通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


英語翻訳コース特別セミナーレポート「特許翻訳市場の今を知る〜現場担当者と一問一答」

アイ・エス・エス・インスティテュートでは、総合翻訳科、ビジネス英訳科、専門別翻訳科の各コースで「実務に近い、仕事につながる」クラスを開講しています。今期も専門別翻訳科では、同じ日に講演会と体験レッスンに参加できる「特別セミナー」を開催しました。


特許翻訳クラスでは、特別セミナー「特許翻訳市場の今を知る〜現場担当者と一問一答」を開催。前半は、株式会社翻訳センター特許営業部の品質管理責任者で、2016年10月コースまで特許翻訳クラスの講師を担当していた川島悠一先生が特許翻訳市場の現状と、特許翻訳者を取り巻く環境の変化を一問一答方式で講演。続く後半の体験レッスンでは、グループ会社(株)翻訳センターの登録翻訳者で、今春より特許翻訳クラスの講師を務める名村孝先生が模擬授業を行い、みなさんの特許翻訳訓練に関する理解を深めていただきました。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

Q:特許翻訳業界の現在の状況を教えてください
A:国内企業の外国出願(日英翻訳が発生する)案件の数は、わずかな増減はあるものの、割合としては依然として多くを占めています。一方、 化学・バイオテクノロジー分野などの、外国籍企業の日本出願(英日翻訳が発生する)案件は、引き続き増えています。また、これまで翻訳業務の依頼は、特許事務所や企業の知財部などからがほとんどでしたが、最近、特に外国籍企業の日本出願(英日翻訳が発生する)案件は、海外の翻訳会社などから、翻訳やポストエディット(一次訳後の編集、校正業務)を依頼されることも増えてきています。

 

Q:授業で日→英翻訳の課題が多いのはなぜですか
A:前の質問にもあるように、当社(翻訳センター)では国内企業の外国出願に関連する業務を多く請け負っているので、日英翻訳者の養成に力を入れています。英訳は苦手と言われる方もいらっしゃいますが、お仕事のチャンスも多いので、ぜひチャレンジしていただきたいです。

 

Q:特許分野でも、今後ツールを使用する案件が増えてきますか
A:特許に限らず、ツールの導入は今後も増えていくと予想しています。また、翻訳以外の業務でも、作業の効率化、品質の向上をサポートするツールの活用が求められることが多くなりました。翻訳支援ツールを使って、過去の翻訳資産(旧版や用語集)を活用して作業をしてほしいという案件が特許分野でも増えています。クライアントから指示された表記や訳語の指定を忠実に守って対応してくれる翻訳者には、仕事が途切れることなく発注されます。丁寧な仕事を安定してこなすためにはツールが不可欠なのです。今後は、こうしたツール導入、活用に柔軟な対応していただける方にお仕事を依頼することが増えるでしょう。

 

Q:クラスを受講すると、どんなスキルが身につきますか

A:授業では、特許翻訳案件の大半を占める「特許明細書」の訳出ルールの解説、課題に関連した技術的内容の説明、さらに調査・検索の方法やお役立ちツールの紹介など、翻訳スキルの習得にとどまらず、「現場対応力」の強化も含めて、総合的な翻訳スキルの向上をめざしています。

 

Q:スクールのサポート体制について詳しく教えてください
A:グループの総合力を活かして、クラス受講中から受講修了後まで、みなさんをサポートします。即戦力養成を強く意識した講義を行い、受講修了後は、レベルにあわせて翻訳および翻訳関連業務のポジションをご紹介し、受講生のみなさんのプロデビューまでのサポートをします。

 

受講修了後も、(株)翻訳センターの社内で翻訳業務(OJT)を行いながらスキルアップをめざす「研修生制度」や、翻訳チェッカーとして品質管理、制作業務に携わっていただく機会をご提供しています。

 

もちろん、優秀な成績でクラスを修了された方には、実務経験の有無を問わず、翻訳者採用のトライアルの受験をご案内し、合格者にはお仕事を発注しています。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

後半の体験レッスンでは、名村孝先生による模擬授業を実施しました。特許明細書の翻訳特有の言い回しや訳出ルールなどを説明。わずか一時間の授業でしたが、盛りだくさんの内容で、参加者のみなさんは熱心にメモを取られていました。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

双葉名村孝先生による、特許翻訳クラスの 体験レッスン動画

 

ISSスクールブログで読む「よくわかる特許翻訳クラス

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

四葉のクローバー2017年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

・英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申込みはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 09:41 |
中国語通訳コース特別セミナーレポート「原文を大枠で理解するためのサマライズスキル」

 

3月11日、多くの方にご参加いただき「原文を大枠で理解するためのサマライズスキル」というテーマでセミナーを開催しました。

 

講師は現役通訳者で、中国語通訳者養成コース通訳科1クラス担当の徳久圭先生です。
セミナーの様子を一部ご紹介いたします。

 

------------------------------------------------------------------


まず最初に、「サマライズとはどのような訓練なのか」という説明から始まりました。

 

サマライズとは原文を「要約」する訓練です。
例えば、5分間くらいの長さの音声、映像をメモをとりながら聞きます。文章を読むこともあります。
その時注意すべきことは、漫然と聞く(読む)のではなく、情報を分析しながら聞く(読む)ことです。内容を100%理解した上で、自分の頭の中に落とし込みます。

 

次にインプットした情報を整理しながら話します。ポイントは次の通りです。

 

・メインテーマをおさえる
・5W1Hをおさえる
・枝葉末節はカットする
・大胆に換骨堕胎する
・いきいきと話す

 

以上の説明の後、早速参加者の皆さんに練習をしていただきました。


最初は音声ではなく、文章を読んでサマライズします。
文章は「ハイテクシェア自転車」という今中国で流行している自転車のシェアシステムを紹介した記事です。分量はA4で6ページ。これを5分間で速読し、話の骨子を抜き出して1分で話す準備をします。準備が完了した後、隣同士でお互いに1分間のスピーチを行いました。更にそのスピーチについてお互いに評価しました。
1分間というのは、あっという間で、時間切れの方が多かったようです。

 

その後、先生がサマライズのお手本をホワイトボードに次の通りに書きました。

 

-----------------------------


中国の「シェア自転車」がすごい!
スマホで予約→どこでも乗り捨て
・大国インフラ
・窃盗の無意味化
・個人情報の考え方

成否?他国?

 

-----------------------------


「1分間で話せる内容としてはこれくらいでしょう」とのことでした。


原文をご紹介できず残念ですが、驚くほど情報が圧縮されて、無駄なものはなく、すっきりと話の骨子が捉えられていると思いました。サマライズは長文逐次通訳の訓練にも向いているというお話もありました。

 

次に通訳案内士試験の過去問から「桜前線」について40字程度の中国語で説明する、という問題を日本語にアレンジした解説がありました。

 

「桜前線」という言葉の本質をつかんで話してみます。

 

-----------------------------


・「桜前線」という言い方がある。
・毎春、南から北へ咲いていく。
・気象図の前線のように進む。

だから「桜前線」と呼ばれる。

 

-----------------------------

こちらも無駄な情報は無く、「桜前線」とは何のことなのかがしっかりと伝わりますね!
最後は3分程度のニュースを視聴してサマライズする練習をして終了しました。


サマライズはレギュラーコースの通訳訓練でも行っていますので、これから訓練を開始しようとしている方にも参考になるのではないでしょうか。

 

参加されたみなさんからは、次のような声が寄せられました。

 

------------------------------------------------------------------

 

「サマライズを体験できてとてもためになりました」
「通訳として必要な能力、注意するポイントなどを理解することができました」
「特に印象に残ったのは、話のどこにスポットを置くのか、ということです。今後自分が話す時にも活かしていきたいです」

 

------------------------------------------------------------------

 

セミナーにご参加いただき、ありがとうございました。
次回もご期待ください!

 

------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー2017年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

・中国語通訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
・レベルチェックテストのお申込みはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 10:00 |
中国語翻訳コース特別セミナーレポート「翻訳のスピードアップのために」

 

3月5日、多くの方にご参加いただき「翻訳のスピードアップのために」というテーマでセミナーを開催しました。

 

講師は現役翻訳者で、中国語翻訳者養成コース本科2クラス担当の椙田雅美先生です。

 

翻訳の仕事は時間との戦いでもあります。今回のセミナーでは、いかにすれば効率的に品質の高い訳文がつくれ、作業をスピードアップできるか、ということについて講演いただきました。

 

------------------------------------------------------------------

 

まず最初に、翻訳のスピード計算の基本となる枚数計算の方法と、翻訳作業以外にかかる時間やポイントについて説明がありました。

 

丸中国語から日本語へ翻訳する際の基本的な枚数計算方法
・中国語原文文字数×1.3=日本語訳文の文字数(一般的なビジネス文書の場合)
・日本語訳文文字数÷400=日本語訳文枚数
翻訳業界でいう「枚数」はこのように算出される。

 

丸翻訳作業以外にかかる時間やポイントについて
・翻訳作業を新幹線に例えれば、最高時速の260kmで常に走っているわけではない。
・駅で停車したり、発車停車などでスピードダウンもあり、天候や事故の影響で思いがけぬストップ、遅延が起きる。
・時速と所要時間は違うことを理解しておく。
・翻訳の際、同じペースをずっと維持できるのか、休憩も必要だし、家の用事や他のこともある。仕事の開始、再開、納品に時間が掛かる。思いがけぬ難所やトラブル、ひとたび引っかかれば長時間を要する。
・納品時はファイルにパスワードを掛けたり、指定の場所にアップロードしたりすることもある。
・自分が想定していた時間通りに進むとは限らない。
・翻訳語の想定文字数と自分の能力、事情を考慮し、いつまでにどれだけできるのか正確に判断する
・自分が翻訳できる量、スピードを把握し、伝えられるのがプロ。
・最近は納期が短いため、複数の翻訳者で分担して訳すことも多いが、翻訳会社も文体の統一などの手間がかかることから、できれば一人の翻訳者に任せたい。翻訳が自分の能力を正確に把握できていれば、スムーズに仕事を進めることができる。

 

人間が長時間集中力を維持し続けるのは難しいことです。1時間に何枚訳せるから1日何枚、例えば1日10枚訳せるから10日で100枚訳すことができる、と単純に計算することは危険なことと思いました。


翻訳以外の作業に意外と時間を取られる、という話はよく聞きます。仕事の場合、パワーポイントの原文を上書きして翻訳したり、圧縮ファイルをウェブサイト経由で受け取ったりすることもあるので、慣れておく必要がありますね。

 

------------------------

 

次に「翻訳のスピードをあげる」についてのお話です。

 

丸受注の時から翻訳は始まっている
以下の事項を確認する。


量⇒原文の文字数
計算する習慣を付ける。ワードファイルは校閲ツールで文字数カウントがすぐにできるが、データで来ない場合もあるので、1行何文字×行数で文字数を計算できるようにしておく。

 

質⇒原文の難易度

 

目的⇒どのような訳文にするか、形式も要確認
とにかく急ぎなのか、すぐに印刷できる状態で出す必要があるのか、原文を訳すだけではなく日本語の広告文風にするのか、大人向けの内容を子供でも分かるようになど、目的によって所要時間は全く違ってくる。

 

納期⇒いつまでに
納期は正確に確認する。何曜日の何時までなのか、中国からの依頼の場合は中国時間なのか、日本時間なのかも確認が必要。

 

丸重要事項別に区分し、重要度に合わせた時間配分をしていく

 

〆能斗彁項⇒納期、納品方法
時間配分、スケジュール、納品方法を確認

 

⊇斗彁項⇒依頼者の要望(何のために使うのか)、形式(どのようにしたいのか)
翻訳の方向性、文体(ですますなのか、であるなのか)、固有名詞

 

E慘六項⇒専門用語、最適な訳語、詳細な事実確認

 

先生が繰り返しおっしゃっていたのは、自分の力を正確に把握し、責任を持てる範囲で仕事を引き受ける、ということでした。結果的に翻訳会社からの信頼が得られ、次の仕事につながるわけです。

 

------------------------------------------------------------------

 

参加したみなさんからは以下の声が寄せられました。

 

・翻訳の前段階での基本的な考え方や、時間の考え方、捉え方についての重要性を知ることができました。
・翻訳を仕事として受ける場合の心構えを再確認できてよかったです。
・翻訳についてのポイント、仕事として受ける際の注意事項など理解が深まりました。

 

------------------------------------------------------------------


セミナーにご参加いただき、誠にありがとうございました。
次回もお楽しみに!

 

------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー2017年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

・中国語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
・レベルチェックテストのお申込みはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 09:30 |
英語通訳コース特別セミナーレポート 「柴原智幸先生が語る!プロ通訳者になるための勉強法」

 

3月4日(土)横浜校、3月9日(木)東京校にて春の特別セミナー「柴原智幸先生が語る!プロ通訳者になるための勉強法」を開催しました。


東京校、横浜校の二日間とも、満席でした。残念ながら参加できなかった方もいらっしゃいますので、今回のセミナーの内容をご紹介いたします。

 


 
本セミナーでは、東京校の英語通訳者養成コース入門科クラスの講師で、フリーランスの通訳者そして大学講師としても活躍されており、またメディアなどでもおなじみの柴原智幸先生に、「通訳学校に入る前の心構え」について、お話しいただきました。特に通訳業務や、学習方法・取り組み姿勢などについて、ご自身の経験や、プロとしての現場の体験談など、さまざまなエピソードを交えてお話しいただきました。

 

丸通訳業務について
■通訳に「正解」はない。人によって解釈が異なり、まったく同じということはない。できる範囲で、ベストを尽くすしかない。
■通訳者は現場で、自分一人で突発的な事柄に対応できる能力と覚悟が必要。周りに頼れない。
■通訳者は「受け身」ではいけない。常に自分から情報を取りにいく積極性が必要。
■話の内容を理解することに自分で責任を持つ。わからない点は早めに確認すること。(ただし質問しすぎると、次から指名されなくなる可能性もあるが。。。)

 

丸通訳学校での学習について
■予習に関して「生肉」は出さない。つまり、ただ資料を印刷しただけでは意味がなく、使えるようにするためには編集、線を引くなど、情報加工が必要。
■予習については、まずテーマ(教材名)について、大まかに用語集で全体像を確認する。
次にウィキペディア等で調べる(ただし間違った情報が混在しているので確認が必要)。
英日・日英の単語リストを作る。単語リストは手元で見るためでなく、頭の中に定着するために作る。
■通訳学校の授業は、軌道修正の場であり、学習の場ではない(学習は基本、家で行うもの)。
■積極的に、自分がその教材を全部訳すくらいの意気込みで授業に参加してほしい。
■授業中は、受講生(クラスメート)同士、お互いの良いところを自分自身に取り込むつもりでやってほしい(例えば「こういう訳は自分には出せないが、そんな表現もあったか」など)
■英会話はスポーツクラブだが、通訳学校はブートキャンプのようなもの。習い事ではなく、訓練だと認識してほしい。
 


先生ご自身も若いころ、通訳学校に通っていたときは、受け身の姿勢で授業に臨んでいたため、なかなか進級することができず苦労されたそうです。今は「それではいけない!」と昔の自分に言いたいと強く思っているそうです。

 

質疑応答の時間では柴原先生の過去の失敗談を教えてほしいとご要望があり、
「スピーカーの訛りが強く全く通訳することができなかったり、同時通訳の際に誤訳をしてしまったりしたことがあった」と、答えていらっしゃいました。
 


経験に基づく先生のお話は、とても説得力があり、力強く、みなさん深くうなずいて、聞き入っていました。

 

最後に大変印象的だった先生のメッセージを紹介します。


「私自身も、昔、勉強を始めたころは今の自分を想像していなかった。5年、10年で、どんどん人生は変わっていきます。どうか今を基準に、未来を考えないでください。皆さんはこれからいくらでも伸びていく可能性があります。その可能性を信じて挑戦していただき、自分の道を一番いい形で切り開いていってください。」


参加者からは次のような声が寄せられました。


「とても役立つ情報を得られて、参加して本当に良かったです。」
「実践的な話が聞けて良かったです。努力の大切さを再認識しました。」
「メディアでよくお見かけする柴原先生が、ひとつひとつの質問に誠実にお答えくださり、
感銘を受けました。」

 

今後もISSでは、皆さまの学習や仕事に役立つセミナーを企画・実施してまいります。
ご参加くださった皆さま、どうもありがとうございました!

 

------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー2017年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

・英語通訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
・レベルチェックテストのお申込みはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 12:42 |
英語翻訳コース特別セミナーレポート「大きく拡大する字幕翻訳の世界 業界参入に必要なスキルとは」

アイ・エス・エス・インスティテュートでは、総合翻訳科、ビジネス英訳科、専門別翻訳科の各コースで「実務に近い、仕事につながる」クラスを開講しています。先学期に続いて、今期も専門別翻訳科の各クラスで特別セミナーを開催。同日実施の体験レッスンとあわせて、たくさんの方にご参加いただきました。

 

先日、東京校にて「大きく拡大する字幕翻訳の世界 業界参入に必要なスキルとは」と題して、特別セミナーを開催いたしました。

 

昨年(2016年)以上に拡大が予想される映像字幕翻訳市場を取り巻く現状をお知らせするとともに、皆さんが高い関心をお持ちの「映像字幕翻訳業界への参入のポイント」を、「映像翻訳者の守備範囲」と「依頼される業務内容の変化」という視点から、英語翻訳者養成コース講師で、映像字幕翻訳者の佐久間公美子先生がお伝えしました。

 


映像字幕翻訳市場を取り巻く現状

 

「BS、CSのチャンネル増加に加えて、昨年は動画ネット配信サービスプロバイダが増え、その結果、字幕翻訳および関連業務の案件数が急増しています。ありがたいことに、私のところにもたくさんの問い合わせがあるのですが、当然のことながらすべてをお引き受けすることはできません。そこで、映像字幕翻訳の上級クラス『ワークショップ』の生徒さんや修了生のみなさんにお声掛けしOJTとしてお手伝いいただいています。」


「現在、業界全体がこのような状況となっており、新人さんが業界に参入のチャンスが引き続き今年も増加していることを意味していると思っています。」

 

 

「映像翻訳者の守備範囲」と「依頼される業務内容の変化」

 

「増加し続ける字幕制作業務ですが、字幕翻訳者の供給が追い付いていません。ここで言う『字幕翻訳者』とは、「映像データと映像の台本(スクリプト)を受け取って作業を行い、字幕を納品できる人のこと」を指しますが、一人でこれらすべての作業に対応できる人がなかなか見つからないため、それぞれの業務を分けて分担して行う場合が多くなっています。ISSインスティテュートの生徒さん、修了生のみなさんにも業務を切り分けてお願いしています。」

 

以前は、翻訳をして字幕データ(テキスト)を納品するだけだった翻訳者の仕事が、いまはスクリプトの作成(映像を視聴して台本を作成する)やスクリプト全文訳の作成、スポッティング(カッティング:映像を見て字幕を表示させるタイミングと文字数を決める仕事)などへの対応も、字幕翻訳者には求められるようになりました。

 

「このように依頼される業務内容は変化し、翻訳者にはいろいろなスキルが求められるようになりましたが、基本はやはり翻訳力です。特に字幕翻訳は限られた字数の中で、最も効果的に意味の伝わる字幕を作成しなければなりません。これはしっかりとした翻訳力なくして対応することはできません。」

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

続く、体験レッスンでは、みなさんに「翻訳力」を駆使して字幕を作成していただきました。スクリプトに書かれている英語は、難しい文章ではありませんが、限られた字数の中で効果的に伝えることの難しさを感じながら、みなさん、訳出をされていました。

 

その字幕は、字幕制作ソフトを使って映像とともに投影され、参加された皆さんと確認しました。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

参加されたみなさんにご協力いただいたアンケートでは、「字幕制作のプロセスが理解でき、必要なスキル、やるべきことがわかりました」「いろいろな場面での字幕翻訳のニーズがわかりました」などの声が寄せられました。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


双葉ISSスクールブログで読む「よくわかる映像字幕翻訳クラス

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2017年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
・レベルチェックテストの日程・お申込みはこちら

------------------------------------------------------------------

 

 

| イベントアルバム | 12:00 |
英語翻訳コース特別セミナーレポート「ニーズ高まる“翻訳チェッカー”その可能性は」

 

アイ・エス・エス・インスティテュートでは、総合翻訳科、ビジネス英訳科、専門別翻訳科の各コースで「実務に近い、仕事につながる」クラスを開講しています。

 

4月コースの開講を前に、英語翻訳者養成コースの特別セミナー「ニーズ高まる“翻訳チェッカー”その可能性は」を開催しました。

 

今回のセミナーでは、前半、ISSインスティテュートのグループ会社、株式会社翻訳センター金融・法務営業部で品質管理業務に携わる渡辺亜美から、「翻訳チェッカー」に求められる資質と、チェッカー業務に携わることのメリットについてお伝えしました。後半は、短期コース「チェッカートレーニング」クラス担当講師の豊田実紗先生に業務の説明と実例を挙げて、作業内容をご紹介いただきました。

 

------------------------------------------------------------------

 

ニーズ高まる「翻訳チェッカー」

 

まだまだ本当の姿が知られていない「翻訳チェッカー」の役割について、株式会社翻訳センター金融・法務営業部、渡辺がお伝えしました。

 

-----

 

ご存知の方は少ないのですが、チェッカー業務に携わることは、フリーランス稼働につながる第一歩と言われています。プロ翻訳者の訳文にふれることができ、また、訳文からたくさんのことを吸収できます。こうしたメリットのあるチェッカーのお仕事を続けていらっしゃると、翻訳スキルがアップし、最終的に翻訳者デビューにつながるのです。

 

翻訳チェッカーのお仕事を経験され翻訳者となられた方は、作業開始から納品までの過程をご存知なので、各作業に配慮した対応をしてくださいます。翻訳会社にとって、大変ありがたいことです。

 

翻訳者としてご登録いただき稼働していただくことは当社としてもうれしいことなのですが、一方で、翻訳チェッカーのお仕事を経てスキルアップを果たし、翻訳者としてご登録、稼働される方が増えることが翻訳チェッカー人材の不足の理由でもあるので、心境は複雑です。


チェッカー採用のトライアルでは、「読みやすさの向上」よりも、スペルミスや誤変換、レイアウトのずれや表現の揺れなどをきちんと修正してくださる方を採用します。たとえ高い専門知識をお持ちでなくても。上記のスキルが優れていれば採用される可能性が高いということです。

 

実際にお仕事がスタートいたしますと、当社よりフィードバックを行います。これらを吸収し、柔軟に対応してくださるチェッカーさんには、お仕事を更に依頼したくなりますね。

 

ところで、日本翻訳連盟(JTF)が以前行った「良質な翻訳」に関する調査結果で、「納品物の完成度が高い」ことが1位に選ばれています。読みやすく専門的なポイントをきちんとおさえられている訳文であっても、納品された原稿の中で、スペルミスや変換の誤り、レイアウトのズレなどが1か所でもあると、訳文全体の信頼性が低下してしまうのです。このことからもわかるように、翻訳チェッカーは、翻訳の質を左右する大切な業務を担っています。

 

-----


後半は、豊田実紗先生にチェッカー業務の実務をご説明いただきました。

 

「基礎的なチェック事項」をもれなく確認する

 

翻訳の質を左右する基礎的なチェック事項とは何か-豊田先生はいくつか例を挙げて説明してくださいました。

 

訳抜け、スペルミス、数字の転記の誤り、単位の間違い、下線や斜体などスタイルの変更もれなど確認すべきところはたくさんあります。限られた時間(=納期)の中で、最善のやり方を考え、対応しています。

 

そして、「あくまでも翻訳者の翻訳が正しい」という前提で作業します。「修正しすぎないこと」この言葉をいつも考えながら、必要最小限の修正のみにとどめ、作業をしています。


豊田先生が、いろいろな例を挙げてわかりやすくお話しくださったので、みなさん、翻訳チェッカーのお仕事を、より深く理解されたようでした。参加された方にご協力いただいたアンケートでも、「チェッカーの本当の仕事がわかりました」「翻訳の勉強と併せて、チェックのやり方も学びたいです」との回答をいただきました。

 

 

セミナーの最後に、豊田先生担当の短期コース「訳文品質アップの新アプローチ 翻訳チェッカートレーニング」クラスのご案内をいたしました。こちらのクラスは、ISSインスティテュートと翻訳センターが共同でカリキュラムを開発し、今回ご紹介しましたチェックのルールに基づいた内容となっております。今回、チェッカー業務にご興味を持たれた方におすすめのクラスです。(2017年4月実施分は満席となりました)。

 


これからも、グループのメリットを活かして、いろいろな視点から翻訳に関する情報発信を続けていきます。

 

------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー2017年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

・英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
・レベルチェックテストのお申込みはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 13:04 |
中国語通訳者・翻訳者養成コース 創立50周年記念特別セミナーレポート「通訳・翻訳のための中国語学習法」


9月24日に翻訳者養成コース顧問で、「日本語ネイティブのための中国語力強化」クラス担当講師でもある王浩智先生による体験参加型セミナー「通訳・翻訳のための中国語学習法」を開催しました。概要は次の通りです。


------------------------------------------------------------------


まず初めに「翻訳の仕事とは何か」ということについてのお話がありました。

 

丸業務としての翻訳とは委託業務であり、忠実義務がある。
丸翻訳は仕事としては受け身であり、立ち位置がはっきりしない。
丸翻訳者が仕える主人とは、翻訳会社とクライアントのため、両者の間でバランスを取る必要がある。クライアントには中国人社員がいることがあり、訳文について突っ込んだ質問をされることがある。また、クライアントの需要に合わせるため、訳の幅が必要になってくる。
丸翻訳者としての精神衛生を保つためにも学習法を確立することが必要である。

丸考え方の整理、自己認識、広い視野を持つことが大切である。

 

翻訳者としての「精神衛生を保つ」というところに注目しました。先生は長くフリーランスの翻訳者として仕事をされているので、いかにすれば長く続けていくことができるか、ということをしっかりと考えておられるようです。

 

次に「翻訳力向上の方法」についての説明がありました。

 

丸原文と訳例を対比して読んでみる。一例だけではなく、複数の訳を読むのがポイント。訳者が違うことよって、様々な訳のバリエーションがあることが分かる。
丸より良い訳を自分で考えてみる。自分で気づかないとものにすることはできない。
丸自分の苦手なこと、間違えた部分をノート(記録)するようにする。

 

当たり前のようですが、やはり自分の頭で考え、悩み、自分なりの答えを導き出すことが重要なのですね。実際、通訳翻訳の現場では、自分で何とかするしかないわけですから、普段から問題意識を持って考えていくことが大事ということがよく分かりました。「失敗したことを記録して、二度同じ間違えを繰り返さないことが大事」という先生もおりました。これも大切なことなのですね。

 

次は「翻訳評価力」という項目についてのお話です。


丸自らに色々と説明できるようにする。講師ではないけれど、仮に講師の立場に立ってみて、生徒(クライアント)を納得させられる説明ができるか考えてみる。
丸自分で疑問、質問ノートを作ってみる。安易に答えを求めずに、自分の中で考え導き出す、気づくことが大切。

 

ここでも自分で考えることが大切ということを強調されていました。「安易に答えを求めない」という先生の言葉がとても印象に残りました。

 

終盤には「通訳・翻訳の仕事を廃業せずに長く続けるために」というお話がありました。

 

丸言語学の入門書を読んで理論武装する。翻訳について語る言葉が必要。専門用語を追っていくことでより理解を深め、「語る言葉」を増やしていくことができる。
丸平子義雄著「翻訳の原理」がおすすめ。日本語/中国語の世界だけにこだわらずに、英語、フランス語翻訳関係の方が書いた良い書籍は大いに参考になる。

 

こちらも訳文について説明を求められた時に、いかにして相手を納得させることができるか、に関わることです。セミナー冒頭にもありましたが、翻訳者の立ち位置は難しく、立場的に弱いので、心が折れそうになることもあると思います。長く続けるためには自分の学習法を確立し、理論武装することが大事ということがよく理解できました。

 

最後にいくつかの練習方法の紹介がありました。

 

丸あまり机にかじりついて勉強するのではなく、例えば次のような方法を試してみる。
丸日本語から日本語への言い換え練習をたくさんする(翻訳は日本語と中国語の言い換え)。
丸ボキャブラリーの最も簡単な増やし方として、目の前のものを片端から訳してみる。
丸重要なことは頭の回路を常に活発にしておくこと。

 

参加した方々からは次のような声が寄せられました。

 

「質問にも的確・丁寧にお答えいただき、今後翻訳を続ける上で、非常に勉強になりました」
「最高のセミナーでした!ありがとうございました」
「王先生の話が聞けて満足でした。非常に面白かったです」

 

今後もみなさまのお役に立つセミナーを企画してまいります。

 

------------------------------------------------------------------

2016年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

中国語コースの詳細はこちら
「日本語ネイティブのための中国語力強化」クラスの詳細はこちら
・レベルチェックテストの日程・お申込み 中国語通訳 中国語翻訳

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 12:00 |
英語翻訳コース特別セミナーレポート 「プロ翻訳者に聞く!特許明細書翻訳の基本」

 


アイ・エス・エス・インスティテュートでは、総合翻訳科、ビジネス英訳科、専門別翻訳科の各コースで「実務に近い、仕事につながる」クラスを開講しています。今期は専門別翻訳科の各クラスで特別セミナーを開催。同日に実施した体験レッスンとあわせて、たくさんの方がご参加くださいました。

 

専門別翻訳科、特許翻訳クラスでは、特別セミナー「プロ翻訳者に聞く!特許明細書翻訳の基本」を開催。前半は川島悠一先生(株式会社翻訳センター 特許営業部品質管理責任者)が講演。続く後半の体験レッスンでは、川島先生が模擬授業を行い、特許明細書の訳出の基本を解説いたしました。


丸特許翻訳業界の現状


まず、業界の最新動向から説明がスタート。「国内企業の外国出願(日英翻訳が発生する)案件の数は、わずかに減ったものの、割合としては依然として多くを占めています(特に通信関連)。一方、 医薬関連 (化学・バイオテクノロジー分野など)で、外国籍企業の日本出願(英日翻訳が発生する)案件が増えています。また、これまで翻訳業務の依頼は、特許事務所や事業会社の知財部などからがほとんどでしたが、最近、特に外国籍企業の日本出願(英日翻訳が発生する)案件は、海外の翻訳会社などから、翻訳やポストエディット(一次訳後の編集、校正業務)を依頼されることも増えてきています。」

 


丸翻訳者をサポートするツール


一方、翻訳者を取り巻く現在の状況として、訳文品質の向上と作業の効率アップをサポートするツールの活用機会が増えていることをお伝えしました。

 

「クライアントから指示された表記や訳語の指定を忠実に守って対応してくれる翻訳者には、仕事が途切れることなく発注されます。丁寧な仕事を安定してこなすためにはツールが不可欠なのです。」

 

「ツールについては、短期コースで開講している『 はじめての特許翻訳チェッカートレーニング 』クラスで詳しくご説明しています。私と一緒に社内(翻訳センター)で品質管理を担当している者が、チェック業務のフローや方法とともにツールの活用方法を詳しくご案内しています。」

 

 

丸1からサポート(株)翻訳センターの、特許翻訳「研修生制度」

 

これまでも何度かご案内してきました、(株)翻訳センターの社内でOJTを行いながらスキルアップをめざす「研修生制度」。4月コースの修了生が、10月からこの制度を利用してプロ翻訳者デビューをめざします。「現場で実務に携わることでお客様のリクエストやルール、分野特有の言い回しなどを、業務を通して習得していきます。市場のニーズを反映したフィードバックが直接もらえる本制度は、プロデビューに最も近い訓練の場と言えます。」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

後半の体験レッスンでは、すぐに使える特許明細書翻訳特有の言い回しや訳出ルールなどを説明。レッスン中、参加者のみなさんは熱心にメモを取られ、レッスン後も、終了時間ぎりぎりまで先生に質問をされていました。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


四葉のクローバー川島悠一先生による、特許翻訳クラスの 体験レッスン動画

双葉ISSスクールブログで読む「よくわかる特許翻訳クラス

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2016年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込み 東京校
・レベルチェックテストの日程・お申込み 東京校 横浜校

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 15:03 |
英語翻訳コース特別セミナーレポート「技術翻訳を網羅する、自動車翻訳の高い汎用性を考える」

 

 

アイ・エス・エス・インスティテュートでは、総合翻訳科、ビジネス英訳科、専門別翻訳科の各コースで「実務に近い、仕事につながる」クラスを開講しています。今期は専門別翻訳科の各クラスで特別セミナーを開催。同日に実施した体験レッスンとあわせて、たくさんの方がご参加くださいました。

 

今期、自動車翻訳クラスでは「技術翻訳を網羅する、自動車翻訳の高い汎用性を考える」と題してセミナーを開催。前半は、レギュラーコースでの指導も担当される西村健二先生(株式会社翻訳センター 工業・ローカライゼーション営業部マネージャー)による講演を、後半の体験レッスンでは戸田浩先生が模擬授業を行いました。

 


丸自動車翻訳業界の現状


西村先生の自己紹介に続いて、講演がスタート。自動車業界の大きな流れをお伝えし、業界の動向をご案内いただきました。翻訳者を取り巻く業界の現状に関するパートでは、「サプライチェーンのグローバル化」や「技術提携」などにより技術文書や作業手順書、生産管理などの翻訳業務が発生するプロセスが例として挙げられました。

 

 

丸自動車翻訳の汎用性

 

翻訳業務の発生するプロセスの説明に続いて、今度は自動車の構成要素から、関連する技術分野についてお話しいただきました。

自動車にかかわる技術分野は、機械、化学、電気、電子、IT/通信と、多岐にわたります。分野の広さこそ技術全般を網羅する特許翻訳には及ばないものの、種類の多さ、分野の広さは他分野と大きな差があります。この差こそが自動車翻訳の汎用性を示しているのです。

 

このように高い汎用性をもった自動車翻訳ですが、授業では技術翻訳の基本セオリーを習得し、技術内容の調査や情報収集が自分でできるよう、いろいろなヒントを提供していきます。

 

「実務に近い、仕事につながる」クラスの受講で、プロデビューの目標を達成してください。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


四葉のクローバー自動車翻訳クラスの 体験レッスン動画

双葉ISSスクールブログで読む「よくわかる自動車翻訳クラス

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2016年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込み 東京校
・レベルチェックテストの日程・お申込み 東京校 横浜校

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 15:00 |
英語通訳者養成コース 創立50周年記念特別セミナーレポート「プロ通訳者になるための勉強法」

 

10月1日(土)、ISSインスティテュート創立50周年特別セミナー「プロ通訳者になるための勉強法」を開催しました。講師は東京校で土曜日入門科を担当される榊原奈津子先生です。

 

セミナーでは、プロ通訳者になるために必要なスキルを中心にお話しいただき、演習を通して参加者の皆様に通訳訓練をしていただきました。

 

 

 

 

まず、通訳に必要な能力は美しい日本語を話すことです。英語を理解できても、人前で話すときに日本語でまとまった言葉で説明できなければ訳出できないのです。

 

そのためにはどのようなスキルが必要なのか。
榊原先生は、4つのスキル「単語力、構文力、リスニング力、知識」が必要だと説明されます。4つのスキルをどのような勉強法で定着させることができるのか、先生のクラスで実践していることを含めて具体的にお話しいただきました。

 

 単語力
新聞や雑誌の記事を利用して文の中で覚えることが重要です。定着率が格段にアップします。また、単語集を利用すると、1、2ページで覚える単語の数が一気に増えるので効率が良く、両方同時に進行すると効果的です。

 

 構文力
文法力とは違い、文章全体のつながりを意識し、聞いてすぐに文章の塊を理解する力のことです。間違えたところは徹底的に用例を見て、単語も合わせて覚えてしまいましょう。

 

 リスニング力
ディクテーション、シャドウイングが効果的です。まとまった英文を聴いてわからないところは何度聴いてもいいです。ゆっくり目の音声からスタートし、徐々にスピードを上げていきましょう。

 

 知識
知識は語学力のなさを補完してくれます。知識がなければ語学力があっても訳すことができないのです。そのためには日本語で新聞を読んだり、雑誌、本を読んだりすることで背景知識を身につけましょう。

 

 

 

 

演習パートでは、シャドウイングとリプロダクション、訳出訓練を行いました。

 

海外経験の少ない人にとってはリスニング力をつけることが一番の難題です。榊原先生からは、「聞き取れない箇所は何度も聞いて、1単語または1文ずつでもいいので、想像しながら聞いてみましょう。辞書を活用するのも大変効果的です。」というアドバイスがありました。

 

訳出に関しては、「自分の解釈を入れずにシンプルにまとめることです。また、直訳ではなく、オーディエンスに伝わりやすい訳を意識しましょう。そのためには即座にスピーカーの意図を汲み取る必要があるのです。」とおっしゃっていました。

 

参加者の皆様は、メモを取ったり、大きく頷いたりしていらっしゃいました。
訳出訓練を通して、通訳者に必要なスキルを強く実感できたのではないでしょうか。

 

最後に榊原先生はこうおっしゃいました。

 

「勉強は効率が悪くてもいいのです。
勉強にかけた時間は必ず、実力となります。

 

『通訳者になりたい』という夢があれば必ずなれます。
もちろん、躓くこともあるでしょう。しかし気持ちがあれば必ずなれるのです。
まずは勉強(訓練)を一定期間続けること。その間に仕事の幅が広がり、大きく前進できています。
やりたいと思ったら、すぐ始めましょう。」


通訳者を目指す方達へ向けた先生の言葉は、多くの人の気持ちを掻き立てたのではないでしょうか。

お忙しい中ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。

 

------------------------------------------------------------------

四葉のクローバー2016年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

 ・英語通訳者養成コースの詳細はこちら
 ・無料体験レッスンの日程、お申込み 東京校 
 ・レベルチェックテストの日程、お申込み 東京校 横浜校

------------------------------------------------------------------

 

 

| イベントアルバム | 19:06 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

リンク

モバイル
qrcode