申し込みはこちらから:
https://www.issnet.co.jp/courses/c_i_short.html#feature2
------------------------------------------------------------------------
<関連記事>
丸中国語通訳コース特別セミナーレポート「医療通訳の現状と将来の展望」

------------------------------------------------------------------------
 

| 【中国語通訳コース】 | 10:23 |
【12月開講】短期集中コース [中国語] 「日⇔中通訳基本訓練」クラスのご紹介

 

四葉のクローバー【12月開講】短期集中コース
「日⇔中通訳基本訓練」
[東京校] 12/7・14・21・1/11・18・25(土)17:15〜19:15(全6回)※12/28・1/4は休講

-------------------------------------------------------------------

通訳経験の無い方、通訳訓練が初めての方に最適のクラスです。全6回の授業で日⇒中訳中⇒日訳を50%ずつバランスよく訓練します。単語レベルの訳出、練習した単語が含まれる短文の訳出、短文の内容が含まれる長文の訳出と無理なくレベルアップが図れます。

シャドウイング、リピーティング、パラフレーズなど、通訳の基本訓練を行うことにより、しっかりとした訳出力を身につけることができます。

シャドウイング:ネイティブの語感をそっくり真似ることにより身につける。
リピーティング:原文と全く同じように再現することにより、短期記憶力を養成する。
パラフレーズ:意味を変えずに別の言い方で表現することにより、表現パターンを豊富にする。

教材は実際の通訳場面 で必ず出会う「式辞挨拶」を使用します。

日本語母語者と中国語母語者が一緒に訓練を受けることができるのも、アイ・エス・エス・インスティテュートの特徴です。中国語母語者の日⇒中訳、日本語母語者の中⇒日訳はお互い大変参考になります。訳出パターンは千差万別ですので、多くの訳例を聞くこと自体がよい勉強になります。

受講後は、最初は聞き取れていたものの、分からない単語が出てきたために、全ての内容を忘れてしまったり、大体の内容は分かったけれども、最後まで訳出ができず、途中で止まってしまうということはなくなります。

日本語と中国語が話せる人から、日本語と中国語の通訳ができる人になることをめざします。(訓練を通して)少なくとも、通訳とはどのような作業なのか、ということを意識することができます。

担当は近藤はる香先生(中⇒日訳)顧蘭亭先生(日⇒中訳)です。お二人とも現役通訳者でアイ・エス・エス・インスティテュート中国語通訳者養成コース基礎科1担当です。

2020年[春期]4月レギュラーコースから本格的に通訳訓練を始めることを考えられている方にも是非おすすめです。

 

-------------------------------------------------------------------

四葉のクローバー【12月開講】短期集中コース
「日⇔中通訳基本訓練」
[東京校] 12/7・14・21・1/11・18・25(土)17:15〜19:15(全6回)※12/28・1/4は休講

 

短期集中コースは入学金・レベルチェックテスト不要です。
受講特典あり!クラスの詳細、お申し込みはこちらから:

https://www.issnet.co.jp/courses/c_i_short.html#feature1

-------------------------------------------------------------------

<関連記事>
クラスを担当する先生の講師紹介ページもご参考にどうぞ。

丸講師紹介:顧蘭亭先生

丸講師紹介:近藤はる香先生

-------------------------------------------------------------------

 

| 【中国語通訳コース】 | 10:22 |
【12月開講】短期集中コース [中国語]「日⇔中医療通訳基礎」クラスのご紹介

 四葉のクローバー【12月開講】短期集中コース
日⇔中医療通訳基礎」
[東京校] 12/7・14・21・1/11・18・25(土)10:30〜12:30 (全6回)※12/28・1/4は休講
------------------------------------------------------------------------


本クラスは「日⇔中医療通訳入門」の上級レベルクラスです。さらに高いレベルで、より多くの専門知識を身につけていただくことができます。今回このクラスの受講をご検討されているみなさまへ、担当の藤上理奈先生からのメッセージをお届けします。

-----------------------------------------
中国では、富裕層の人たちの健康に対するブランド志向が高まりつつあり、これから健診・治療のために日本を訪れる人たちは後を絶たないでしょう。希望者が長蛇の列になる日はそれほど遠くないと私は思っております。

理由としては、

既に日本の医療を体験した人たちが自ら「医療ツーリズム」の起業に乗り出している。
企業ルートを探りつつ市場覇権を夢見ている人たちが出始めている。

ことが挙げられます。

現在、健診・治療のために来日する人々はかなりの勢いで伸びてきています。「医療ツーリズム」の起業が盛んになり、今後は更にペースを上げていくでしょう。
それに伴い医療通訳士の質の向上が課題になります。私自身は通訳士の養成を軌道に乗せるべく、日々奮闘しているところです。

これからは医療通訳業界も節目の時代を迎えると予想しております。
これを証明するかのように、医療知識はもちろん、高い言語能力や品質の高い医療通訳スキルがカギとなる時代がやって来ています。このため医療通訳士の育成を軌道に乗せることが望ましく、且つ必然であると思いますので、ISSではこれに先駆けて医療通訳における医学知識、言語力、通訳スキル(資質、作法、モラルなど)の3本柱を基本的枠組みとして講座を組み立てております。

医療観光が本格的に始まった当初より将来を見据えて現場での実践体験を重ねながら、常に課題を持って研究し、その育成における理論やポリシーを築いてきました。おかげさまで、医療通訳の現場で大変に高い評判をいただいております。

これからは、間に合わせの通訳士は淘汰される可能性が十分あります。何故なら、本来の医療通訳士の姿ではないからです。実際に誠実に仕事ができる通訳士は生き残っています。これは質が低くて安い通訳士と比較してしっかりとした実力(スキル)を身につけていれば淘汰されないということです。

医療通訳は学問であります。ある程度の医療用語を暗記するだけで現場に臨むことは非常に危険です。医学知識、言語知識や日中双方の文化の違いをも踏まえた通訳スキルを身につけなければなりません。

本クラスでの学習を通じ、皆様が医療ツーリズムの現場で即戦力として品質の高いサービスを提供できる医療通訳士になられることを切に願っております。

-----------------------------------------

 

丸カリキュラム

 

第1回:

・医療通訳におけるスキル

・呼吸器系(器官名の日中語・病名解説)

・逐次通訳

 

第2回:

・泌尿器系(器官名の日中語・病名解説)

・逐次通訳

 

第3回:

・感覚器官

・逐次通訳

 

第4回:

・画像検査知識

・逐次通訳

 

第5回:

・がん治療前線(先端治療技術)

・逐次通訳

 

第6回:

・人間ドック通訳編(模擬通訳)

・第4がんの治療意義


------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー【12月開講】短期集中コース
日⇔中医療通訳基礎」
[東京校] 12/7・14・21・1/11・18・25(土)10:30〜12:30 (全6回)※12/28・1/4は休講


短期集中コースは入学金・レベルチェックテスト不要です。
受講特典あり!クラスの詳細、お申し込みはこちらから:

https://www.issnet.co.jp/courses/c_i_short.html#feature4

------------------------------------------------------------------------

<関連記事>
丸中国語通訳コース特別セミナーレポート「医療通訳の現状と将来の展望」

------------------------------------------------------------------------
 

| 【中国語通訳コース】 | 10:21 |
2019年秋期[中国語] 早わかりオープンスクール&体験レッスン活用ナビ

 

いよいよ2019年[秋期]10月開講レギュラーコースの募集が始まりました!

各コースの授業内容について、理解を深めることができる様々な無料イベントが開催されますが、ここではオープンスクールと体験レッスンを組み合わせ、1日でより多くのイベントにご参加いただける方法をご紹介いたします。

中国語コースのオープンスクールは特別セミナー、体験レッスン、レベルチェックテストのすべてを一日で無料体験できるイベントです。
*翻訳コースは試験問題を直接お渡し、在宅受験となります。


オープンスクール通訳(9/7)翻訳(9/1)ビジネスコミュニケーション(9/14)、の各コースについてそれぞれ1回開催されますが、同じ日に別コースの体験レッスンも実施していますので、オープンスクールと組み合わせて、一日で複数コースの体験レッスンに参加することができます。

例えば午前中翻訳、午後通訳、夕方ビジネスコミュニケーションという形で組んでありますので、どのコースを選択しようか迷っている方にはこのような参加方法もお勧めです。

時系列で並べると分かりやすいと思いますので、ご覧ください。


丸9/7(土) 通訳コース オープンスクール
 10:00-11:30 翻訳体験レッスン
 その後に、

 

 12:00-13:00 通訳特別セミナー
  通訳訓練法 パラフレーズの活用
 13:15-14:45 通訳体験レッスン
 15:30-17:00 通訳レベルチェックテスト



丸9/1(日) 翻訳コース オープンスクール
 11:00-12:00 翻訳特別セミナー
  直訳か意訳か?場面に応じた訳し分けの方法
 12:15-13:45 翻訳体験レッスン

 その後に、
 15:00-16:30 通訳体験レッスン
 16:45-18:15 通訳レベルチェックテスト


丸9/14(土) ビジネスコミュニケーション オープンスクール
 10:30-12:00 通訳体験レッスン
 12:45-14:15 通訳レベルチェックテスト
 または、
 13:30-14:30 ビジネスコミュニケーション特別セミナー
   中国語の新語を覚えよう! 
 14:45-16:15 ビジネスコミュニケーション体験レッスン
 16:20-17:20 ビジネスコミュニケーションレベルチェックテスト*
  *ビジネスコミュニケーションのレベルチェックテストはお一人10分ずつです。


上記3日程のいずれかにご参加いただければ、入学金全額免除超早割引キャンペーン9/19(木)までにお申し込み・受講料の納入が必要です)に間に合います。

 

 

丸9/28(土)

オープンスクールではありませんが、通訳、翻訳、ビジネスコミュニケーションコースの体験レッスン、レベルチェックテストを実施します。開講前最後のイベントです。


 10:30-12:00 通訳体験レッスン

 

 その後に、
 13:15-14:45 翻訳体験レッスン

 または、

   13:00-14:30 通訳レベルチェックテスト

 

 その後に、

 15:00-16:30 ビジネスコミュニケーション体験レッスン
 16:30-17:30 ビジネスコミュニケーションレベルチェックテスト

長時間になりますが、半年に一回のチャンスですので、この機会を是非お見逃しなく!

------------------------------------------------------------------

2019年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

 

中国語通訳者養成コースオープンスクールのお申し込みはこちら

中国語翻訳者養成コースオープンスクールのお申し込みはこちら

中国語ビジネスコミュニケーションコースオープンスクールのお申し込みはこちら


------------------------------------------------------------------

 

| 【中国語通訳コース】 | 09:43 |
中国語コースのレベルチェックテストについて



ISSインスティテュートの中国語コース(中国語通訳者養成コース中国語翻訳者養成コース中国語ビジネスコミュニケーションコース)のレベルチェックテストについてご紹介します。

そもそもレベルチェックテストとは?

最適のクラスをご紹介するために、ISS入学前に受験いただくテストのことです(問題は、簡体字版・繁体字版をご用意しています)。

現在の通訳力・翻訳力・語学力を測定すると同時に、今後の学習の指針としてお役立ていただける個別評価表もお送りします。


中国語通訳者養成コースのレベルチェックテストの内容
筆記テスト60分+通訳力テスト30分=90分のテストです。中日・日中の両方向の訳出力が測定されます。通訳経験があまりなくても答えられる文から難しい文まで問題はバラエティに富んでいます。

ちょっとだけヒント:
事前準備として、時事問題の中国語・日本語表現をおさらいしておくと良いと思います。


中国語通訳者養成コースのレベルチェックテスト:
日程&受験のお申し込みは こちら



中国語翻訳者養成コースのレベルチェックテストの内容
自宅で中日、日中翻訳課題に取り組み、1週間以内に返送するタイプの翻訳テストです。中日・日中の両方向の訳出力が測定されます。返送期限はありますが、「何時間までかけてよいか」などの制限はありません。

ちょっとだけヒント:
自宅受験ですので、辞書使用のみではなくインターネット検索もOK。ただ、オンライン翻訳ではピントはずれの訳語が出てくることも多いので、精査が必要です。

 

中国語翻訳者養成コースのレベルチェックテスト:
テストの詳細&受験のお申し込みは こちら


中国語ビジネスコミュニケーションコースのレベルチェックテストの内容
当校講師の中国語によるインタビューで「読む」「話す」の技能を診断いたします。口頭で10分間のインタビューなので、通訳・翻訳に比べて負荷は軽いのではないでしょうか。

ちょっとだけヒント:
講師はいきなり謎の難しい表現を用いたりはしませんので、ご安心を。リラックスして自然体でインタビューに臨んでくださいね。

 

中国語ビジネスコミュニケーションコースのレベルチェックテスト:
日程&受験のお申し込みは こちら

レベルチェックテストが無料になります!
特別セミナー、コース説明会、無料体験レッスンなどのイベントにご参加いただきますと、全コース共通のレベルチェックテスト無料チケットがもらえます!ぜひご活用ください。


<関連記事>
英語通訳者養成コースの個別評価表(フィードバック)付きレベルチェックテスト
英語翻訳者養成コースのレベルチェックテストについて


 

| 【中国語通訳コース】 | 09:32 |
[中国語]OJT体験レポート
ISSインスティテュートでは、授業で学んだことを実際の現場で実践する機会としてOJT(*)を実施しています。
 
今回は、先日OJTでお仕事をされた、東京校中国語通訳コースに在籍する郭 恪菲(かく かくひ)さんの体験レポートをご紹介いたします。

事前準備では、大量の単語のインプットと担当企業や製品についての勉強と調査に苦労された郭さんでしたが、これらの準備が現場でどのように役立ったのでしょうか。


◆OJT体験レポート
中国語通訳者養成コース(通訳科2クラス) 郭恪菲さんのレポート
「日本貿易振興機構(JETRO)主催『環境分野における商談会』での通訳体験」

 
※OJT・・・"On the Job Training"の略称で、仕事を通じて訓練を行うことを指します。

 
| 【中国語通訳コース】 | 16:15 |
中国語通訳「通訳科1」クラス(中国語通訳者養成コース)のご紹介

中国語通訳者養成コース「通訳科1クラスでは、専門的な内容の短文逐次通訳や一般的な内容の長文逐次通訳のスキルの習得を目指します。また、プロデビューを見据えて、仕事の準備のための方法も身につけます。理論と実践を融合した訓練を通して、通訳者としての心がまえや役割、規範といったプロ意識を高め、公式且つ対外的な通訳現場でも稼働できるレベルを目指します

授業では、逐次通訳訓練やサマライズ(要約訓練:日本語⇒日本語、中国語⇒中国語)、ノートテイキング(通訳者のメモの取り方)などの訓練を行います。使用する教材は、インタビューやディスカッションの動画など、ネイティブスピードのライブ音声です。実際の通訳現場では、必ずしもすべての話者がアナウンサーのように美しい日本語・中国語で話しているわけではないため、通訳者が頭の中で情報を整理・編集する必要があります。より実際の現場に近いライブ音声教材を使用することで、現場で対応できる実践的な通訳力を養成しています。

毎回の授業は、講師からの訓練内容の予告をもとに、受講生が各自で準備を行った上で臨んでいただきます。講師からの予告は、あたかもエージェントから仕事を受注したような形式に模して行います。こうすることで、少しずつプロとしての心構えも身に着けていただきます。

そして、このクラスでは「合同授業」を実施しています。これは学期の最後に「通訳科1」「通訳科2」クラスが合同で実施しているもので、外部からスピーカーをお招きし、現場とほぼ同じ環境で実践的な通訳訓練を行う場となります。「通訳科1」受講生は逐次通訳、「通訳科2」受講生は同時通訳をそれぞれ担当します。過去には、ジャーナリスト・歯科医師・映画評論家・能楽師など、幅広い分野のスペシャリストの方々に外部スピーカーとしてご参加いただきました。実際の仕事と同じ緊張感を持って行われるこの「合同授業」では、受講生の実力を測ることができます。「自分の予想より良くできた」「想定外の単語が出てきたけれども何とか乗り切ることができた」「上手に通訳できなかった」など様々な感想を耳にしますが、ご自身でその時点での対応力や足りない力を把握することができるため、大変好評です。もちろん講師からパフォーマンスについての評価もあります。この「合同授業」を通じて得られる様々な経験は、将来プロとして通訳をする時に必ず生きてくることでしょう。



中国語通訳者養成コース「通訳科1」クラスの詳細・お申込みはこちら

2013年[秋期]10月開講レギュラーコースの詳細・キャンペーン情報はこちら

[中国語通訳]レベルチェックテスト追加開催:[東京校]10/19(土)、10/26(土)、11/2(土)、11/9(土)
| 【中国語通訳コース】 | 09:18 |
中国語通訳「基礎科1」クラス(中国語通訳者養成コース)のご紹介

プロの通訳者を目指しているので、そのための勉強法やテクニックを習得したい
「中国語または日本語のレベルアップを図っているが、普通の会話学校では物足りなさを感じている

このような方に、ISSの中国語通訳者養成コースの「基礎科1クラスは最適です!
このクラスでは、通訳を行うための両言語の語学力強化を目標としています。日中両言語の違い(起点言語の理解中心)を習得し、実践の土台となる基礎的な通訳スキルを獲得します。社内のアテンド業務や初歩的なガイド通訳・視察の通訳がこなせるレベルを目指します。

<クラスの特長>
・語彙・聴解力の強化を毎回行い、確認する
・自然な表現力を追求する
・通訳の基礎・スキルを習得する
・広範囲にわたり、基礎知識の強化を行う

授業で行うことをもう少し具体的に紹介します。

語彙・用語を増やすため、単語・用語帳を作成し、テストを通して確認・強化する
・その為に教材に加えて、新聞記事やテレビに対しアンテナを張り、語彙・情報・知識を習慣的に吸収し、整理するようにする
・教材を使い、クラスの前に立って通訳をする訓練を行い、なんとなく通じる表現ではなく、適切な表現力を身につけるようにする
・細部に留意しながらもポイントに焦点をしぼり、直訳ではない、前後関係を考えた通訳をできるようにする
・聴解力アップのために、ディクテーションを行う
通訳としての心得、テクニック(メモのとりかた、即応力、直訳の回避、事前準備の仕方等々)を説明し、確認する


担当講師からメッセージをいただきました
--------------------------------------------------------------
絹見憲淑先生より
●通訳者を目指している方々へ:
お一人ではオーディアンスを前にした練習は困難であるはずです。ISSであれば、緊張しながらも、自分を落ち着かせ、通訳する訓練が可能です。又、何をどのように準備すべきか、メモはどのようにとったらよいのかを含み、現場で実際に使える各種スキルを身につける事が可能です。

●語学のレベルアップを目指している方々へ:
通訳者養成のコースであるので、普通の語学のコースと比較し、より広範囲でより厳格なカリキュラムになっており、期末で一定の達成感を必ず感じて頂けます。
--------------------------------------------------------------
顧蘭亭先生より
本班使用各种常用素材进行口译练习,在提高语言表达能力的同时,掌握翻译技巧,为今后的学习以及从事相关语言的工作打好基础。通过具体练习,使大家提高对自己所使用的语言的“意识”,养成积极学习背景知识的习惯,同时克服口语表达中所存在的缺点,以提高综合表达能力。
在本班学习的同学们,虽然学习经历以及所从事的工作各不相同,但大家的目标是一致的,互帮互学的气氛令人欣慰。欢迎各位也来加入我们的行列!希望这里能成为你又一个新的起点。
--------------------------------------------------------------


中国語通訳者養成コース「基礎科1」クラスの詳細・お申込みはこちら

2013年[秋期]10月開講レギュラーコースの詳細・キャンペーン情報はこちら


| 【中国語通訳コース】 | 15:15 |
中国語通訳「基礎科」クラス(中国語通訳者養成コース)のご紹介

中国語通訳者養成コース基礎科1、2では、通訳に必要な基礎力を確実に身につけ、将来に備えた土台作りを行います。

基礎科1では社内のアテンド業務初歩的なガイド通訳視察の通訳に対応できるレベル、基礎科2では視察通訳や簡単な商談通訳ガイド通訳などの社内通訳業務がこなせるレベルをそれぞれ目指します。

訓練は日本語から日本語、中国語から中国語へのリピーティングから始めます。メモをとらずに短期記憶力を養成する短文逐次通訳から、メモをとりながらの長文逐次通訳へと段階を踏んで無理なく進めていきます。

クラスでは日本語母語者、中国語母語者が一緒に学んでいます。日本語母語の方にとっては中国語母語の方の日⇒中訳が参考になりますし、中国語母語の方にとってはその逆のことが言えると思います。

授業で質の高い通訳パフォーマンスをするためには、分からない単語を調べたり、背景情報、周辺知識を身につけるなどの事前準備が欠かせません通訳業務に必要な様々な事柄を授業を通じて習慣づけしていきますので、通訳科レベルに進級した際にもそれらの経験は役に立つでしょう。


中国語通訳者養成コース「基礎科」クラスの詳細・お申込みはこちら

中国語通訳「基礎科2」クラスの授業ルポ(2012年秋期)はこちら


| 【中国語通訳コース】 | 11:50 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode