通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


2019年10月レギュラーコース 【英語翻訳】金融・IR翻訳クラスのご紹介

au19.png

 

企業が投資家に向けて発信する投資の判断材料となる経営戦略・方針や業績等の情報を、迅速かつ的確に提供することの重要性が高まっており、同時にその環境整備が企業に求められています。また、海外投資家の日本株保有比率は上昇しており、企業の情報を、日本語を母国語としない投資家や証券アナリストなどへ、英語で伝えることのニーズも増加しています。

 

このような環境で、翻訳者が果たす役割も非常に重要になっています。さらに、翻訳現場では、金融・財務に関する知識や日本語から英語に翻訳する技術だけでなく、個々のクライアントからの依頼内容や過去訳への配慮といった柔軟な対応も求められます。

 

ISSインスティテュートでは、金融・IR翻訳市場を熟知している、グループ会社で日本最大の翻訳会社である(株)翻訳センターの金融・法務営業部と、同社の専属翻訳者として活躍中の小林久美子先生とともに、実務に近い、仕事につながる訓練を提供するクラスを開発、開講しています。

 

小林久美子先生は、ニューヨーク大学大学院(スターン・スクール)修了後、外資系金融機関にて、人事シニアマネージャーとして業務に携わるとともに、業務(人事、財務、オペレーション、およびM&A)関連の文書の翻訳にも携われてこられました。翻訳者として独立した後は、それまでのご経験を活かして、(株)翻訳センターの専属翻訳者として金融・IR分野の翻訳案件を担当されています。


クラスでは、市場のニーズに合わせて小林先生が中心となりカリキュラムを作成し、習得スキルや項目、達成目標を決定。翻訳スキルとあわせて、金融・IR分野の知識強化も可能です。

 

 

インターネットクラスについて

 

「金融・IR翻訳」クラスには、インターネットクラスが併設されています。毎週の授業を録画し、ストリーミング配信される動画で受講していただきます。遠隔地にお住まいの方や、毎週同じ曜日、同じ時間に通学することができない方などにおすすめの受講スタイルです。

 

授業動画は、授業の翌日から10日間配信され、24時間いつでもご視聴可能です。なお、通学クラスの方も同じ動画をご視聴いただけますので、出張や残業で欠席や遅刻をされた時などは補講用としてご利用いただけます。

 

また、インターネットクラスの方も東京校で毎週実施されている、ご自身が在籍する通学クラスの授業にいつでもご参加いただけます(通学クラスに空席がある場合のみ)。ISSインスティテュートの翻訳クラスは通学クラス、インターネットクラス間の行き来が自由となっています。

 

 

クラス修了後、成績優秀と評価された方は実務経験の有無を問わず翻訳者やチェッカーとして、翻訳センターでのトライアル受験の権利が付与されるなど、多様なキャリアパスをご用意しています。

 

ISSインスティテュートの「金融・IR翻訳」クラスは、実務に近い、仕事につながるクラスです。

 

-------------------------------------------------------------------
動画で見る、金融・IR翻訳クラスの体験レッスン 四葉のクローバー視聴特典あり
こちらから視聴できます  
-------------------------------------------------------------------
2019年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申し込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申し込みはこちら
-------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |
2019年10月レギュラーコース 【英語翻訳】医薬翻訳クラスのご紹介

au19.png

 

現在ISSインスティテュートでは10月レギュラーコースの受講のお申し込みを受付中です。コース説明会や体験レッスンを開催し、クラスのご紹介だけでなく、翻訳業界の現状や市場別のトレンドをお知らせしています。今回、「実務に近い、仕事につながる」ISSインスティテュートの専門別翻訳科「医薬翻訳」クラスについてご案内いたします。

-------------------------------------------------------------------


医学・薬学の専門知識がなくても、安心して訓練をスタートできます!
専門別翻訳科「医薬翻訳」クラスでは、医学・薬学の専門知識をお持ちでない方にも安心して訓練をスタートしていただけるカリキュラムをご用意しています。このカリキュラムは、医薬翻訳業界を熟知したプロ翻訳者が、 医薬翻訳業務で受注頻度の高い文書を教材に採用し、効率よく医薬翻訳について知識を深め、スキル向上をめざすことができる内容となっています。

 

クラスを担当する津村建一郎先生は、およそ30年にわたり外資系製薬メーカーにて新薬の臨床開発業務(統計解析を含む)に携わったのちにフリーランスとして独立。医薬翻訳業務のほか、Medical writing(治験関連、承認申請関連、医学論文、WEB記事等)、医薬品開発に関するコンサルタント等、豊富な実務経験がおありです。

 

授業では、医薬翻訳訓練をスタートされる方のために、クラスの達成目標とともに、講座全体の流れ、そして各回の講義のねらいを整理してお伝えし、医薬翻訳講座全体の理解度を深めていただきます。学ばなくてはならないことは何か、そして、学んだことはどのように役立つのかということを正確に理解していただくことで、ご自身の目標が明確に定まります。

 

医薬翻訳業務で受注頻度の高い、副作用・安全性報告、CTD(新薬承認申請資料)、CSR(治験総括報告書)、プロトコール(治験実施計画書)等の実際の文書を教材として使用し、これらのドキュメントが規制当局のどのような規制や法令(GCP、GVP等)に準拠しなければならないかを理解した上で、分野特有のスキルの習得をめざします。

 

また、クライアントの求める品質レベルやニーズにマッチした訳文を提供するため必要なスキルを、授業を通して身につけていきます。

 

インターネットクラスについて

医薬翻訳クラスには、インターネットクラスが併設されています。毎週の授業を録画し、ストリーミング配信される動画で受講していただきます。遠隔地にお住まいの方や、毎週同じ曜日、同じ時間に通学することができない方などにおすすめの受講スタイルです。

 

授業動画は、授業の翌日から10日間配信され、24時間いつでもご視聴可能です。なお、通学クラスの方も同じ動画をご視聴いただけますので、出張や残業などで欠席や遅刻をされた時などは補講用としてご利用いただけます。

 

また、インターネットクラスの方も東京校で毎週実施されている、ご自身が在籍する通学クラスの授業にいつでもご参加いただけます(通学クラスに空席がある場合のみ)。ISSインスティテュートの翻訳クラスは通学クラス、インターネットクラス間の行き来が自由となっています。

 

クラスの目標
クラス修了時の成績が優秀な方には、翻訳の実務経験の有無を問わず、翻訳センターの医薬部門で行っている翻訳トライアル受験の権利が付与されます。ISSインスティテュートと、医薬翻訳について豊富なノウハウと確かな情報を持つ翻訳センターは、教材、カリキュラム開発から訳出の指導、クラス修了後のプロデビューまで強力にサポートいたします。


安定的な需要が今後も見込まれる医薬翻訳業界でのデビューをめざして、この秋、あなたもプロ翻訳者への道の第一歩を踏み出しませんか。

 

-------------------------------------------------------------------

動画で見る、医薬翻訳クラスの体験レッスン 四葉のクローバー視聴特典あり
こちらから視聴できます  
-------------------------------------------------------------------
2019年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申し込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申し込みはこちら
-------------------------------------------------------------------
 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |
2019年10月レギュラーコース 【英語翻訳】総合翻訳科のご紹介

au19.png

プロ翻訳者に求められるスキルの習得」がISSインスティテュートの「総合翻訳科」が掲げる目標です。基礎力と応用力の両方を身につけられるカリキュラムは、これまでにたくさんのプロ翻訳者を輩出してまいりました。

-------------------------------------------------------------------

授業で行うこと
翻訳スキル、表現力、文法力、構文読解力を段階的、かつ総合的に養成するコースです。

基礎科1では、翻訳に必要な文法力、構文読解力強化のための訓練を行います。講義を通じて文法項目や文章構造の理解を深め、課題の訳出によりスキルの習得、定着を目指します。翻訳する上で欠かせない調査や翻訳作業プロセスの基本も授業の中でお伝えします。課題は、講師が開発、作成したオリジナル教材が中心となり、文章構造の解析を細部まで行い読解力を高めます。

基礎科2では、文法力、構文読解力の完成、クラス修了時に誤訳がゼロとなることをめざします。誤訳の原因となることがある、付随的な知識に基づく訳出をしないために、純粋な英語力を高めて正確な和訳、英訳スキルの完成をめざします。実務に近い内容の課題を使い、商品レベルの訳文品質、プロの翻訳作業プロセスをご理解いただきます。

本科では、完成された翻訳基礎力をもとに、総合的な翻訳力、実務スキルの獲得と多様なドキュメントへの対応力を強化します。基礎科1、2では、原文の正確な理解と分析が、授業の中心となっていましたが、本科訳文の品質向上をめざします。訳文の読み手が誰なのか、訳文の用途は、訳文に求められる効果は何かを考えて訳すことを毎回の授業で実践します。

課題について
課題は、和訳と英訳、50:50(基礎科1は60:40)の割合で出題されます。内容は「実務翻訳」、「産業翻訳」といわれるビジネス文書が中心となり、文学作品や絵本など出版翻訳は扱いません。新聞やウェブサイトに掲載されている記事や論文から、契約書やプレゼンテーション資料、マニュアルや報告書など、課題の種類は多岐にわたります。レベルにあわせて、講師がテーマ、ボリュームを決めて出題します。

 

<課題の量について>
基礎科1: 英日課題400〜600語程度/日英課題200〜400字程度
基礎科2: 英日課題400〜800語程度/日英課題400〜600字程度
本 科:英日課題600〜1,000語程度/日英課題600〜800字程度
※上記は目安です。扱う分野や講師により増減あり。

授業の進め方について
英日、日英の課題を各レベルとも、毎回、課題を訳出し授業の3日前までに提出します。授業までに講師が添削し個別にコメントを記し、授業当日返却します。授業では、課題の解説とともに、課題に関する理解を深め、表現力を高める講義を行います。課題の解説の際にはクラスメート全員分の訳文(添削されていないもの)を配布するので、より良い言い回しや最適な訳語などを、講師の訳例以外からも習得することができます。通信講座にはない、ISSの翻訳クラスの大きなメリットです。

インターネットクラスについて
総合翻訳科のすべてのクラスには、インターネットクラスが併設されています。毎週の授業を録画し、ストリーミング配信される動画で受講していただきます。遠隔地にお住まいの方や、毎週同じ曜日、同じ時間に通学することができない方などにおすすめの受講スタイルです。

授業動画は、授業の翌日から10日間配信され、24時間いつでもご視聴可能です。なお、通学クラスの方も同じ動画をご視聴いただけますので、出張や残業で欠席や遅刻をされた時などは補講用としてご利用いただけます。

また、インターネットクラスの方も東京校、横浜校で毎週実施されている、ご自身が在籍する通学クラスの授業にいつでもご参加いただけます(通学クラスに空席がある場合のみ)。ISSインスティテュートの翻訳クラスは通学クラス、インターネットクラス間の行き来が自由となっています。

-------------------------------------------------------------------
動画で見る、総合翻訳科クラスの体験レッスン 四葉のクローバー視聴特典あり
こちらから視聴できます ※「基礎科」レベルの内容となります。
-------------------------------------------------------------------

コースの目標
総合翻訳科・本科クラスの修了時の成績が優秀な方には、翻訳の実務経験の有無を問わずグループ会社、株式会社翻訳センターで行っている翻訳トライアル受験の権利が付与されます。ISSインスティテュートと、日本最大の翻訳会社株式会社翻訳センターが、受講開始から受講中、さらに修了後のプロデビューまで強力にサポートいたします。

担当講師について

飯竹 恒一(いいたけ こういち・総合翻訳・基礎科担当)
新聞社にて国際報道に携わる一方、英字版で翻訳者、記者、デスクとして勤務。退職後、フリーランス翻訳者・通訳者に。総合翻訳科・基礎科2クラス担当(東京校)。


岩田 香(いわた こう:総合翻訳・基礎科担当 )
フリーランス通訳・翻訳者。広告、IT、メーカー各社での社内通訳・翻訳者の経験を活かして翻訳指導にあたる。総合翻訳科・基礎科2クラスの日英翻訳クラスを担当(横浜校)。

今野 由紀子(こんの ゆきこ :総合翻訳・基礎科担当 )
大使館、通信会社などでのインハウス翻訳者を経てフリーランス翻訳者に。ISSインスティテュート英語翻訳者養成コース修了生。 総合翻訳科・基礎科1、基礎科2クラス担当(東京校)。

 

塚崎 正子(つかさき まさこ :総合翻訳・基礎科担当 )
メーカー勤務を経てフリーランス翻訳者に。各種マニュアル、学術論文、契約書などの英日、日英翻訳を手がける。総合翻訳科・基礎科2クラスの英日翻訳クラスを担当(横浜校)。

 

西山 耕司(にしやま こうじ :総合翻訳・本科担当 )
メーカーでの営業職を経て、社内翻訳・通訳者として外資系企業に勤務後、現在はAI翻訳開発・提供会社にてカスタマートレーニングを担当。翻訳・通訳者として豊富なキャリアを持つ。当校では総合翻訳科・本科クラスの日英翻訳クラスを担当(東京校)。

 

三河 茂夫(みかわ しげお :総合翻訳・本科担当 )

出版社を経て翻訳業界に30年以上従事。翻訳会社で様々な職務を経験し、実際に翻訳者のトライアル評価に携わる。技術系の硬い文章から広報的な軟らかい文章まで様々な翻訳の文章を手がける。当校では総合翻訳科・本科クラスの英日翻訳クラスを担当(東京校)。

 

宮坂 聖一(みやさか せいいち :総合翻訳・本科担当)

翻訳会社代表取締役。コンピュータマニュアル、A/V機器などのテクニカルなものから、政治経済、映画台本、歌詞対訳まで、硬軟問わず幅広く手がける。当校では総合翻訳科・本科クラスを担当(東京校)。


-------------------------------------------------------------------
2019年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申し込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申し込みはこちら
-------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |
2019年10月レギュラーコース【英語翻訳】技術翻訳クラスのご案内

au19.png


専門別翻訳科「技術翻訳」クラスは、機械やエレクトロニクス、IT、エネルギーなど、あらゆる技術によって形成されている自動車産業を中心にカリキュラムを開発し、技術翻訳スキルの向上と、自動車および関連分野の技術や構造の知識を高めることを目標としており、授業もクラスの目標にあわせて、自動車産業を中心とした技術翻訳訓練、そして技術やメカニズム、生産プロセスなどの解説を行う構成となっています。

翻訳訓練は、技術系の翻訳業務経験が豊富な戸田浩先生名村孝先生が担当。知識強化のパートは、現在、グループ会社の(株)翻訳センターで、自動車産業を中心とした工業分野の各種ドキュメントのローカライゼーション業務に従事する西村健二先生が担当します。

 

毎週の授業では、事前に翻訳課題を訳出して訳文を提出していただきます。授業は、この課題訳文の返却からスタートします。講師が添削をした課題訳文は各受講生にお返しします。添削されていない課題訳文はクラスの全員分を全員に配布します。講師の訳例とご自身の訳文、そしてクラスメートの訳文を共有しながら授業を行います。

 

添削済みの訳文からご自身の改善すべき点を把握して、講師訳例、クラスメートの訳文を参考にして訳文の改善を図ることができます。



技術翻訳クラスには、インターネットクラスが併設されています。毎週の授業を録画し、ストリーミング配信される動画で受講していただきます。遠隔地にお住まいの方や、毎週同じ曜日、同じ時間に通学することができない方などにおすすめの受講スタイルです。

授業動画は、授業の翌日から10日間配信され、24時間いつでもご視聴可能です。なお、通学クラスの方も同じ動画をご視聴いただけますので、出張や残業で欠席や遅刻をされた時などは補講用としてご利用いただけます。

また、インターネットクラスの方も東京校で毎週実施されている、ご自身が在籍する通学クラスの授業にいつでもご参加いただけます(通学クラスに空席がある場合のみ)。ISSインスティテュートの翻訳クラスは通学クラス、インターネットクラス間の行き来が自由となっています。

クラス修了時の成績が優秀な方には、翻訳の実務経験の有無を問わず、翻訳センターのトライアル受講の権利が付与されます


このように、ISSインスティテュートと、技術翻訳について豊富なノウハウと膨大な情報を持つ翻訳センターが、教材開発から翻訳訓練の指導クラス修了後のデビューまで強力にサポートいたします。

今後も、翻訳者の需要が増え続ける技術翻訳業界で、あなたもプロ翻訳者への道の第一歩を踏み出しませんか。ISSインスティテュートの技術翻訳クラスは実務に近い、仕事につながるクラスです。

 

-------------------------------------------------------------------
動画で見る、技術翻訳クラスの体験レッスン 四葉のクローバー視聴特典あり
こちらから視聴できます  
-------------------------------------------------------------------
2019年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申し込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申し込みはこちら
-------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |
【英語翻訳コース】個別評価表付きレベルチェックテストについて

 

現在の翻訳力と語学力を測り、当校での翻訳訓練のスタートラインをお知らせする英語翻訳者養成コースのレベルチェックテスト。これまで実施してまいりましたテスト(「総合翻訳テスト」)に加えて、今期より「専門別翻訳テスト」を新設いたします。

 


技術、金融・IR、特許、医薬の4分野から選べる「専門別翻訳テスト

 

分野を絞って翻訳訓練を始めたいとお考えの方のために、今期より「専門別翻訳テスト」実施いたします。テストの結果、受講要件を満たしていると評価された方は、希望された専門別翻訳科のクラスにご入学いただけます。

 

専門別翻訳テスト」は、技術、金融・IR、特許、医薬の各専門分野のクラスを担当する講師が出題、評価を担当。翻訳スキルとあわせて専門知識を問う出題もありますので、翻訳訓練の経験がなくても受講を希望される専門分野での業務経験が豊富な方にも合格のチャンスがあります。

 

評価表では、「専門知識」のほか、「翻訳スキル」、「語学力」について、現在のレベルをお伝えし、また、これからどんな訓練が必要なのか、どんな訓練から始めるべきなのかをお伝えします。

 

なお、専門別翻訳テストの判定結果は該当クラスのみ有効となります。 また、出題内容は、クラスにより異なります。詳しくは、お問い合わせください。

 

 

総合翻訳科、ビジネス英訳科、映像字幕翻訳クラス共通の「総合翻訳テスト


総合翻訳テスト」は、総合翻訳科、ビジネス英訳科、映像字幕翻訳クラス共通の翻訳テストです。判定レベルに応じて、受講するクラスをお選びいただくことができます。英→日、日→英の訳出問題ごとに、原文の正しい理解ができているか正しく訳出し表現されているか訳文の品質アップにつながるリサーチをきちんと行っているか、さらに書き手の意図を理解して訳文に反映させているか原文の内容にふさわしい訳文となっているかなど、細かくチェックして評価表にてお知らせします。

 

問題は、英→日翻訳問題が2題、日→英翻訳問題が1題の計3題です。A4サイズ1枚ほどのボリュームですが、上記のポイントを正確に評価できるように作成されています。「読解」「調査」「表現」、この3つのポイントを意識して、提出期限までの一週間をフルに使ってご自身の力で訳文を完成させてください。

 

評価は、総合翻訳科の「基礎科1」「基礎科2」「本科」、そして「実践実務科」の4レベルでお知らせします。各クラスの受講に必要となる評価レベルは以下のようになります。

 

ビジネス英訳科の基礎科は「総合翻訳テスト」で「基礎科2」、本科は「本科」の判定が必要です。
映像字幕翻訳クラスは「基礎科2」の判定でご受講いただけます。

 

受験されたすべての方に個別評価表をお送りいたしますので、現在の翻訳力を客観的かつ正確に把握でき、今後の学習の指針としてお役立ていただけます。

 

レベルチェックテストの詳細&お申し込みはこちらから

無料体験レッスン、コース説明会、特別セミナーなどイベント参加者には受験料が無料になるレベルチェックテスト無料チケットをプレゼント!

お申し込みはお電話でも承っております。
【03-3265-7103】

<関連記事>
英語通訳者養成コースのレベルチェックテストについて
中国語コースのレベルチェックテスト

 

 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |
2019年10月レギュラーコース 【英語翻訳】映像字幕翻訳クラスのご紹介

au19.png


ISSインスティテュートの専門別翻訳科「映像字幕翻訳」クラスでは、字幕翻訳スキルとあわせて「字幕制作」に関する技術や知識を総合的に学ぶことができます。

「翻訳学校」が開講する「映像字幕翻訳」クラスなので、字幕制作において最も重要な翻訳力と日本語の表現力に重点を置いた指導をおこなっており、開講以来たくさんの方にご受講いただいた理由は、この指導方針にあると考えます。

丸授業で行うこと
では、実際に授業はどのように行われているのかを簡単にご説明します。
授業は「映像字幕翻訳」の制作プロセスに合わせて進めていきます。課題は、スクリプト(台本)の全文を訳出、映像にあわせてカッティング、字幕制作のルールに従って翻訳、作成した字幕を映像に載せて確認、さらなる字幕のブラッシュアップ。1つの映像教材について数回にわたって上記の作業を繰り返して字幕の品質を向上させていきます。

また、授業を通じて字幕翻訳で定められているルールも習得します。台詞の長さと字幕の字数の関連や、使用しない言葉や使用できない言葉など基本的なルールを学び、映像に合わせた訳出、字幕作成の方法を学びます。

丸課題について
毎回の課題、字幕を作成する映像教材の長さは数分です。台詞は量も少なく、複雑な構文で書かれているものもありません。ルールに則って映像制作者の意図を効果的に伝え、視聴者を深い理解に導く台詞を考えてください。

丸授業の進め方
クラスは、毎週の課題提出(添削後返却)と月1回のスクーリングで構成されます。毎週水曜日までに課題(スクリプトの翻訳や字幕)を提出します。課題は週末までに講師が添削して返却します。返却された字幕、講師のフィードバックを参考にしてご自身の字幕をブラッシュアップした後、再提出してください。また、ドキュメンタリーやドラマ、ニュースなど、ジャンルごとに注意すべきルールを学び、ご自身の訳質を高めていきます。

丸クラスの目標
クラスを一定以上の成績で修了された方には、ISSインスティテュートを通じて映像字幕翻訳のOJTに参加していただきます(選考トライアルあり)。動画コンテンツの供給増加に比例して案件数も増加しています。こうした実務経験の機会をスクールより提供し、実際の業務をご経験いただくことでプロデビューをサポートします。
 

-------------------------------------------------------------------
2019年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申し込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申し込みはこちら
-------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |
2019年10月レギュラーコース【英語翻訳】ビジネス英訳科のご紹介

au19.png


ISSインスティテュートのビジネス英訳科は、「基礎科」、「本科」の各レベルで、ビジネスドキュメントに特化して日→英の翻訳訓練を集中的に行い、英訳スキルの向上をめざすクラスです。

 

ニーズが高まる日→英翻訳業界へ、翻訳者として参入をお考えの方や、プロ翻訳者からハイレベルの英訳スキルを学びたいという方におすすめです。

丸授業で行うこと
ビジネス英訳科では、英文ライティングの原則である「3C」を意識しながら、英訳スキルの向上をめざします。

基礎科では、英訳の基本ルール、技法の理解と習得とあわせて、英訳スキルの向上に欠かせない原文の日本語を細部まで読み解く力の習得をめざします。「英語力ではなく日本語の読解力?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、原文の日本語がいつも文法的に誤りがなく読みやすいものであるとは限りません。原文から書き手の意図を読み取ることができなければ、正しい英訳はできないのです。

続く本科では、日本語と英語の文章構造の違いを理解、把握し、書き手の意図を「正しく伝える英文」から「効果的に伝える英文」への変換をめざします。原文の行間を読み取り、英語ネイティブの立場に立って訳語を選び、訳出するスキルを身につけることが講義の中心となります。

丸課題について
毎回の課題は、基礎科で400字から800字程度、本科で600字から1,000字程度の日本語を英訳していただきます。分野、文書の種類はいろいろですが、ビジネスドキュメントに特化し、基礎科は学習効果を考え、講師が選定、作成したものを使用します。本科は、グループ会社で日本最大の翻訳会社(株)翻訳センターとともに開発した、現場を意識した実務につながる課題を毎回使用します。

丸授業の進め方
基礎科、本科とも、事前に翻訳課題に取り組んでいただき、訳文を授業前に提出していただきます。授業は、この課題訳文の返却からスタートします。講師が添削をした課題は各受講生にお返しします。添削されていない課題(訳文)はクラスの全員分を全員に配布します。講師の訳例とご自身の訳文、そしてクラスメートの訳文を共有しながら授業を行います。

添削済みの訳文からご自身の改善すべき点を把握して、講師訳例、クラスメートの訳文を参考にして訳文の改善を図ることができます。

丸インターネットクラスについて
ビジネス英訳科のすべてのクラスには、インターネットクラスが併設されています。毎週の授業を録画し、ストリーミング配信される動画で受講していただきます。遠隔地にお住まいの方や、毎週同じ曜日、同じ時間に通学することができない方などにおすすめの受講スタイルです。

授業動画は、授業の翌日から10日間配信され、24時間いつでもご視聴可能です。なお、通学クラスの方も同じ動画をご視聴いただけますので、出張や残業で欠席や遅刻をされた時などは補講用としてご利用いただけます。

また、インターネットクラスの方も東京校で毎週実施されている、ご自身が在籍する通学クラスの授業にいつでもご参加いただけます(通学クラスに空席がある場合のみ)。ISSインスティテュートの翻訳クラスは通学クラス、インターネットクラス間の行き来が自由となっています。


丸クラスの目標
日本語の原文の正確な読解力を強化すると同時に、明瞭かつ効果的に英訳するルールを理解しスキルを身につける。(基礎科)

「通じる訳文」から「読ませる訳文」への移行。多様かつ難度の高い翻訳への対応力、高度な訳出力を習得し、翻訳のプロをめざせる力を身につける。本科)


※本科クラスを優秀な成績で修了された方には、実務経験の有無を問わず、株式会社翻訳センターのトライアル受験の機会が付与されます。


-------------------------------------------------------------------
動画で見る、ビジネス英訳科クラスの体験レッスン 四葉のクローバー視聴特典あり
こちらから視聴できます ※「基礎科」レベルの内容となります。
-------------------------------------------------------------------
2019年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申し込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申し込みはこちら
-------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |
2019年10月レギュラーコース【英語翻訳】特許翻訳クラスのご案内

au19.png


ISSインスティテュートでは10月レギュラーコースの受講のお申し込みを受付中です。開講以来、毎期優秀なプロ翻訳者を輩出している専門別翻訳科・特許翻訳クラスについてご案内いたします。
-------------------------------------------------------------------

 

<ISSインスティテュート 特許翻訳クラス の特徴>

丸日本最大規模の翻訳会社(株)翻訳センターの全面協力により開講

丸市場のニーズを強く意識したカリキュラム、教材を開発、提供

丸クラス修了生が、株式会社翻訳センターの研修生制度を利用してプロデビューを実現

ISSインスティテュートのグループ会社で、特許翻訳について豊富なノウハウと膨大な情報を持つ翻訳センターが、教材開発から翻訳訓練の指導クラス修了後のデビューまで強力にサポートいたします。

クラスを担当する講師は、翻訳センターの特許翻訳部門で登録翻訳者として稼働中のプロ翻訳者である名村孝先生です。「翻訳会社が蓄積した『業界で広く通用する翻訳』をお教えします」とお話しいただいている通り、現在の市場のニーズ、トレンドを反映させ、全授業の9割が英訳訓練となります。教材も翻訳案件の大半を占める特許明細書を使用し、いろいろな分野から出題。実務を強く意識した訓練を効率よく行います。

 

授業では、特許明細書の翻訳訓練とあわせて、課題で取り上げられている技術情報についても、豊富な資料を用いて詳しく説明いたしますので、理系出身ではない方にも安心してご受講いただけます。

 

さらに、「特許」に関する知識を高めていただくために、翻訳センターが米国特許事務所と共同で開発した自習用テキストをご用意しています。特許翻訳について、これまで業務や訓練のご経験がない方も、本テキストをお読みいただくことで安心して受講を始められます。

 

毎週の授業では、事前に翻訳課題を訳出して訳文を提出していただきます。授業は、この課題訳文の返却からスタートします。講師が添削をした課題訳文は各受講生にお返しします。添削されていない課題訳文はクラスの全員分を全員に配布します。講師の訳例とご自身の訳文、そしてクラスメートの訳文を共有しながら授業を行います。

 

添削済みの訳文からご自身の改善すべき点を把握して、講師訳例、クラスメートの訳文を参考にして訳文の改善を図ることができます。

 

特許翻訳クラスには、インターネットクラスが併設されています。毎週の授業を録画し、ストリーミング配信される動画で受講していただきます。遠隔地にお住まいの方や、毎週同じ曜日、同じ時間に通学することができない方などにおすすめの受講スタイルです。

授業動画は、授業の翌日から10日間配信され、24時間いつでもご視聴可能です。なお、通学クラスの方も同じ動画をご視聴いただけますので、出張や残業で欠席や遅刻をされた時などは補講用としてご利用いただけます。

また、インターネットクラスの方も東京校で毎週実施されている、ご自身が在籍する通学クラスの授業にいつでもご参加いただけます(通学クラスに空席がある場合のみ)。ISSインスティテュートの翻訳クラスは通学クラス、インターネットクラス間の行き来が自由となっています。

クラス修了後、成績優秀と評価された方は、実務経験の有無を問わず翻訳者や研修生、チェッカー採用に関する、翻訳センターでのトライアル受験の権利が付与されるなど、多様なキャリアパスをご用意しています。

ISSインスティテュートの特許翻訳クラスは実務に近い、仕事につながるクラスです。

 

-------------------------------------------------------------------
動画で見る、特許翻訳クラスの体験レッスン 四葉のクローバー視聴特典あり
こちらから視聴できます  
-------------------------------------------------------------------
2019年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申し込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申し込みはこちら
-------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |
2019年10月レギュラーコース【英語翻訳】総合翻訳科・実践実務科クラスのご紹介

au19.png

英語翻訳者養成コース最上級クラス、「実践実務科」


総合翻訳科・実践実務科クラスでは、「商品としての翻訳」を仕上げる過程を、OJT(On the Job Training)を中心に、実際の翻訳業務を訓練の場として身に付けていきます。講師およびクラスメートとチームとなってプロジェクトに取り組み、翻訳スキルに加え、翻訳業務に従事する際のプロとしての心がまえや規範を、実務を通して習得していきます。今期も、OJTを中心に実務で役立つ、仕事につながる課題に取り組んでいただきます。

 

クラスを担当する講師は、これまでもこの実践実務科で数多くのプロジェクトを指導、多くの受講生のプロデビューをサポートしていただいている宮坂聖一先生です。硬軟問わず、いろいろなドキュメントの翻訳経験を持つ宮坂先生より、プロ翻訳者に求められる訳質のレベルと実務に役立つテクニックを学んでください。

さて、実践実務科クラスでは、これまで授業を通じてビジネス書籍やマニュアルの翻訳、規格資料のローカライズ業務、金融用語辞典の日本語版出版のサポート業務など、いろいろな種類の業務に対応してきました。また、用語集をオンラインで共有し、訳語・スタイルの統一を図ったり、翻訳支援ツールを活用して大型のプロジェクトを短期間で仕上げたりと翻訳訓練と職業訓練を同時にご経験いただけます。

修了生のみなさんは、このクラスでの経験を活かして、ISSグループの翻訳サービス部門や人材サービス部門での稼働を経てプロデビューを果たし、多方面で活躍されています。実践で役立つ高いレベルの訳出スキルの習得と「現場対応力」の強化が、このクラスの達成目標です。

 

レベルチェックテスト、クラスに関するご質問はいつでも承っております。どうぞお気軽にお問い合せください。

 

-------------------------------------------------------------------
2019年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申し込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申し込みはこちら
-------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 09:00 |
2019サマーおすすめ:[英語] 「基本からしっかり学ぶ、金融・IR翻訳訓練」クラスのご紹介

サマー.png

 

四葉のクローバー​​短期コース【2019サマー】

「基本からしっかり学ぶ、金融・IR翻訳訓練」
[東京校] 9/11・18・25(水)19:00〜 21:00(全3回)
[インターネット] 9/12〜10/5 スマートフォン、タブレット端末対応

-------------------------------------------------------------------

 

毎年、3月期決算企業の株主総会が集中する6月には、多くの会社から株主を含むステークホルダーに向けた資料、有価証券届出書、有価証券報告書、四半期報告書などが発表されます。コーポレートガバナンス・コードの導入により、これらの資料は英語化し、日本語を母国語としない株主、投資家、証券アナリストなどへ開示、提供されることになりました。

 

株主総会にあわせて、毎年たくさんの翻訳案件が発生しますが、この分野の翻訳者は慢性的に不足しています。こうした現場のニーズに応えるため、ISSインスティテュートでは今回「基本からしっかり学ぶ 金融・IR翻訳訓練」クラスを開講いたします。

 

授業では、金融・IRに関するドキュメントの訳出テクニックを解説するとともに、翻訳する際に不可欠となる日本語特有の表現や言い回しを把握し、英語による翻訳ポイントを学びます。さらに、経済、金融の専門用語の定義を理解し、英語表現を学習します。そして、この分野で扱う各種ドキュメント(株主総会招集通知や決算短信報告書など)を用いて、業務に直結する翻訳スキルの習得をめざします。

 

外資系金融機関での勤務を経て、翻訳者として独立、経験を活かして株式会社翻訳センターの専属翻訳者として金融・IR分野の翻訳案件を担当している講師から、金融・IR分野の翻訳の基本をしっかり学びましょう。

 

■受講特典あり

受講終了後、一定の基準を満たした方は、『無試験』で2019年[秋期]10月レギュラーコースの「専門別翻訳科・金融IR翻訳」クラスにご入学いただけます。

 

-------------------------------------------------------------------

四葉のクローバー​​短期コース【2019サマー】

「基本からしっかり学ぶ、金融・IR翻訳訓練」
[東京校] 9/11・18・25(水)19:00〜 21:00(全3回)
[インターネット] 9/12〜10/5 スマートフォン、タブレット端末対応

 

※インターネットクラスの授業動画は通学クラスの方もご視聴いただけます。復習や欠席された際の補講用としてご利用ください。

 

短期コース【2019サマー】では、入学金・レベルチェックテストは不要です。
受講特典あり!
クラスの詳細、お申し込みはこちらから:

https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature8

-------------------------------------------------------------------

<関連記事>
クラスを担当する小林先生の関連情報もご参考にどうぞ!
丸講師紹介: 小林久美子先生

-------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 10:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode