通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


ISSインスティテュート創立50周年記念「ISS講師からの応援メッセージ」 第17回: 張意意先生(中国語ビジネスコミュニケーションコース)

 

1966年、日本で最初の同時通訳者養成学校(当時の名称:アイ・エス・エス通訳研修センター)としての開設以来、株式会社アイ・エス・エス・インスティテュートは、第一線で活躍する通訳者・翻訳者を養成してまいりました。

 

創立50周年記念として、これからISSで学習を始めてみようとお考えの皆様や、ISSで学習中の受講生の皆様へ向けて、プロの通訳者・翻訳者として活躍されているISS講師から「応援メッセージ」をいただきました。本スクールブログにて、「応援メッセージ」を一つずつご紹介いたします。

 

通訳・翻訳訓練を始めてみたいけれどあと少しの勇気がでない皆様、学習を長年続けているからこその伸び悩みを感じている皆様、ぜひ、ご一読ください!

 

                      

 

 

 

 

 

           

-------------------------------------------------------------------

 

「更上一層楼 (更に上へと)」

張意意先生(中国語ビジネスコミュニケーションコース

                         

 

ビジネスコミュニケーションコースの開講と共に、ISSインスティテュート東京校でお世話になることになり、早四年になろうとしています。毎期、新しく入学される生徒さんもいれば、ずっと継続して一緒に勉強している方もいます。大学生や社会人が大半で、忙しい勉強や仕事の合間に、中国語能力を磨き、更に仕事に役立てようと努力をされています。


皆さん中国語検定2級以上のレベルですが、更に上達しようと、語感、細かいニュアンスの聞き分けや適切な語彙の選択、ネイティブ流の表現方法、中国語の発想法や物事の考え方を身に付け、中国人と同じテーブルを囲んで同等にディスカッションできるようになることを目標としています。


大学での勉強や留学の勉強とは違い、ここでの勉強は目標、問題点をはっきりと認識し、錆びることのないよう、勉強のペースをキープするのにも有効です。

 

語学は知識ではなく、能力なので、知って終わりでは使いものにはなりません。筋トレと同じく、理論を分かった上で、毎日の鍛錬も欠かせないものです。


特に、社会人になると、ちょっとした間違いや、用語の選択などを教えてくれる人はほとんどいなくなってしまい、ただ通じているということだけで仕事をし、交流しているつもりでも、ニュアンスが違うことで、うまくいくはずの仕事がまとまらなかったり、契約できる商談が流れたりするケースも出てきます。


それに、言葉は時代と共に変化しているもので、今の世界において、漢字を使っている言葉は中国語と日本語だけですので、他の言語よりもお互いに影響し合っています。大量の日本企業やサブカルチャーが中国に進出するようにより、企業名や商品名だけでなく、合理的な日本語、トレンディーな日本語、例えば、「企画」、「営業中」、「突っ込み」などが今の中国の一般大衆の日常生活に定着するようになりました。


自分の中国語のレベルはどれぐらいなのか、どのようにすれば上達できるのか、学習方法には問題がないのか、ネイティブとどこが違うのか、なぜなのか、などの質問に回答を求めるなら、学校が最も心強いサポーターと言えます。

 

さらに、自分の人生をより充実させ、視野を拡大する人生設計においても、生涯学習が欠かせないものになってきています。自分に最適な中国語の勉強の場を求めるとき、ISSは最高の選択だと思います。


ISSをお勧めするのはまず、教室は通いやすい都心に立地し、室内は明るく清潔で、とても居心地のいい学習環境を備えています。新聞や参考書が並んでいるラウンジで休憩しながら違うクラスの生徒さん達との交流もでき、アットホームな温かい雰囲気が漂っています。


教務スタッフもとても親切で、アドバイスをしたり、質問に対応したり、いつも笑顔で接しています。


ところで、ここで強調したいのは、生徒さんの平均的レベルが高いことです。中国語には「水漲船高」、つまり水面が高ければ、自分の船が自然に高い水準に置かれるとの謂れがあります。学習の環境はとても大事だと思います。よい環境の下で、お互いに刺激し合い、相手の長所を吸収し、共にさらなる進歩を成し遂げられるものと思います。


通訳コース、翻訳コースでは、日中両国ネイティブの先生が授業を担当し、直感と論理の両面から中国語を分析しながら、理性と感性ともに磨いていくことができます。


独特の様々な修辞法など中国語の持つ美しさを味わい、重厚な文化背景を探求し、楽しく緊張感のある授業で、自分自身でも自在に中国語を操ることができるようになることを目標としています。

 

昨今、中日関係はギクシャクしており、ビジネスチャンスが減ったと言われたりもしますが、日本からの輸出額が1991年の約86億ドルから2012年の約1447億ドル、輸入額も同じ約142億ドルから約1889億ドルに増えていることは覆すことのできない事実です。


交流の規模が拡大するにつれ、摩擦も多くなってしまうのは当然のこと。その摩擦を円満に取り除くためには正確に気持ちを伝え、理解できる人材が必要不可欠です。


2020年のオリンピックに向け、日本の国際化は一層拡大し、日中間の交流、ビジネスの展開もより一層盛んとなるでしょう。


「欲窮千里目,更上一層楼(美しい景色を見るためには、一段と高く登らなければならない)」


輝かしい将来に向けて、最高の学習環境の下で、一緒により一層自分をグレードアップしようではありませんか。

<禁無断転載>

 

-------------------------------------------------------------------


<張意意先生のプロフィール>
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

 

-------------------------------------------------------------------

 

| ISSインスティテュート創立50周年記念 | 09:00 |
2017サマーおすすめ:[英語][中国語] 「電話通訳オペレーター実践講座」第2回修了生インタビュー

 

仕事に直結する講座として2015年にスタートした「電話通訳オペレーター」クラス。実際に、修了生の中から電話通訳オペレーターが誕生しています。

第2回修了生インタビューでは、2016年8月の当講座を受講してオペレーターになった山口智美さんにお話を伺います。
 

 

丸ご自身の簡単なプロフィールと、通訳(訓練)歴を教えていただけますか?


父の転勤で5〜8歳までをオーストラリアで過ごし、そのときに英語に興味を持ちました。特に現地の幼稚園に通っていたときに、さまざまなバックグラウンドの人と出会い、「英語でコミュニケーションを取れるようになりたい」「英語を使って何かをしたい」と思うようになりました。その後、小学生のときに“通訳”という仕事を知り、日本と外国の橋渡し的存在になりたいという思いから、通訳者をめざし始めました。


通訳者になるには母国語も磨く必要があると考え、日本の大学に進学して国文学を専攻し、その後、再びオーストラリアに渡って、現地の大学院で通訳・翻訳を学びました。帰国後は地元の通訳学校に通いながら、市役所や企業で通訳者としての実績を積みました。

 

丸「電話通訳オペレーター実践講座」を受講された理由を教えてください。


幼少期を過ごしたオーストラリアは多民族国家で、コミュニティ通訳の文化が発達していました。その影響で、コミュニティ通訳に興味を持つようになりました。オーストラリアにはコミュニティ通訳の国家試験があり、それに向けて勉強していたこともあります。


大学院修了後には、日本でコミュニティ通訳の仕事をしたいと考えていましたが、無償に近い働き方が多く、生活するのが難しいので無理だと思っていました。そんなときに、アイ・エス・エス・インスティテュートでこの講座の案内を見て、“電話通訳オペレーター”という職業を知り、とても魅力を感じました。電話を通して外国人の方を直接サポートできるというだけでなく、お給料がもらえて生活を維持できるので長く続けられる、という点が理想的で、通訳オペレーターをめざして講座を受講しました。

 

丸 授業では、どのような点が勉強になると感じましたか?また、実際の現場で特に役に立っていることは何ですか?


授業の内容は現場に直結しており、習ったことがそのまま業務に活かせるので、全てが役に立っています。電話通訳は、「一人称で訳さない」など、通常の通訳とは異なる特徴を持っていますが、それを毎回の授業で繰り返し訓練したため、現場デビューのときに混乱することなく業務に当たることができました。また、現場では授業で習ったようなやり取りが実際に交わされるので、授業で使ったロールプレイ原稿や資料は今でも手元に置いて参考にしています。


先生からはいつも、的確なフィードバックと現場で活かすことのできるアドバイスをいただきました。講座修了後にもらった評価コメント表は、今でも大切にしています。いまだに現場で指摘される課題点と、その改善策がとても具体的に書かれているので、ことあるごとに読み返しています。


講座は全4回ですが、1回1回の授業の中身が濃く、とても充実していました。現場に出て約1か月で、1人で業務をこなせるようになったのも、この講座を受講したお蔭だと思います。

 

丸電話通訳オペレーターの仕事で、大変だと感じることは何ですか?


「おもしろい」と感じる点でもあるのですが、お客様のほとんどが英語のノンネイティブ・スピーカーであるということです。お客様の訛りが強くて、何を言っているか聴き取れなかったり、英語があまり得意でないお客様に、こちらの言っていることを理解してもらえなかったりすることは珍しくありません。そのような状況で、お客様が何を伝えようとしているのか、また、どのように伝えればこちらのメッセージを理解してもらえるのかなどを、リスニング力・想像力を最大限にたくましくしながら考えているときに、大変さとともにやりがいを感じます。

 

丸電話通訳オペレーターの仕事で、おもしろいと感じることは何ですか?


お客様の問題を解決するために試行錯誤することが「おもしろい」と感じますし、実際に解決できたとき、お客様の喜ぶ声を直接聞いたり、感謝を伝えられたりすると、大きな達成感を感じます。初めて担当したのがインターネット関連の案件だったのですが、最後にお客様の「(インターネットに)繋がった!」という声を聞き、その瞬間を共有できたときに、本当に嬉しく感じました。


また、電話通訳オペレーターは1人で幅広い分野を担当するのですが、そこにも魅力を感じています。さまざまな分野の通訳を経験できて、普段の生活では決して触れないような知識や語彙を身につけられることに、とても刺激を感じます。

 

丸今後の目標をお聞かせください。

 

まずは、勤務する多言語コンタクトセンターの全ての通訳案件に対応できるようになりたいと思っています。特に、以前から医療・法律分野の通訳に興味があったので、経験を積んで、それらの案件も担当できるようになりたいです。


プライベートでは、同時通訳スキルも身につけて、将来的にはコミュニティ通訳の同時通訳ができるようになりたいと思っています。

 

丸これから「電話通訳オペレーター実践講座」を受講される方々にメッセージをお願いします。


多言語コンタクトセンターでの業務はとても充実しています。ひとつひとつの案件にとてもやりがいを感じますし、空き時間に自主学習できる環境も整っていて、とても働きやすいです。


「電話通訳オペレーター実践講座」は非常に実践的な内容なので、実際に通訳オペレーターとして働くときに、安心して現場デビューできます。


通訳オペレーターをめざしていない方も、授業でさまざまな分野の通訳を経験できるだけでなく、具体的なフィードバックやアドバイスをもらうことで、幅広い対応力が身につけられると思います。いろいろな方に役立つ講座だと思うので、ぜひ受けてみてください!

 

マル第1回修了生インタビューはこちら

 

------------------------------------------------------------------------

 

にじ サマーコース開講直前 特別セミナー開催!

 

「コミュニティ通訳の現状と展望 2017」

 東京校:7/28(金)19:00〜20:30 ※参加費無料

 

 セミナーの詳細、お申込みはこちらから:

 英語通訳 中国語通訳

 

------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 短期コース2017サマーは、入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!
クラスの詳細、お申込みはこちらから:

 [英語]「電話通訳オペレーター実践講座」
  東京校:9/5・12・19・26(火)19:00〜21:00 (全4回)
  https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_short.html#feature8

 [中国語]「電話通訳オペレーター実践講座」

  東京校:9/6・13・20・27(水)19:00〜21:00 (全4回)
  https://www.issnet.co.jp/courses/c_i_short.html#feature5


------------------------------------------------------------------------

 丸特別セミナーレポート
 「コミュニティ通訳の現状と展望 2015」こちらから
 「コミュニティ通訳の現状と展望 2015」〜参加者のみなさまからのご質問こちらから

------------------------------------------------------------------------

| 【英語通訳コース】 | 15:25 |
授業体験レポート:2017春【英語編】第4回 「IR関連の日英、そしてプロの訳出スピード」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、12シーズンめを迎えました。

2017年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第4回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

こんにちは。梅雨に入り不安定な天気が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 

私事ですが、私には中高生の子どもが二人おります。この時期は特に、塾や学校の保護者会や三者面談、学校行事のお手伝い、部活の試合や保護者会など、毎週の様に週末の日程が詰まっており、課題に取り組める時間は、残念ながら限られておりますが、何とかがんばっております…

 

ちなみに、「金融・IR翻訳」クラスの課題配信は金曜日の午後、提出は日曜日じゅうなので、課題に取り組める時間は週末のみです。先生の話ですと、私たちが課題に取り組む時間をあえて短くしているそうです… 翻訳の仕事をするのであれば、800字の日本語を約一時間半で英訳できるようにならないと、見直しの時間が取れなくなり、品質が保てなくなるとのことです。プロの翻訳者のスピード感に慣れるための練習とはいえ、今はまだ大変ですが、引き続き今後の課題も集中して取り組んでいきたいと思います。

 

さて、金融・IR翻訳クラスの6、7回目は、IR関連の日英翻訳を行いました。私は以前会計・監査の勉強をした経験があり、IR関連は経済専門記事に比べ取り組み易い課題でした。翻訳する内容の基礎知識があることは、やはり大きなメリットであり、誤訳の回避に繋がると思いました。

 

では、いつもの様に授業の一部をご紹介したいと思います。

 

丸第6回目の課題


6回目は、「新株予約権(株式オプション)の発行」に関する企業から株主への通知の英訳でした。今回の課題では、同じような内容の通知をインターネット上で見付けることができ、訳出の参考にしました。先生によると、IR関連の情報は、インターネット上で見付け易いとのことです。

 

今回の課題を取り組むにあたり、数社分の通知を読みましたが、様々な翻訳があることが分かりました。同じような表現を見つけても、そのまま使うのではなく、より読み易く、分かりやすい表現ができないか考えて訳出する必要があるようです。

 

なお、今回の様な通知では、shall が使われることが多いとのことです。shall は義務的な意味がある所で使われ、機械的に表現する部分や付随する部分については、shall を使う必要はなく、will を使い、状況をただ表している部分については、is/ are を使うとのことでした。


丸第7回目の課題


7回目の課題は、「アニュアル・レポートの財務諸表の注記に関する英訳」でした。財務諸表作成における、会計基準、連結方針、通貨などについての記述でしたが、今回の課題の様な財務諸表の注記は、定型的な文なので、慣れておく必要があるとのことでした。

 

なお、会計基準の取り扱いで使われる「償却する」ですが、有形固定資産については、depreciate 、無形固定資産については、amortize が使われるので、注意が必要とのことでした。あと、「重要な子会社」、「重要な連結会社間の取引」などで使われる際の「重要な」は、significant を使用。また、通貨の記載で使われる「日本円」は、the Japanese yen とthe を入れるので、これも注意が必要とのことでした。

 

丸ミニテスト


6、7回目も授業の最後にミニテストがありました。いつものように、約100字の日本語を10分で英訳するという課題でした。課題は、一度授業で扱った内容に近いとはいえ、残念ながら、時間内に終わらせることができませんでした。


訳出スピードを上げるためにも、今後は、授業で触れた内容については、できる限り毎週暗記して、実際に使える表現を増やしていきたいと思います。

 

| 授業ルポ | 09:00 |
2017サマーおすすめ:[英語] 「2日完結!はじめての映像字幕翻訳訓練」クラスのご案内

-----------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 「2日完結!はじめての映像字幕翻訳訓練」
 [東京校] 9/9・10(土・日)13:00〜 15:00


------------------------------------------------------------------------

「字幕翻訳の世界」

翻訳を志したことのある方なら、一度はその華やかな世界を見てみたい、と思ったことがあるのでは?

もちろん、華やかな表舞台とは裏腹に、翻訳や字幕作成の作業は、地道な作業であることは言うまでもありません。しかも、「字幕の世界は競争率が高い」「門戸が狭い」というのも事実。

けれどもやっぱり憧れてしまう…

だったらあきらめずに、まずは字幕翻訳というものを知っていただきたい。そんな思いで、ISSインスティテュートでは、「映像字幕翻訳」クラスを長年にわたって開講してきました。

そして現在、「映像翻訳の世界」は新たな局面を迎えています。BS、CSのチャンネルは増え続け、さらに動画ネット配信サービスが日本でも本格化し、字幕翻訳の業務量が増加。結果として翻訳者の新規参入のチャンスが拡大しています。

短期コース「2日完結!はじめての映像字幕翻訳」クラスでは、字幕制作の基本ルールとあわせて、スポッティング(*)作業についてご説明します。

(*スポッティング:カッティングとも言われ、音声に合わせて、字幕を表示するタイミングを設定する作業のこと)

また、字幕を作る上で欠かせない、専用の字幕作成ソフトについても詳しくご説明します。授業では、この専用ソフトの説明とともに、講師が作業を実演します。あなたが作成した字幕を、このソフトを使って実際に映像にのせてご自身の目で確認していただきます。自分の字幕が映像にのるなんて!専門クラスでなければ味わえない感覚です!


最後に、この映像字幕翻訳クラスの講師を長年担当している、佐久間公美子先生の言葉で、締めくくりたいと思います。

大切なのは、『字幕が好きだ』という思いを持ち続けること

どんな目標でも、「好きだ」という強い気持ちを持ち続ければ、道が開けてくるのかもしれませんね。


------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 「2日完結!はじめての映像字幕翻訳訓練」
 [東京校] 9/9・10(土・日)13:00〜15:00


 短期コース2017サマーでは、入学金・レベルチェックテストは不要です
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature5

------------------------------------------------------------------------

<関連記事>
クラスを担当する佐久間久美子先生の関連情報もご参考にどうぞ!
丸講師紹介 : 佐久間久美子先生

 

------------------------------------------------------------------------

| 【英語翻訳コース】 | 20:00 |
2017サマーおすすめ: [英語]「映像字幕翻訳スポッティングトレーニング」クラスのご紹介


---------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 映像字幕翻訳スポッティングトレーニング
 [東京校] 9/16〜 10/16
 スクーリング1回:9/16(土)11:00〜14:15(休憩15分)
 通信添削3回:9/22・30・10/7


---------------------------------------------------------------------

短期コース2017サマーで開講する「映像字幕翻訳スポッティングトレーニング」クラスでは、映像字幕翻訳業務に必須のスキルを短期集中で習得することを目標としています。

映像字幕翻訳者をめざして訓練をされている方、映像翻訳のお仕事の獲得をめざしている方、そして、映像字幕翻訳業界でお仕事の幅を広げたい方におすすめのクラスです。

字幕翻訳とあわせて依頼されることが多くなったスポッティング業務。字幕制作には欠かせない業務です。今回は、字幕制作ソフト Babel を使用して、ハコ書きからスポッティングまでの作業の流れを理解します。

授業では、字幕を活かすハコ書きに関してプロ翻訳者から、スポッティング業務のながれや実際に行う作業の内容については字幕制作ソフトの開発元から講師を招き、前後半に分けて講義を行います。

授業は1回3時間ですが、本クラスの受講生には、1か月間無料で字幕制作ソフト Babel が利用できる特別ライセンスが付与され、クラス受講後も利用可能期間内は自習することができます。また、3回の通信添削課題により、個別に講師より指導を受けることができます。

ネットでの動画配信が増加を続け、また動画が情報発信の主流となる今、本クラスの受講を通じて、業界への参入、お仕事獲得をめざしてください。

---------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 映像字幕翻訳スポッティングトレーニング
 [東京校] 9/16〜 10/16
 スクーリング1回:9/16(土)11:00〜14:15(休憩15分)
 通信添削3回:9/22・30・
10/7


 短期コース2017サマーでは、入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから: 
 https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature9

---------------------------------------------------------------------

双葉映像字幕翻訳翻訳を学んでみたい方はこちらもおすすめです!

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 2日完結!はじめての映像字幕翻訳訓練
 東京校:9/9・10(土・日)13:00〜15:00

 四葉のクローバー短期コース2017サマーで2つ以上のクラスを受講される場合、
 2つ目以降の受講料が10%OFFとなります!(※新規生の方が対象です)

 

------------------------------------------------------------------------

<関連記事>
クラスを担当する佐久間公美子先生の関連情報もご参考にどうぞ!
丸講師紹介 : 佐久間公美子先生

 

------------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 18:40 |
2017サマーおすすめ: [英語] 「はじめての特許明細書翻訳訓練」クラスのご紹介


------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 「はじめての特許明細書翻訳訓練」

 [東京校] 8/24・31・9/7(木)19:00〜21:00(全3回)

------------------------------------------------------------------------

現場に近い、仕事につながるクラスです。

当社グループ会社で、日本最大の翻訳会社の株式会社翻訳センターと共同で開発し、2013年秋にリニューアル開講したレギュラーコース「特許翻訳」クラスですが、毎学期、クラスの卒業生が翻訳者デビューを果たしています。

 

さて、本日ご案内いたしますサマーコース「はじめての特許明細書翻訳訓練」クラスは、レギュラーコース講師で(株)翻訳センターの登録翻訳者として稼働中の名村孝先生が担当します。成長分野「特許翻訳」への参入をお考えの方におすすめのクラスです。


イメージだけで敬遠されている方もおられるようですが、名村先生の言葉を借りれば、「『特許翻訳』は特殊というイメージが強い分野ですが、形式やパターンが存在するので勉強はしやすいと思います。論理的に文章を読み解いて論理的に文章を書くことができる人に、この『特許翻訳』は向いています」と、理系有利のイメージが強い特許翻訳に求められるのは、実は深い言語理解力ということになります

 

授業では、特許明細書を教材として使用し、翻訳演習を行う中で「特許」および基本用語について説明します。ポイントを絞って講義を行うので、効率よく「特許翻訳」について理解を深めることができます。現場で実務に携わる名村先生から提示される実務に役立つ知識を、もれなく吸収して、これからの特許翻訳訓練、そしてキャリアアップに活かしてください。課題も、現場のニーズを反映した、仕事につながるチャンスの高い日英翻訳訓練を中心に授業を行います。専門性を高めること(特許明細書に関すること)と、言語理解力の向上(翻訳技法の習得)を強く意識してご受講いただくことで、大きな効果が期待できます。

現場に近い、仕事につながるクラスから、特許翻訳者への道を歩み出しませんか?

------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 「はじめての特許明細書翻訳訓練」

 [東京校] 8/24・31・9/7(木)19:00〜21:00(全3回)
 [インターネット] 8/25〜 9/17 ※スマートフォン、タブレット端末対応

   ※インターネットクラスの授業動画は通学クラスの方もご視聴いただけます。
      復習や欠席された際の補講用としてご利用ください。


 短期コース2017サマーは、入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!
クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 http://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature11

------------------------------------------------------------------------

| 【英語翻訳コース】 | 16:50 |
2017サマーおすすめ: [英語] 「はじめての技術翻訳訓練」クラスのご紹介


------------------------------------------------------------------------

   四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 「はじめての技術翻訳訓練」
  [東京校] 8/22・29・9/5(火)19:00〜21:00(全3回)

------------------------------------------------------------------------

自動車やエレクトロニクスなど、日本が世界に誇る技術に関する翻訳業務は今後も増加が見込まれています。製造マニュアルや仕様書などドキュメントの種類も多様で、作業量も膨大です。

これらのドキュメントの翻訳は、翻訳支援ツールを使用して作業をされることが多くなりました。また、機械翻訳ソフトを使って翻訳された文章を、人間が再編集し、品質を高めて納品するという作業プロセスを取り入れた案件も増えてきています。

上記のように、ツールを使って翻訳をした文書の品質は、いずれの場合も翻訳者のレベルによって決まります。言い換えれば、ツールを使う翻訳者のレベルが高ければ、効率良く、高品質、高付加価値の翻訳を生み出すことができるのです。

はじめての技術翻訳訓練」クラスは、技術翻訳を基本からしっかり学ぶクラスです。翻訳者として豊富な経験を持つ、技術英語を知り尽くした日本人講師に納得するまで徹底的に学ぶ、圧倒的な情報量と、親身な指導でレベルアップをサポートするクラスです。

授業は、自動車産業を中心に、実務に近い、仕事につながる分野・種類から教材を選択、作成し、毎回の演習を通じて翻訳スキルの定着をめざします。

技術翻訳者に求められる読者が違和感なく読める英文、つまり原文の持つ情報を過不足なく表した訳文を導き出すために必要な技術翻訳スキルを基本からしっかり学びます。


------------------------------------------------------------------------

   四葉のクローバー 短期コース2017サマー
 「はじめての技術翻訳訓練」
 [東京校] 8/22・29・9/5(火)19:00〜21:00(全3回)

 [インターネット] 8/23〜 9/15 スマートフォン、タブレット端末対応

   ※インターネットクラスの授業動画は通学クラスの方もご視聴いただけます。
      復習や欠席された際の補講用としてご利用ください。


 短期コース2017サマーは、入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!
クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature12

------------------------------------------------------------------------

| 【英語翻訳コース】 | 16:40 |
2017サマーおすすめ: [英語]「訳文品質アップの新アプローチ 翻訳チェッカートレーニング」クラスのご紹介


------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
  「訳文品質アップの新アプローチ 翻訳チェッカートレーニング」
   [東京校] 10/7・14(土)15:00〜17:00(全2回)

------------------------------------------------------------------------

「翻訳チェッカーの役割」とは
クライアントのニーズが多様化している今、翻訳文の品質の安定と向上に欠かせないのが「翻訳チェッカー」の存在です。

ところで、みなさんは「翻訳チェッカー」が翻訳業務のプロセスの中でどんな役割を果たしているかご存知ですか?

「訳抜け」や「表記の揺れ」、「情報の確認」などを行い、作業面で翻訳者をサポートする黒子のようなポジションと思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はさらに深く翻訳業務にかかわっています。

「翻訳チェッカー」として翻訳業界に参入して、これまで数多くの翻訳プロジェクトに携わり、その経験を活かして、現在は「翻訳者」としても活躍中の豊田実紗先生から、翻訳の品質向上という重要な責務を担っている「翻訳チェッカー」のお仕事についてご紹介いただくとともに、授業でのチェッカー業務の演習を通じて 訳文の品質向上を実感していただきます。

教室での演習は、「翻訳チェッカー」の仕事の流れを理解し、課題を使ってチェッカー業務を体験していただきます。

前回開講時の授業では、いろいろな訳文サンプルを先生にご用意いただき、現場に近いシチュエーションで実務に役立つテクニックをご紹介いただきました。

今回も授業の中で訳出は行いませんが、訳文を読み、品質を向上させるスキルを養うことで、自分が訳した文を第三者的な視点で読むことができるようになります。この業務体験を通して、全く新しいアプローチでご自身の訳文品質を向上させるテクニックをご理解いただきます。

本クラスの修了生が、活躍中です!
なお、クラス受講後、チェッカーに求められるスキルをお持ちであると評価された方は、チェッカーや翻訳者としての実務経験の有無を問わず、(株)翻訳センターが実施するトライアル受験の権利が付与され、合格者は即戦力として(株)翻訳センターにてチェッカー業務に携わっていただきます。

------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2017サマー
  「訳文品質アップの新アプローチ 翻訳チェッカートレーニング」
 [東京校] 10/7・14(土)15:00〜17:00(全2回)
   [インターネット] 10/8〜 10/24 スマートフォン、タブレット端末対応


   ※インターネットクラスの授業動画は通学クラスの方もご視聴いただけます。
      復習や欠席された際の補講用としてご利用ください。


 短期コース2017サマーでは、入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature14

------------------------------------------------------------------------

<関連記事>
クラスを担当する豊田実紗先生の関連情報もご参考にどうぞ!
丸講師紹介 : 豊田実紗先生

 

------------------------------------------------------------------------

| 【英語翻訳コース】 | 16:30 |
2017サマーおすすめ [英語] 「はじめての実務翻訳訓練」クラスのご紹介


------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー短期コース2017サマー
 「はじめての実務翻訳訓練」

 [東京校] 8/26・9/2(土)14:00-17:15(休憩15分)(全2回)
 [横浜校] 9/2・9(土)10:00-13:15(休憩15分)(全2回)

------------------------------------------------------------------------

これまでISSで翻訳訓練を始められる方は、実務翻訳の世界で「社内翻訳者」や「フリーランス翻訳者」をめざす人がほとんどでした。でも今は状況が少し変わってきていて、仕事で英語を使う機会が多く、翻訳をすることもよくあるという方が、ご自分の語学力や翻訳力に不安や疑問を感じて受講をスタートされています。自分の訳に誤りはないか?誰が読んでも同じように理解してもらえる訳文か?と不安に思われている方、ぜひISSで翻訳訓練をはじめませんか?

授業は、レギュラーコースでも親身な指導と細部までわかりやすい説明で受講生の信頼が厚い、今野由紀子先生(東京校)と、塚崎正子先生(横浜校)が担当し、「自分が翻訳業務を頼まれたら…」という、誰もが遭遇するシーンを想定して、その対処法をご紹介していきます。この授業で学んだことを、原文の読み取りや訳出の際に心がけるだけで、訳文の品質が変わります!経験に裏付けられた訳出に役立つヒントをみなさんにご紹介します。

ところで、「翻訳」は元の文章の言葉が別の言語に置き換わっていて、意味がわかればOKだと思っていませんか?共通の知識を持った相手とのやり取り、たとえば社内の打ち合わせで使う資料や、読み手が誰かすでに分かっているドキュメントであれば、多少訳文が読みにくくても意味さえ伝われば良いのかもしれません。

でも、「翻訳」の本当の役割は言葉の意味だけではなく、書き手の意図を伝えることです。たとえば、ある商品の販売に関する資料の翻訳。訳文を読むのは、この商品の購入を検討している人ですが、はたしてその人には資料の意味さえ通じればよいのでしょうか? 違いますよね。その商品がほしい!と思わせて、そして、その商品が売れてはじめて、翻訳の役割を果たしたといえるわけです。

この「はじめての実務翻訳訓練」クラスは、翻訳の訓練を受けてみたいという方はもちろん、「自己流」の翻訳に限界を感じていらっしゃる方、ご自身の英語力に「売り」をプラスしたい方におすすめします! 

------------------------------------------------------------------------

 

 四葉のクローバー短期コース2017サマー
 「はじめての実務翻訳訓練」

 [東京校] 8/26・9/2(土)14:00-17:15(休憩15分)(全2回)

 [インターネット] 8/27〜 9/12 スマートフォン、タブレット端末対応

 [横浜校] 9/2・9(土)10:00-13:15(休憩15分)(全2回)

 [インターネット] 9/3〜 9/19 スマートフォン、タブレット端末対応

 
   ※インターネットクラスの授業動画は通学クラスの方もご視聴いただけます。
      復習や欠席された際の補講用としてご利用ください。


 短期コース2017サマーは、入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature2

------------------------------------------------------------------------

<関連記事>
クラスを担当する今野由紀子先生・塚崎正子先生の関連情報もご参考にどうぞ!
丸講師紹介 : 今野由紀子先生

丸講師紹介 : 塚崎正子先生

 

------------------------------------------------------------------------

| 【英語翻訳コース】 | 16:20 |
通信講座「翻訳入門」クラス(英語翻訳者養成コース)のご紹介


翻訳への第一歩は、まず英語の基礎力強化から
通信講座「翻訳入門」は、苦手とされやすい英文法を自由なペースで着実に身につけることができるよう開発されたクラスです。

 

講師と受講生の対話形式ですすむ授業をそのまま再現したテキスト、そして、受講生一人ひとりにあわせた丁寧な添削指導によって、理解力を高めながら英文法の用法と翻訳の基本を身につけることができます。課題をこなしてテキストを読み進めていくことで用法をマスターし、ステップアップしていきます。英語理解力と日本語の表現力の両方で実力アップがはかれます。「英語の基礎文法を着実に身につけながら、翻訳力をアップする」のがこの講座のゴールです!

 

-----

 

■通信講座「翻訳入門」で取り上げる文法項目

 【翻訳入門1】 不定詞/助動詞/動名詞/分詞
 【翻訳入門2】 関係詞/仮定法/比較/受動態
 【翻訳入門3】 時制/否定/Itの構文/特殊構文

 

-----

 

こんな方におすすめです!
・翻訳に興味があって、これから本格的に翻訳訓練を始めようと思っている方
・基礎からじっくり学んで、文法力・構文読解力を強化したい方
・TOEIC®や英検などのスコアアップをしたい方


専任講師がスキルアップを最後までサポート
受講生のみなさんから提出された訳文は、専任の講師が初回から修了まで添削指導します。意味のとりにくい構文には、「分解図」を添えて細かく指導。テキスト、課題に対する質問にも親身の回答でご対応します!

 

受講特典あり!

通信講座「翻訳入門」の1〜3をすべて修了すると、英語翻訳者養成コースの「総合翻訳・基礎科1」にレベルチェックテスト免除で受講申し込みができます。また講座受講中、直近で開講するレギュラーコースの入学金全額OFF、レベルチェック受験料無料の特典も適用があります。

 

講座は、いつからでも受講をスタートできますので、TOEICや英検などの資格試験受験にあわせて受講を始められます。また、自分のペースで進められる通信講座のメリットを活かして、お仕事や他の勉強との両立も可能です!
 

------------------------------------------------------------------------


通信講座「翻訳入門」の詳細・お申込みはこちら

 

通信講座「翻訳入門」は、入学金・レベルチェックテストは不要です。
受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature6

 


------------------------------------------------------------------------

| 【英語翻訳コース】 | 15:45 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

リンク

モバイル
qrcode