通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


授業体験レポート:2018春【英語翻訳編】第6回 「書き言葉は誤魔化せない」

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、14シーズン目を迎えています!
ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。

2018年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスからの授業レポートをお届けしています。英語翻訳クラスの第6回、ぜひお楽しみください。

 

----------------------------------------------------------------------------

みなさん、こんにちは。総合翻訳・基礎科1通学クラス受講中のMです。相変わらず猛暑日が続いていますね。私の住む東京では3連休に最高気温35度を超えました。私は1日だけ出かけましたが、暑すぎて徒歩で行けるところをバスで行ったほどでした。引き続き熱中症には気を付けましょう。

 

では、第6回の授業レポートを始めたいと思います。


まず前回の授業のことから書きたいと思います。前回の授業では、「納得するまで考える」「納得するまで調べる」「自分がきちんと理解していないことは書かない」ということを学びました。書き言葉の場合、話し言葉と違い、記録に残るので誤魔化せません。

 

前回の英日課題では、「女性の晩婚化と女性労働者数の増加がどう経済に影響を与えているのか」がテーマだったのですが、ずっと文章で「〜歳」の単位で説明されているのに、最後だけ「〜%」になっていたのです。そこでどうして急に単位が変わるのかにクラス全員が気づかずに訳していました。きちんと文章を読み取れば、年齢が上がる・下がる場合は「〜歳」で良いですが、「〜%」の場合は、年齢の上がり下がりではなくて、全体の率の話、つまり上昇率や低下率の話をしていることが分かりますよね。文脈に沿って、「上昇率は〜%と低くなっている」と「上昇率」という主語を補って数値の変化を訳出できるかがこの課題のポイントだったのです。少しでも疑問に思ったら、「何がどうなる?」「何がどうなった?」と原文に戻り、考え直す必要があるということですね。
次の基礎科2クラスに進級すると、かなりのリサーチが必要で、また、文章全体の論理展開の理解が大事になるそうです。今の段階で習慣づけられることはやっておいた方がよいということでした。

 

次に、いつも課題のことや文法のことばかり書いていますので、今回は「復習」についてお話したいと思います。

 

毎週課題をやって提出し、授業でクラスメートの訳文をシェアして、それらを先生の訳例とともに参考にしながら、解説、文法の説明を聞いて…それで終わりなのかといえばそうではありません。授業の振り返り、そうです、「復習」が必要です!でも、「復習」はいたってシンプルです。授業で配られた、クラスメートの構文分析の結果や訳文でうまく訳せているなと感じたところを読み直し、次に先生が書いた訳例を読みます。そして文法もしっかり復習します。授業で解説された重要な箇所について、副読本の「表現のための実践ロイヤル英文法」を読み直します。しかし、このように復習を効率よく行うには、授業にかなり集中して授業の内容を理解していないといけないのです。この「課題をやる」→「授業を受ける」→「復習する」の3ステップのサイクルが基本です。回数を重ねるごとに成長も課題も見えてきます。このようにステップを踏んだ訓練を続けられているのは、学校に通っているからだと思います。とてもよい環境にいるといつも感謝しています。今期の基礎科1の授業はもう残すところあと4回です。最後まで頑張りたいと思います。

 

 

| 授業ルポ | 14:18 |
授業体験レポート:2018春【中国語編】第6回 「楽しい授業も(たまに)あります」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、14シーズン目を迎えています!

2018年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください。

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?毎週金曜更新、英語・中国語を交互に連載します。

それでは、中国語通訳者養成コース通訳科1のYさんのお届けする授業ルポ第6回をどうぞお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

11回目は日中通訳訓練の中間テストでした。テスト,某政治家記者会見の質疑応答の逐次通訳です。記者の質問部分は事前に資料をもらっていましたが、政治家の応答部分は初めて聞くのでかなり難しいです。時間にして45分くらいだったでしょうか。逐次通訳の一斉録音が終わり、深いため息とともにみんながヘッドセットをはずすと、クールビューティーな先生がひと言、私たち受講生に尋ねました。「みなさん、私の感想が聞きたいですか?」いえ、聞きたくありません。みんな心の中でそう言ったはずですが、先生はクールに、核心をついたコメントをくださいました。

 

尻切れトンボにならないように訳しきることを心がけましょう。難しくてメゲそうになってもあきらめないようにしましょう。話者になりきって訳しましょう。政治家の通訳なんだからもっと自信を持って堂々と。特に日本で長く生活している中国人に多いのですが、日本語をそのまま中国語に置き換えても通じませんよ。例えば「安保理」は中国語では「安理会」でしょう。とにかく準備不足ですよ、みなさん、もっと準備しないと…等々。

 

心の傷が癒えないままテスト△麓業で既出の単語のクイックレスポンス(単語を聞いて即座に訳出する訓練)。テストは映画監督が国際的な賞を受賞した日本語ニュースを使ったサマライズ(要約)でした。テスト終了後はペアを組んでサイトラ(文章を読んで頭から訳出していく)訓練を行いましたが、疲れでなんだかぐったりでした(すみません)。

 

12回目も日中通訳訓練です。この日は映画監督のインタビューを教材にした逐次通訳訓練です。通訳科1では1学期に1回は映画がテーマとなる授業があります。予習と称して映画を見るのも楽しいですし、授業の合間に聞くクラスメイトや先生の感想も大変興味深く、なにより話者の話が面白いので私は大好きです。しかしテーマとなる映画を見ただけで予習が終わった気になってしまうところが罠です。今回もそんな雰囲気で授業に臨んでしまい、「配給会社」「セット」「ロケ」など当然予習しておくべき単語が訳出できませんでした。しかし、監督の話は大変胸を打つもので、この内容を中国語で正確に伝えられるようになりたいと強く思いました。このように、通訳に必要な知識や興味が深まるようなテーマの授業が多いのもISSの魅力だと思います。


この日はほかに、七夕に関する日本語のショートストーリーと台湾のTV局のニュースを使ってサマライズとシャドーイング(音声を聞いた後即座に復唱する訓練)を行いました。

 

 

| 授業ルポ | 09:14 |
授業体験レポート:2018春【英語翻訳編】第5回 「侮るなかれ修飾語句!」

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、14シーズン目を迎えています!
ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。

2018年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスからの授業レポートをお届けしています。英語翻訳クラスの第5回、ぜひお楽しみください。

 

----------------------------------------------------------------------------
みなさん、こんにちは。総合翻訳・基礎科1通学クラス受講中のMです。関東は梅雨明けし暑い日が続いています。急に暑くなったので、熱中症に気を付けなければいけませんね。

 

では、第5回の授業レポートを始めたいと思います。今回は英日翻訳を作成する際のポイントを2つ学びました。

 

1つ目は、「主語にするものを変えてみる」です。

 

英日翻訳を行う際は、英語の動詞を日本語では名詞に変えて書くことが多いのです。いつも「意味を変えないようにしなければ」とじっくり考えながら順番を変えたり、語句をつけ足したりして訳しています。そこで、前回の授業では、「主語にするものを変えてみる」といったテクニックを教えていただきました。毎回の授業で、クラスメイト全員分の訳文を見比べるのですが、既にそのテクニックを使い、訳している方がいました。それはとても自然な日本語で、「原文は同じなのに、訳し方を少し変えるだけでこんなに読みやすくなるのか!」と感心しました。先に講師訳例を見てしまうより、こうやってクラスメイトと訳文を共有しながら授業を受ける方が勉強になります

 

2つ目は、「構文分析を訳文に活かす」です。

 

基礎科1クラスでは、英訳文を作成する際に課題文(日本語)の構文分析を必ず行います。正確な訳文作成のために構文分析を行っているのですが、構文分析を終えると満足してしまう時があります。その分析結果を訳文に活かさなければ意味がないですよね。それはつまり、「構文分析の結果、導き出された日本語と同じになるように英訳しなければならない」ということです。訳すことに必死で、大切なことをすっかり忘れていました。


何文型なのか、どこが主語(S)でどこが動詞(V)で、、、ということも大事なのですが、あわせて注目しなければいけないことは、修飾語句(M)です。「修飾語句(M)が文中のどこにかかるのか」に気を付けて訳さなければ、意味が大きく変わってしまう場合があります

 

ここで、上述したポイントの1つ目を活用するのです。構文分析の際に「どこにかかるのか」迷ったら、「主語(S)を変えてみることで、どこにその修飾語句(M)がかかるのかがよく分かる」とのことでした。日本語と英語は違うので、そうやって工夫しないといけないのですね。このように言葉は少し見方を変えるだけで随分違うものになるのです。私はそういうところが言葉のおもしろいところだと思っています。残すところ、あと5回の授業では、修飾語句(M)が次の課題です。

 

ここ数回の課題では、うっかりした初歩的なミスがなくなってきました。どうしても分からず、考え、辞書で調べた結果が、間違いとなってしまうこともありますが、私はそれで良いと思っています。そういう間違った部分を直してもらえることが、学校に通っているメリットだと思うからです。

 

文法は、第9回では「不定詞」を、第10回では「分詞」を習いました。実は、私は、不定詞の「be to不定詞」と分詞の「後置修飾」が苦手なので、学びなおす良い機会になりました。

 

来週の基礎科1のクラスは休講なので、じっくり今までの復習をする期間にしたいと思っています。

 

 

| 授業ルポ | 09:07 |
ISS人材サービスサイトでの通訳コラム/翻訳コラム [2018年]第7回を掲載

 

(株)アイ・エス・エスの人材サービスWEBサイトの通訳者・翻訳者コラム連載では、2018年1月より現役通訳者の藏持未紗先生、そして、現役翻訳者の豊田実紗先生が担当しています。

 

通訳者・翻訳者をめざされている方、すでに通訳者・翻訳者として活躍されている方にも、役立つ情報がたくさん詰まったコラムです。どうぞお楽しみください!

 

 

丸 藏持未紗先生のコラム『流れに身を任せて』
  第7回:『難しさの種類』 

 

丸 豊田実紗先生のコラム『一歩ずつ、丁寧に』
 第7回:『念願の翻訳者登録』

 

| ISS人材サービスサイトコラム | 09:56 |
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第34回 「中国の国語教育 ― 中国の小学校国語:現代文の勉強」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

 今回は、「中国の国語教育 ― 中国の小学校国語:現代文の勉強です。
どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

今回は皆様にもなじみのある朱自清の「匆匆」という文章を例に、中国の小学生はどのように現代文を勉強しているのか、その一部を一緒に見てみましょう。人民教育出版社が販売している練習問題集から引用した読解の一部です。

 

原文 読解 読解の訳
燕子去了,有再来的时候;杨柳枯了,有再青的时候;桃花谢了,有在开的时候。但是,聪明的,你告诉我,我们的日子为什么一去不复返呢?---是有人偷了他们罢:那是谁?又藏在何处呢?是他们自己逃走了罢:现在又到了哪里呢? 这一连串的问句看似在问,实际上表达了作者对时光逝去而无法挽留的无奈和对已逝日子的深深留恋。
第一部分提出问题,我们的日子为什么一去不复返呢?它们到哪里去了?
この一連の疑問文は誰かに聞いているようですが、実は作者が過ぎ去った日々が二度と戻ってこないことに対する無力と恋しい気持ちを表しています。
冒頭では、なぜ日々が戻ってこないのでしょう。どこに行ってしまったのでしょうと問題を提起しています。
我不知道他们给了我多少日子;但我的手确乎是渐渐空虚了。 “确乎”、“空虚”写出了自己的无所作为。 「确乎(たしかに)」と「空虚」は平凡で、努力しない自分を描写しています。
再默默里算着,八千多日子已经从我手中溜去; 八千多日子”是指作者从1898年出生到1922年写作本文时,一共是24年,即八千多个日子。 八千多日子」は1898年の作者の誕生日から1922年の本作の創作の時までの24年間=8000日以上の日々を指しています。
像针尖上一滴水滴在大海里,我的日子滴在时间的流里,没有声音,也没有影子。我不禁头涔涔而泪潸潸了。 “头涔涔”、“泪潸潸”表现了作者因面对光阴流逝却无所作为而产生的愧疚和悔恨之情。(朗读指导:要用舒缓低沉的语调读这段话,读出作者深深的无奈。) 头涔涔(汗が流れる様子)」と「泪潸潸(涙が流れる様子)」は、過ぎ去った日々に、無作為つまり実績がなかったことで、作者が感じた無駄な人生で申し訳ない気持ち、悔しい気持ちを表しています。(朗読指導:この部分は切なさを伝えるよう低い声でゆっくり読み上げます。)

 

このように、単語と修辞法に隠された深い意味を追求し、作者の意図を理解し、文章全体の雰囲気、趣旨を読み取ろうとしています。

また、「朗読指導」という注記の部分がありましたが、感情をこめて朗読することによって、より深く作者の気持ちを感じ、語彙、文章の力を感じ取るという勉強法は、幼児教育から強調されています。

さらに、関連する語彙、知識へと展開していきます。

 

展開


 “燕子去了”、“ 杨柳枯了”、“ 桃花谢了”都是表示时间流逝的自然现象。此外还有:大雁南飞、草儿枯黄、冰雪消融、夕阳西落等
燕子去了」、「杨柳枯了」、「桃花谢了」に似た、時間の過ぎ去る自然現象を表す表現として:
大雁南飞、草儿枯黄、冰雪消融、夕阳西落
があります。

 

 燕子可再来,杨柳可再青,桃花可再开,这些事物都可以失而复得,可日子却一去不复返。作者运用对比的手法,突出强调了日子一去不复返的特点
作者は対比の作文法を使って、過ぎ去った時間は、二度と戻ってこないということを強調しています。

 

 抓住“像”、“如”等比喻词。这些比喻生动形象地表现出作者无奈的愁绪。
」、「」などの比喩に使われる言葉を用いて、作者の気持ち、悩みを生き生きと表しています。

 

以上は精読の勉強法です。皆様のお役に立てましたら、幸いです。

 

次回は、語彙の覚え方について、勉強法をシェアしたいと思います。ご期待ください。

 

原文和訳(参考):
燕は去っても、またやって来る日はある。柳は枯れても、また青くなる日はある。桃の花は散っても、また咲く日はある。しかし、われらの日々はなぜ二度と戻ってこないのか。 教えてくれ。賢い君。―――誰かに盗まれたのか。いったい誰だろう。そして、どこに隠されたのだろう。もしかして、逃げられたのだろうか。僕の日々はいまどこにいるだろう。
どれぐらいの日々が与えられているかは知らない。そう思うと、だんだん虚しくなっているのが確かだ。黙々と計算したら、わが人生はすでに八千日以上も過ぎ去っている。
細い水滴が海に落ちたように、僕の日々は時間の流れに流され、静かに、影もない。こう思うだけで、汗が流れ落ち、涙も止まらない。

 

 

マル今月の中国語新語:

芝麻信用:蚂蚁金服旗下独立的第三方征信机构,客观呈现个人的信用状况,已经在信用卡、消费金融、融资租赁、酒店、租房、出行、婚恋、分类信息、学生服务、公共事业服务等上百个场景为用户、商户提供信用服务。
ゴマ信用:アリ金融サービスグループ傘下のクレジット機構。客観的に個人の信用状況を評価し、クレジットカード、消費者金融、融資、賃貸リース、ホテル、不動産賃貸、旅行、婚姻、分類情報、学生サービス、公共事業などの各分野にて、ユーザーと取引先に信用サービスを提供しています。
例:支付宝里的芝麻信用,分数越高享受的特权也越多。
( アリペイ機能にあるゴマ信用について、点数が高ければ、特典も多くなります。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
ビジネスコンサルタント。中国北京外国語学院卒業。証券会社を経て、現在、コンサルティング会社経営。現役通訳者、翻訳者としても活躍中。アイ・エス・エス・インスティテュートでは「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸

 
 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 09:29 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 109回 foodとmealを使った英語表現

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

今から20年以上前、ロンドンを旅行していたときのこと。連日ヘビーな食べ物ばかりだったため、体に優しい食事をとりたいと思いました。そこで入ったのがコベントガーデンにあった自然食レストランです。当時は今ほどオーガニック専門店がなく、斬新に思えましたね。店名はFood For Thought。しかし開業1972年のそのお店も、残念ながら2015年6月に閉店してしまいました。世界中のベジタリアンを魅了し、オーガニックの先駆けだったお店です。

 

今月はfoodとmealを用いたフレーズを見ていきましょう。

 

food for thought (考えるべきこと、思考の材料)

 

The article provided us with food for thought. (その記事は私たちに思考の材料を提供してくれました。)

 

冒頭でご紹介した店名のFood For Thought。実は「思考の材料、考えるべきこと」という意味があります。別の言い回しでfood for meditationがあります。foodというのは「食べ物」だけでなく、「(思考の)材料」という意味も辞書には掲載されているのですね。ちなみに「心の糧」はfood for the mindまたはmental foodと言います。

 

そういえば中学生向けの英語テストで発音を問われる問題が出ますよね。典型的なのがfoodfootの発音の違いです。辞書でfoodを引くと「発音注意」と表記されています。なお、foodの原義は「食べ物」で、feedfosterと同じ語源だそうです。

 


keep food on the table (食いつないでいく)

 

He worked hard so that he can keep food on the table. (彼は食いつないでいくために一生懸命働きました。)

 

keep food on the tableは「カツカツの生活をする、食いつないでいく」という意味です。テーブルの上に食べ物を置いておく、すなわち食べ物を切らさないという光景が思い描けます。これは略式表現です。ちなみに「生活のために一生懸命働く」は英語でwork hard to pay the billsと言います。billは請求書のことです。

 

ところでfoodを動詞にするとfeed(食べさせる)、blood(血)の動詞はbleed(出血する)です。他にもtooth(歯)とteethe(幼児の歯が生える)があります。赤ちゃんが加える輪型のおしゃぶりをteething ringと言います。

 


make a meal of … (大げさに言う)

 

She was only joking.  Don’t make a meal of it. (彼女にしてみれば冗談だったんだよ。そう大げさに言うなよ。)

 

make a meal of … はmake a meal out of… とも言います。いずれもイギリスの略式表現で「大げさに言う、大げさに取り組む、仕事を必要以上に時間をかける」といった意味があります。

ところでmealとは「時間になったら食べる食事」のことであり、朝食、昼食、夕食などを指します。一方、イギリスの学校給食はschool dinnerと言い、「学校給食係の女性」をイギリスではdinner ladyと言います。90年代後半には”Dinnerladies”というコメディドラマがBBCで放映され、大ヒットしました。

 


have a square meal (ちゃんとした食事をとる)

 

I was very busy so I haven’t had a square meal yesterday. (あまりにも忙しかったので昨日はちゃんとした食事をとれませんでした。)

 

「ちゃんとした食事をとる」は英語でhave a square mealと言います。have a good square mealと言うこともできます。square mealは「内容的にも量的にも充実した食事」という意味ですが、もともとは船員用語から来たとされています。船の中で船員たちに食事を提供する際、四角いプレートで出していたからなのだそうです。

 

ところでプレートでもう一つ。最近はカフェが大流行していますよね。そこで使われる仕切り付きのプレートは「ランチプレート」と言います。仕切り付きの四角いプレートは英語でsquare divided plateです。

 

いかがでしたか?今月はfoodmealを使った表現をご紹介しました。食事といえばイギリスに暮らしていた2001年、息子が通園していた保育園の連絡帳を見て驚いたことがあるのです。と言いますのも、”Today’s lunch: Spaghetti on toast”と書かれていたのですね。「ダブル炭水化物」にびっくりしてしまったのでした!

 

 

 

 

柴原 早苗
放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。
「放送通訳者・柴原早苗のブログ」http://sanaeshibahara.blog.so-net.ne.jp/

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 10:01 |
授業体験レポート:2018春【中国語編】第5回 「中間テスト」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、14シーズン目を迎えています!

2018年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください。

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?毎週金曜更新、英語・中国語を交互に連載します。

それでは、中国語通訳者養成コース通訳科1のYさんのお届けする授業ルポ第5回をどうぞお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

早いもので9回目は中日通訳訓練の中間テストです。内容は初見のショートドキュメンタリーのサマライズ(要約)と台湾の某政府系機関による記者発表会の逐次通訳です。

 

まずはサマライズ。「ウイングスーツフライング」に挑戦する中国人の5分間のドキュメンタリーを1分間の日本語に要約します。そもそもウイングスーツフライングとは一体なんぞや?と初見ではピンとこなかったのですが、今回先生のお慈悲で練習時間もあり、さらに映像も2回見せてもらえたので助かりました。が、盛沢山の内容を1分にまとめきれず、私は尻切れトンボで終わってしまったのでした。とほほ。


気を取り直して記者発表会の逐次通訳です。台湾人スピーカーのプレゼンを各自逐次通訳して録音しました。その後、その一部をルームスピーカーでランダムに再生しレビューしました。先生からの指摘事項は以下のとおりです。

 

数字を訳す際には、その「単位」にも注意すること。特に通貨単位は絶対に間違わないこと
事前にもらった資料にはっきりUSドルとあり、予習でそこに丁寧に赤で丸をつけていたのに、訳出では「円」と言い、途中で間違いに気づき動顛してなぜか「台湾ドル」と言い直したのは私です。

 

台湾でよく使われる特有の単語を覚えること
「同仁」(みんな、仲間)、「硬体」(ハードウェア)、「打拼」(頑張る、努力する)など大陸であまり使わない単語にクラスメイトも戸惑っていました。

 

新聞を読もう、好奇心を持とう
政治経済のトレンドを理解していればわかりにくい概念や文脈も推察しやすいはずです。「紅海」(レッドオーシャン)と聞いて発音が同じ台湾系企業の「鴻海(ホンハイ)」しか思い浮かばなかった私は、根本的に日本語の語彙と知識を増やさなくてはいけません


先生のご指摘やアドバイスは頭では理解できるのですが、実践するのは容易ではなく、また実際に一朝一夕に出来ることでもありません。地道にコツコツと頑張るのみです。

 

なお、今回の中間テストについては、この通訳パフォーマンスについて個別に評価表が出され、期末テストとあわせ進級判定の参考となります。

 

10回目も中日通訳訓練で、前回の台湾のプレゼンの続きを使って逐次通訳訓練をしたほか、哺乳瓶のテレビショッピング風映像を使ってサマライズと逐次通訳訓練をしました。また、単語帳の作り方とその覚え方、資料のどのような部分に注意すべきか等々予習のやり方について、先生ご自身の実例を交えた講義がありました。

 

 

| 授業ルポ | 09:31 |
授業体験レポート:2018春【英語翻訳編】第4回 「成長できたこと」

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、14シーズン目を迎えています!
ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。

2018年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスからの授業レポートをお届けしています。英語翻訳クラスの第4回、ぜひお楽しみください。

 

----------------------------------------------------------------------------
みなさん、こんにちは。総合翻訳・基礎科1通学クラス受講中のMです。早いもので授業も先週で8回目を終えて折り返し地点となります。

 

では、第7回、第8回の授業レポートを始めたいと思います。
第7回の授業は家族の都合で帰省していたため、後日、自宅でのインターネット受講となりました。ISSインスティテュートには、このような受講制度があり大変助かります。

 

さて、いつもここでは、問題点や改善点ばかりを書いていましたが、今回は中間地点ということで、自分なりに成長できたと感じていることを書きたいと思います。

 

私は、昨年12月開講の「はじめての実務翻訳訓練」クラスから翻訳訓練をスタートしました。その頃と比べたら、「直訳過ぎる、わけの分からない文章」を書くことはなくなったと思っています。そう思うのは、毎回課題文の構文分析を行うことで「丁寧に読む癖」がついたこともあり、私自身が「受講当初に比べて訳しやすくなった」と感じているからです。そして、直訳から抜け出せないという状況がかなり少なくなりました。その分、辞書を引いたり、どうすれば分かりやすくなるか、どう言葉を補おうか等を考えるたりする余裕ができてきたのです。

 

それから、翻訳訓練を受け始めてから、日本語の文も英語の文も丁寧に読むようになりました。そして、同時に、いろいろな文章を読んでみたいという気持ちになり、いつも読む小説以外で日本経済新聞の土曜版の『NIKKEIプラス1』と日曜朝刊の『NIKKEI The STYLE』など、内容が多岐にわたるものを定期的に読むようになりました。このように読み物の興味の幅が広がったことも成長した点であると思います。


本日ちょうど、クラス担当の先生から中間フィードバックをいただきました。
その1つに、「訳語の選択に気を付けて、思い込みに囚われないように、原文の意味をしっかり把握すると更に向上する」というコメントをいただきました。

ちょうど前回と前々回の授業で、「適語を正しく見つけるにはどうすればよいか」についてのお話をしてくださいましたので少しご紹介します。
適語を正しく見つけるには、「文章全体を読んで、全体でどういうことを言っているのか内容をとること」、それから「具体的なイメージをその文章にもつこと」でした。その「イメージ」とは、例えば、「その場所はどこ?どんな状況?いつのこと?」です。このように具体的に光景を思い浮かべると、言葉の使い方や、言葉の意味の使い方を正しく選べるとのことでした。ついつい原文と自分の訳に入り込んでしまうとそこから抜け出せなくなるので、後半の課題はここですね。

また、やはり以前からの課題である、訳す際に「字面に囚われない」ことを克服することが後半の目標です。訳語の選択をもっと慎重に、そのためには辞書をもっと丁寧に読むことを心掛けて後半も頑張りたいと思います。

 

 

| 授業ルポ | 10:27 |
講師紹介: 望月暢子先生(中国語翻訳者養成コース)

 

望月暢子先生(中国語翻訳者養成コース)関連情報をご紹介します。

ぜひご覧ください!

 

 

丸講師インタビュー 第12回: 望月暢子先生(中国語翻訳)

丸講師からの応援メッセージ:第7回 望月暢子先生(中国語翻訳者養成コース)

丸仕事ルポ:望月暢子先生(中国語翻訳)

丸おすすめ書籍のご案内:『しあわせ中国:盛世2013年』

丸おすすめ書籍のご案内:『沈黙の遺伝子

丸おすすめ書籍のご案内:『沈黙の細胞』

 

四葉のクローバー中国語翻訳者養成コースのご案内はこちら

 

 

| 講師紹介 | 14:10 |
『沈黙の細胞』
評価:
黄 序
浙江出版集団東京株式会社
¥ 2,700
(2018-04-26)


アイ・エス・エス・インスティテュート中国語翻訳者養成コース講師の望月暢子先生が翻訳された作品です。

 

現在出版社でご活躍中の中国語翻訳者養成コース修了生とのコラボレーションにより出版された『沈黙の遺伝子』の続編で、脳科学知識を基に中国人研究者が描くSF&ミステリーの第2弾です。ぜひお手にとってみてください。

 

------------------------------------------------------------------

<関連記事>
丸講師紹介: 望月暢子先生(中国語翻訳者養成コース)

------------------------------------------------------------------

 

| おすすめ書籍のご案内 | 14:09 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode