通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


授業体験レポート:2017春【英語編】第2回 「2回目、3回目も日英課題!経済新聞等の記事から」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、12シーズンめを迎えました。

2017年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第2回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

こんにちは。金融・IR翻訳クラスはゴールデン・ウィークを挟んだ後、2回目、3回目の授業が行われました。今回は各授業の内容、そして、「金融・IR分野」の翻訳を行うにあたり必要な経済・金融知識等について、竹内猛先生から教えていただいた内容を一部ご紹介させていただきたいと思います。

 

丸第2回目の課題


2回目の課題は、新聞記事の日英翻訳で、「乱高下する債券相場」に関する内容でした。

 

この課題に出てくる「国債」には、国の政府債(government bonds)と地方債(principal bonds またはregional bonds)の二種類があり、一般に国債というと国の政府債(government bonds)のことを指すとのことです。なお、日本国債は、Japanese Government Bonds (JGBs)と訳されます。

 

次に、新聞記事で使われる「日にち」についてですが、英訳する場合は、「日にち」は「曜日」に置き換えるとのことです。例えば、「24日に出そろった決算」の英訳は、“by Friday released their annual earnings”” となります。反対に、英語の新聞記事を和訳にする場合は、「曜日」を「日にち」に置き換えて訳出します。なお、週刊誌の記事の場合は、「日にち」を「曜日」には変換せず、日本語表記にあわせて訳出します。

 

また、「揺れが激しい国債市場を手控える動きも出ている。」という課題文の訳出についてですが、これは「揺れが激しい国債市場の売買から距離を置いている。」と日本語表現を置き換えて、“Others are keeping themselves away from the volatile market” と先生は訳されていました。主語が長くなる場合やそのまま訳すとわかりにくい場合は、原文の意味を変えないように日本語を書き換えて訳出する表現力が必要とのことです。

 

丸第3回目の課題


3回目は、国際通貨基金の金融安定性に関する記事の英訳でした。1回目から3回連続して英訳の課題となりました。

 

ここでは、「先進国の金融安定性は数年前と比べ向上している。」という課題文をご紹介します。「金融安定性」の financial stability は、一般的なことを指しているため定冠詞を付けない。また、「数年前」は a few years を使う方もいますが、やはり、several years とし、また、その時点から前のという意味で the last  も付ける必要があるとのことでした。

 

さらに今回は、「可能性がある」という場合の助動詞の使い方について、確率の観点からのお話もありました。先生は、could は50%、might は60〜70%、would は90%の確率を目安に使い分けるとのことです。文面から確率のニュアンスをくみ取り、適切に訳出していく必要があるとのとのことでした。

 

文法面ではこれまでの課題に共通して、定冠詞、可算・不可算名詞、単数・複数形表記、動詞は後にto   または〜ing をとるか、自動詞か他動詞かなどについて注意が必要との説明を受けました。文法書をもう一度見直し、また辞書で各語を確認し、これらをしっかり意識して使い分ける必要があると感じました。

 

丸経済・金融分野の翻訳で最低限必要な知識


金融・IR分野の翻訳に興味がある方にとって、経済・金融知識はどの程度必要か関心があるところかと思います。以下にて、竹内先生からご紹介いただいた内容を一部ご紹介させていただきます。

 

1) マクロ・ミクロ経済学の入門レベルの知識
2) 主要金融市場(外国為替、株式、債券、短期金融市場)の基礎知識
3) 企業決算、会計の基礎知識

 

基本は、新聞の経済欄を毎日欠かさず読み、用語解説がある言葉を覚え、必要に応じて不明な用語を調べて理解を深めること。また、並行して英字新聞の経済面も毎日読むこと。そしてさらに、調べた経済用語やそれが使われている実際の文章や記事を自分用の辞書としてストックすること、とのことです。

 

経済・金融に関する知識を深めること、英文法を強化することなど、個人的にやるべき課題はまだまだ沢山ありますが、日々欠かさず取り組んでいきたいと思います。

 

 

| 授業ルポ | 09:00 |
ISSインスティテュート創立50周年記念「ISS講師からの応援メッセージ」 第15回: 森田直美先生(英語通訳者養成コース)

 

1966年、日本で最初の同時通訳者養成学校(当時の名称:アイ・エス・エス通訳研修センター)としての開設以来、株式会社アイ・エス・エス・インスティテュートは、第一線で活躍する通訳者・翻訳者を養成してまいりました。

 

創立50周年記念として、これからISSで学習を始めてみようとお考えの皆様や、ISSで学習中の受講生の皆様へ向けて、プロの通訳者・翻訳者として活躍されているISS講師から「応援メッセージ」をいただきました。本スクールブログにて、「応援メッセージ」を一つずつご紹介いたします。

 

通訳・翻訳訓練を始めてみたいけれどあと少しの勇気がでない皆様、学習を長年続けているからこその伸び悩みを感じている皆様、ぜひ、ご一読ください!

 

                      

 

 

 

 

 

           

-------------------------------------------------------------------

 

「現場での対応力を身に付ける」

         森田直美先生(英語通訳者養成コース)

 


私がISSの門を叩いたのは、もう随分と前のことです。当時は、商社を辞めて病気の治療に専念しつつ、健康を取り戻したらやりたいこと(!) を探していた時期でした。通訳ガイドのスクールに行き、通訳案内士試験に合格して、次なる目標を探していました。語学学校では飽き足らず、大学時代から「絶対に自分には無理」と確信していた通訳を養成するスクールのレベルチェックテストを受けたのは、正直時間を持て余していたからでした。

 

基礎科2(現プロ通訳養成科1)に入るも、通訳のやり方が分からない、メモの取り方が分からないなど1期目は手探り状態でした。通訳科1(現プロ通訳養成科2)に進級できたもののそこからが、また大変。周りは、とてもお上手な方ばかりで、焦るあせる。クラスで当てられると、頭は真っ白、メモを取る手は震えるし、大変なところに来たなあ、と痛感しました。でもその時に一緒だったクラスメートは、本当にぶれがなく実力向上のために一途でした。だからこそ、一番厳しい通訳科1を通過して、通訳科2(現プロ通訳養成科3)、同時通訳科へと進めたのだと思います。

 

その当時通訳科2では、「医学」が練習テーマの一つでした。医学は専門にしたいと強く思っていたので覚えることがたくさんありましたが、楽しかったです。

 

英語の基礎力が十分でないまま、通訳訓練を始めたため、辛いこともありましたが、プロ通訳になったら実現したい夢を密かに抱いていました。それは、憧れの先輩通訳者といつか同通ブースでご一緒したいということと、当時展示会通訳でよく行っていた幕張メッセで、ステップアップしてセミナーの同時通訳を担当したい、ということでした。その二つが実現した時は、嬉しくて、満足感から「もう通訳やめてもいいかも」と思っていました。

 

社会人になりすぐに大病したこともあり、健康を取り戻してからは「医療・医学」のために貢献したい、という気持ちが強く、そのために医学の勉強も大学に通ったり、専門書を読んだりして勉強しました。医学単語は難しく、今でもまだ苦戦していますが、好きな分野を仕事にできる喜びはあります。

 

同時通訳科に進級すると、今度は国際セミナーや文化的なテーマの通訳業務を担当することになった時、どのように準備、対応すればいいのかが学習の中心になりました。自分の中では、「私はテクニカル通訳しか担当しないので、関係ないなぁ〜」とちょっと軽んじていた部分もありました。が!それが間違いのもとでした。避けて通っても避けきれない時もあるのだと痛感したのは随分と後になってからのことでした。

 

「谷川俊太郎&ゲーリー・スナイダーのポエトリーリーディングの夜」というイベントで、ステージ上で逐次通訳をすることになったのです。昔から懇意にされているお二人の対話は予測がつかず、しかも難しい詩の解釈など出てきたら訳せないかもしれません。英語学部出身だから通訳できるというレベルではありません。「うわ〜〜どうしよう」とお二人の本を買い集め、過去のイベントのビデオを見たり、担当教授にレクチャーしていただいたりしました。

 

当日は打合せもさせていただきました。何とも言えない温かい雰囲気を醸し出していらっしゃるお二人で、谷川さんは「打合せしても、何言うかはその場にならないと分からないしねぇ」などとおっしゃいます。そうでしょうが、来場者は詩が大好きな方ばかり。一番の素人は私なのですよぉ、と思いました。

 

ある年、医学学会の同時通訳を担当する機会がありました。「待っていました!」と思いながら担当箇所を見ると、「特別講演:大江健三郎」とあるではないですか。ノーベル賞受賞者の担当通訳が果たして私でいいものか、エージェントに確認すると「お願いします」とのこと。しかも「原稿は当日しか出ません、でも打合せがあります」とのことでした。ご本人の全人生を予習するのは、不可能なのでこうなればヤマを張るしかありません。当日の聴衆を考えた時、話をされそうなテーマは何か、単語リストを作成したり、ウェブで最近の活動を調べたり、新聞でテーマになりそうなことを調べたり・・・。

 

無駄とも思える努力と恐怖におびえながら、こんな時いつも頭に浮かぶのは、同時通訳科の先生のお顔です。同時通訳科で、もっと真面目に勉強しておけば良かった・・・と猛烈に反省しつつも、クラスで何度も、何度も準備の仕方を繰り返したおかげで、現場で道が開けるのは不思議です。

 

通訳者の人生には、不要な知識などないのですね。いつ何時専門分野以外のテーマに直面するか分かりません。その時のためにも、柔軟に情報を吸収することはとても大切なことだと実感しています。

 

今日の自分があるのも、ISSの先生方のおかげです。決して優秀でなかった生徒の私に長い間厳しく、的確にご指導してくださいました。私も次世代の通訳者の皆さんに少しでも自身の経験をお伝えできればと思っています。

<禁無断転載>

 

-------------------------------------------------------------------


<森田直美先生のプロフィール>
大学卒業後、商社勤務を経て、インターンシップでオーストラリアにて日本語と日本文化を教える。通訳ガイド国家資格取得。アイ・エス・エス・インスティテュート同時通訳科を経て、現在はフリーランスの通訳者として主に医学・製薬分野で活躍中。
 

-------------------------------------------------------------------

 

丸森田直美先生が担当される 集中コースのご案内丸

 

  四葉のクローバー【6月開講】集中コース 
  はじめての医療通訳
  [東京校] 6/28(水)、30(金)、7/5(水)、12(水)、14(金)

                19:00〜21:00(全5回)

 

  集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
    受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
    https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_concentration.html#feature7


------------------------------------------------------------------------

 

| ISSインスティテュート創立50周年記念 | 09:00 |
授業体験レポート:2017春【中国語編】第2回 「いよいよ日→中訳授業開始です!」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この春、12シーズンめを迎えました。

2017年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、中国語の授業ルポ第2回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

1、2回目の中→日訳の授業が早くも終わり、3回目から日→中訳授業が始まりました。


初回は所用のため欠席となりましたが、先生から授業内容について、クラスメーリングリストでご連絡をいただき、


1.  病院紹介動画を見て中国語への逐次通訳
2.  中国語ニュースを見て、シャドウイングとサマライズ

 

を行ったとのことでした。授業を1回休んだだけでも、かなり遅れを取った気がして不安ですが、サイトから教材をダウンロードできるので、自宅で復習するのに助かります。

 

次回テーマは医療通訳で、関連資料が事前に配布され、資料の読み込みと周辺事情の予習をするようにとの課題が出ました。

 

4回目の授業は以下の練習を行いました。


1.  中国語ニュース動画を見てシャドウイングと中国語でのサマライズ
2.  日本語ニュース動画を見てリプロダクションと中国語への逐次通訳
3.  医療通訳ロールプレイ

 

ニュースのシャドウイングは、日ごろからテレビや新聞で国内外のニュースに関心を持たないと、語彙力や背景知識が足りないので、内容が理解できず、スピードについていくことができません。

 

サマライズは、大枠を聞き取り1分間で要約する練習を行いました。1分は長いようで短いので、映像を見ながら頭の中で瞬時に情報を整理する作業が求められます。


メモ取りに集中して聞く方がおろそかになりがちですが、先生から鍵となる単語を拾い、不要な単語は捨てるとアドバイスいただきました。

 

日本語ニュースの逐次通訳は、知っているニュースなので一見簡単そうですが、中国語の単語を知らなかったり、自然な表現が出なかったり、短いフレーズを訳すにも時間がかかってしまいました。

 

そして今回、授業のメインは胃癌をテーマとした医療通訳練習です。診察室での問診から検査内容、結果説明などのロールプレイを行いました。前回出された課題がここで必要になるので、十分な下調べが重要となります。

 

医療通訳は、日本人医師と中国人患者の会話形式で、一区切りずつ一斉に訳します。短いフレーズながら、単語を聞き漏らして、細かい所まで訳し切ることができません。


最後に吹き込みしたものを先生がランダムに選んで音声を聞き、修正とコメントをしてくださいました。クラスメートが訳したものを聞くのもとても参考になります。

 

医療通訳で意外に難しいのが「服をめくってお腹を出す」や「みぞおちの辺りがしくしく痛む」などの表現です。普段の中国語の勉強ではあまり使わないので、訳出に苦戦しましたが、とても面白かったです。


外国人居住者や訪日外国人が急増する中で、外国人患者と医療機関を取り持つ医療通訳の仕事は必要不可欠になるのではないでしょうか。

 

クラスメートのレベルの高さに圧倒されっぱなしですが、少しでも近づけるよう、今までの復習をきちんとしたいと思います。

 

 

| 授業ルポ | 10:00 |
【6月開講】集中コース [中国語] 「上級者のための 日⇔中翻訳実践訓練」クラスのご紹介

 

------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー【6月開講】集中コース 
  上級者のための 日⇔中翻訳実践訓練
  [東京校] 6/17・24・7/1・8・15・22(土)13:30〜15:30(全6回)
  [インターネット] 6/18〜 8/1 スマートフォン、タブレット端末対応

------------------------------------------------------------------------

 

翻訳経験者向けのクラスです。
現場を経験した方からの疑問、悩みにこたえられる内容で構成されています。


授業では問題点を客観的に分析し、解決方法を導き出していきます。一時的な処方ではなく、問題処理のためのプロセスを学べるので、実務翻訳者に必要とされる本当の意味での応用力を身につけることができます


実務翻訳の第一線で活躍する講師が担当し、様々な実例を挙げながら、分かりやすく講義を進めていきます。

 

丸授業のポイント
・クライアントに応じた訳し分けの方法
・制限時間内での最適な訳語の選択
・誤訳を避けるための原文読解の徹底
・クレームにならないリスク回避の方法

その他関連する様々なスキルについて学ぶことができます。

 

授業で習得した知識とスキルを、これまでの自分の翻訳方法に取り入れることにより、訳出精度を更に高め、作業効率をアップすることが可能になります。

 

授業は動画撮影しますので、通学が難しい方はインターネットでも受講していただけます。通学生の方も動画で復習や補講ができるようになっています。

 

学校は基本を学ぶ場所としてだけではなく、さらに上級レベルの方のニーズにも対応しています。
この機会に、是非ご検討ください!

 

------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー【6月開講】集中コース 
  上級者のための 日⇔中翻訳実践訓練
  [東京校] 6/17・24・7/1・8・15・22(土)13:30〜15:30(全6回)
  [インターネット] 6/18〜 8/1 スマートフォン、タブレット端末対応

 

 集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/c_t_concentration.html#feature2


------------------------------------------------------------------------


<関連記事>
クラスを担当する王浩智先生の関連情報もご参考にどうぞ!

丸ISSスクールブログ:
  「講師インタビュー」:王浩智先生

------------------------------------------------------------------------

| 【中国語翻訳コース】 | 10:00 |
【6月開講】集中コース [英語] 「『和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ』特別解説編」クラスのご紹介

------------------------------------------------------------------------


 四葉のクローバー【6月開講】集中コース 
 和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ 特別解説編
 [東京校] 6/17 (土) 10:30〜12:30(全1回

------------------------------------------------------------------------

「1からと言わず、2から受けてください!」

毎回満席必至の人気クラス、成田あゆみ先生の「和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ」。この春の集中コースでも、開講いたします!今回は、2月に行いました「シリーズ1」に続き、「シリーズ2」を開講します。

 

構文の根本的な理解を促すことを目標として集中コース、短期コースで開講しているこのクラスは、シリーズ1から4まであり、すべてのシリーズを受講することで、根拠をもって英文が理解できるようになることをめざしています。

 

ところで、先日このクラスの受講を検討されている方から「受講を始めるなら、シリーズ1からでないとダメですか?」とご相談を受けました。結論から申し上げますと、シリーズ1から4のどこからでもお始めいただけます。シリーズごとに、習得する文法項目を決めて授業を行うので、シリーズ1から4までを受講すれば、根拠をもって英文を理解するために必要な力が身につきます。

 

しかしながら「そうは言われても、やはりシリーズ1から順番に受講したい」、「次のシリーズ1の実施まで待てない」とお問い合わせを多くいただいているのも事実です。

 

こうしたみなさんからのご要望にお応えして、今回はじめて「和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ 特別解説編」を実施いたします。1回完結のこのクラスでは、授業の取り組み方や復習の方法、受講効果をアップさせるポイントをお知らせし、通常の授業と同様に講師が訳文の評価、添削指導を行います。受講効果をさらにアップさせるこのクラスを受けて、1からと言わず、シリーズ2から和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ」クラスを受けてください!

 

------------------------------------------------------------------------


 四葉のクローバー【6月開講】集中コース 
 和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ 特別解説編
 [東京校] 6/17 (土) 10:30〜12:30(全1回
 [インターネット] 6/18〜 7/17 スマートフォン、タブレット端末対応

 集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_concentration.html#feature4

 

------------------------------------------------------------------------

 にじ【6月開講】集中コース 
 和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ シリーズ2
 [東京校] 7/15(土), 7/16(日), 7/17 (月祝) 10:30〜15:00(全3回

------------------------------------------------------------------------

| 【英語翻訳コース】 | 10:00 |
【6月開講】集中コース [英語] 「日野峰子先生の同時通訳スキル集中ブラッシュアップ 〜IT編〜」クラスのご紹介

 

------------------------------------------------------------------------

 
四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 日野峰子先生の同時通訳スキル集中ブラッシュアップ 〜IT編〜
  [東京校A] 6/28(水) 19:00〜21:00 <Big Data/英→日>

  [東京校B] 6/30(金) 19:00〜21:00 <アナリティクス/英⇔日>

  [東京校C] 7/12(水) 19:00〜21:00 <IoT・Big Data・AI/日→英>

  [東京校D] 7/14(金) 19:00〜21:00 <AI/英→日>


------------------------------------------------------------------------

 

上級通訳者向けの新クラス「日野峰子先生の同時通訳スキル集中ブラッシュアップ 〜IT編〜」をご紹介します。

 

通訳訓練期間を終え、実務だけの日々になると、ご自身の通訳パフォーマンスに対して詳細なフィードバックを得る機会はほとんどないと思います。このクラスは、すでにインハウスまたはフリーランスの通訳者として活躍されている方々から「パフォーマンスのブラッシュアップを図るクラスがほしい」というお声をいただいて生まれました。

 

今回は特に同時通訳に特化し、さらに、需要の高い「IT」分野を取り上げます。
担当はトップクラスの会議通訳者である日野峰子先生。
さらなる高みをめざす通訳者の皆様に、ぜひご参加いただきたいクラスです!

 

-------------------------------------

 

丸日野峰子先生からのメッセージ丸

 

もうン十年も昔(笑)、会議通訳者としてデビューして2,3年のひよっこの頃のことです。今思えば1件1件の仕事をこなすのにとにかく必死、諸先輩の仕事ぶりにも圧倒されるばかりで、周りを眺めるゆとりも自分のパフォーマンスをゆっくり見直す余裕もありませんでしたが、それでも毎日、ほんの少しずつの進歩を感じていたように思います。ある日、ご一緒くださった先輩通訳者が「今が一番楽しい時期ね」とおっしゃるのです。楽しいなんて感じる余裕などどこにもなかった私には、先輩の意図が今一つピンときませんでした。

 

その後さらに数年間の経験を重ね、通訳内容の巧拙、現場対応の良し悪しが次第にわかるようになるにつれてようやく、少し前の自分を大いに反省することができるようになってきました。通訳者の訳出はすべてお客様やオーディエンスのためのものであるという当たり前のことが、やっと得心できるようにもなりました。そしてあの先輩通訳者の言葉の意味がぼんやりとではありますが分かるような気がしてきたのもその頃でした。おそらく私は自分のことで精いっぱいで(自分だけが楽しんで)、お客様にサービスを提供しているという意識に欠けていることを、やんわりとたしなめられていたのです。

 

誰のために通訳をするのか、そして自分はどのような通訳者をめざすのか、自分が理想とする通訳とはどのようなものなのか、今の自分はその理想に向けて前進できているのか…。日々の通訳業務やそのための膨大な準備の作業に埋没してしまうと、どうしても忘れがちになるそんなもろもろの事柄を、改めて思い起こすきっかけになるような講座にできたら、と思っています。

 

------------------------------------------------------------------------

 
四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 日野峰子先生の同時通訳スキル集中ブラッシュアップ 〜IT編〜
  [東京校A] 6/28(水) 19:00〜21:00 <Big Data/英→日>

  [東京校B] 6/30(金) 19:00〜21:00 <アナリティクス/英⇔日>

  [東京校C] 7/12(水) 19:00〜21:00 <IoT・Big Data・AI/日→英>

  [東京校D] 7/14(金) 19:00〜21:00 <AI/英→日>

 

  集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
    受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
    https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_concentration.html#feature8


------------------------------------------------------------------------

 

<関連記事>
クラスを担当する日野峰子先生の関連情報もご参考にどうぞ!

 

 丸講師インタビュー:日野峰子先生

   丸創立50周年記念「ISS講師からの応援メッセージ」:日野峰子先生

 

| 【英語通訳コース】 | 10:00 |
【6月開講】集中コース [英語] 「ネイティブに学ぶ時事英語」クラスのご紹介

 

------------------------------------------------------------------------

 
四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 ネイティブに学ぶ時事英語
  [東京校] 6/18・25・7/2・9・16・23(日) 14:00〜16:00(全6回)


------------------------------------------------------------------------

 

「英字新聞がスラスラと読めるようになりたい」「英語のニュースが自然に聞き取れるようになれたら・・・」英語学習上級者なら、誰でもそんな思いを抱いたことがあるのではないでしょうか?そんな思いから時事英語に興味を持ち、学習される方もきっと多いかと思います。ただ、時事英語を自主学習する場合、大抵は新聞やニュースを読んだりするだけの、一方通行の学習になりがちですよね?

 

このクラスでは、最新の時事英語のインプットはもちろんのこと、読む、聞く、書く、話すといった様々なアクティビティを通し、その定着を図ります。また経験豊富なネイティブ講師が、参加者の英語を細かくチェックしフィードバックするため、英語を話す時の正確さ、ネイティブらしい表現力も身につきます。

 

丸主な授業内容
1. News article exercise (記事の精読と要約・リーディング・語彙力強化)
2. Video(Audio)exercise(生きた英語表現を聞く・リスニング強化)
3. Presentation Discussion exercise(英語でプレゼンする・意見を述べる 表現・発信力強化)
※課題ではライティングにも取り組んでいただきます。

 

国際情勢に対する関心や背景知識も同時に深めることができますので、今後通訳・翻訳の勉強を始めたいとお考えの方にもおすすめのクラスです。

 

------------------------------------------------------------------------

 
四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 ネイティブに学ぶ時事英語
  [東京校] 6/18・25・7/2・9・16・23(日) 14:00〜16:00(全6回)

 

  集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
    受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
    https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_concentration.html#feature1


------------------------------------------------------------------------

 

| 【英語通訳コース】 | 10:00 |
【6月開講】集中コース [英語] 「はじめての医療通訳」クラスのご紹介

 

------------------------------------------------------------------------

 
四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 はじめての医療通訳
  [東京校] 6/28(水)、30(金)、7/5(水)、12(水)、14(金)

      19:00〜21:00(全5回)


------------------------------------------------------------------------

 

2020年のオリンピック・パラリンピック開催や訪日外国人の急増が追い風となり、徐々に政府や地方自治体、さらには民間企業でも、医療通訳の重要性がより認識され、制度面での整備も始まってきています。

 

そんな中、文系出身から医療・医薬分野の通訳者になられた、森田直美先生「はじめての医療通訳」クラスが集中コースで開講されます。一般社団法人 全国医療通訳者協会を立ち上げ、代表理事を務める森田先生の「医療通訳とは?」の講義から始まり、患者と医療従事者の間で交わされる病院でのスキット教材を用いて、実際の通訳現場を想定しながら練習を重ねるクラスです。医療通訳が初めての方を対象としておりますので、毎回の単語テスト等を通じて、医療用語の定着もはかっていきます。


医療通訳にご興味のある方、この機会にぜひ一度、授業に参加してみませんか?

 

森田直美先生からのメッセージをご紹介します。


------------------------------------------------------------------------


みなさん、こんにちは。
今回の[6月開講]集中コースでは「はじめての医療通訳」5回シリーズを行います。

 

医療通訳ときくと「関心あるけど、なにをする通訳なの?」と思われる方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方を対象としたクラスを準備しました。「ちょっとだけ体験してみたいな〜」とか「どんな活動なのか知りたい」という方、ぜひお越しください。将来の通訳キャリアを考えるきっかけになればと思います。

 

クラスでは、医療通訳の定義、活動内容や将来性、技能、勉強の仕方をお伝えするとともに、実際の現場をシュミレーションできるようなオリジナル教材を使用して逐次通訳や単語の練習をします。さらに知識強化のための講義も、毎回30分程度はさみながら進めます。全5回という限られた時間の中で、より効果的に学習できるカリキュラムとなっています。たくさんのみなさんのお越しをお待ちしています!

 

◆第1回目の授業内容は、こんな感じです。


6/28(水) 19:00〜21:00
オリエンテーション
医療通訳概論
・ 医療通訳とは?
・ 業務内容、難易度、需要、将来性
・ 通訳が発生する場面
通訳技術
・ 単語のクリック・レスポンス
・ シャドウイング、リプロダクション
問診票記入のペアワーク
患者と医者の会話を逐次通訳(内科、耳鼻科、薬局のシナリオ)

 

◆2回目以降の授業の流れは、こんな感じです。


単語テスト(医療用語)
前回の教材の復習(ロールプレイの教材を、スラスラと逐次通訳ができるように、ご自宅で何度も口に出して練習してきていただき、LL教室でヘッドセットをつけて、逐次通訳を録音します)
身体の作り、一般的な病名、医療従事者の職種
医療通訳の豆知識(講義:毎回、30分程度を予定)
ロールプレイ教材「血液検査」「レントゲン検査」「大腸内視鏡検査」「入院時病棟説明」「麻酔科医の術前訪問」

 

では、たくさんのご参加をお待ちしています!

 

【森田直美先生プロフィール】
獨協大学外国語学部英語学科卒業。会議通訳者、英語医療通訳者として活躍中。
一般社団法人 全国医療通訳者協会を立ち上げ、代表理事を務める。

 

------------------------------------------------------------------------

 
四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 はじめての医療通訳
  [東京校] 6/28(水)、30(金)、7/5(水)、12(水)、14(金)

                19:00〜21:00(全5回)

 

  集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
    受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
    https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_concentration.html#feature7


------------------------------------------------------------------------

<関連記事>
クラスを担当する森田直美先生の関連情報もご参考にどうぞ!

 

   丸創立50周年記念「ISS講師からの応援メッセージ」森田直美先生

 

 

| 【英語通訳コース】 | 10:00 |
【6月開講】集中コース [英語] 「実践ビジネス通訳 〜逐次通訳からウィスパリングまで〜」クラスのご紹介

 

------------------------------------------------------------------------

 
四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 「実践ビジネス通訳 〜逐次通訳からウィスパリングまで〜」
  [東京校] 6/13・20・27・7/4・11・18(火) 19:00〜21:00(全6回)


------------------------------------------------------------------------

 

ビジネスシーンの通訳では、企業によって求められる日本語や英語の表現が変わってくるため、状況に応じた言葉の選択を意識するなど、柔軟に対応することが重要です。

 

全6回のこのクラスでは、「スピーチ」、「事業説明」、「業績報告」など通訳の現場で遭遇しやすいトピックを題材に、英→日、日→英の逐次通訳、およびウィスパリングの訓練を行い、必要とされるビジネス知識や語彙力、通訳スキルをバランスよく強化しながら、企業で柔軟に対応する力を身につけます。ビジネス現場で活躍中の講師からは、現場に即した実践的なフィードバックがあります。

 

「将来、社内通訳者として長く活躍したい」「会社で通訳を頼まれたが思うようにできず伸び悩みを感じている」「今後、社内で通訳を頼まれたときのために、少しでも準備しておきたい」という方におすすめのクラスです。

 

この機会にワンランク上の通訳をめざしてみませんか。

 

------------------------------------------------------------------------

 
四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 「実践ビジネス通訳 〜逐次通訳からウィスパリングまで〜」
  [東京校] 6/13・20・27・7/4・11・18(火) 19:00〜21:00(全6回)

 

  集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
    受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
    https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_concentration.html#feature6


------------------------------------------------------------------------

 

<関連記事>
クラスを担当する藏持未紗先生の関連情報もご参考にどうぞ!


丸ISSスクールブログ:
 ISSライブラリー 〜講師が贈る今月の一冊〜 第13回 : 藏持未紗先生(英語通訳)

 

 

| 【英語通訳コース】 | 10:00 |
【6月開講】集中コース [英語] 「はじめての通訳訓練」クラスのご紹介

------------------------------------------------------------------------

 
四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 「はじめての通訳訓練」
  [東京校A] 6/15, 22, 29, 7/6, 13, 20(木)19:00〜21:00(全6回)

  [東京校B] 6/28, 7/5, 12, 19(水)10:00〜13:00(全4回)
  [横浜校]   6/18, 25, 7/2, 9, 16, 23(日)10:00〜12:00(全6回)


------------------------------------------------------------------------


「通訳者をめざしたいけれど何から始めてよいかわからない」
「仕事でたまに通訳を頼まれることがあるけれど自己流なので基礎から学んでみたい」
「通訳トレーニングや通訳に興味がある」


という方に最適な「はじめての通訳訓練」クラス。
通訳訓練の入門レベルの授業を凝縮したクラスで、集中コースでいつも人気の定番クラスです。


ところで、「通訳」とはどのようなものなのでしょうか?


1.スピーカーが話している内容を聴く
2.正確に理解する
3.聴衆に伝える


「通訳」をするためには、上記3つのステップが必要です。


日本語や英語で会話をしている時には「分かっている」と思っていても、いざ、訳そうとすると、頭の中が真っ白になってしまった…という苦い経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?


クラスでは、「通訳」をするために有効な、シャドウイングリプロダクションといった通訳トレーニングを行います。また、英→日・日→英の基礎的な逐次通訳訓練を行います。英→日、日→英の訓練はバランスよくほぼ同じボリュームで行います。


丸通訳の訓練方法から訳出までを行うので、訓練経験がないまま仕事で通訳を始めてしまっている方は、スキルアップにつながります。


丸通訳トレーニングの実習を行いますので、英語の基礎運用力が向上し、英語の総合力UPにつながります!


秋に開講するレギュラーコース前の腕試しとして活用される方も多いクラスです。
この機会に通訳訓練を始めてみませんか?


これまでに「はじめての通訳訓練」クラスをご受講いただいた方のアンケートから、コメントを抜粋してご紹介しますので、ご参考になさってください。


------------------------------------------------------------------------


・プロのコツをたくさん聞けて目から鱗でした。
・日英・英日をまんべんなく学習できたのでとても満足です。
・モチベーションが上がり、もっと勉強したいと思うようになりました。
・難しい内容でしたが、やりがいがありました。自身の弱点(リスニング力・構文力など)がよく分かった気がします。
・通訳をするにあたっての心構えやテクニックを丁寧に教えてくださり、毎回楽しく受講しました。
・非常に分かりやすく、面白く快活にご指導いただきました。

・とても熱心に教えていただき、勉強方法や今後のキャリアについて考えるきっかけになりました。


------------------------------------------------------------------------


 四葉のクローバー【6月開講】集中コース
 「はじめての通訳訓練」
  [東京校A] 6/15, 22, 29, 7/6, 13, 20(木)19:00〜21:00(全6回)

  [東京校B] 6/28, 7/5, 12, 19(水)10:00〜13:00(全4回)
  [横浜校]   6/18, 25, 7/2, 9, 16, 23(日)10:00〜12:00(全6回)

 

 集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_concentration.html#feature2


------------------------------------------------------------------------


<関連記事>
クラスを担当する講師の関連情報もご参考にどうぞ。


丸ISSスクールブログ:

 講師インタビュー:榊原奈津子先生
 私を支える〇△□「座右の銘」:片山英明先生

 ISSライブラリー 〜講師が贈る今月の一冊〜 第10回:峰尾香里先生

丸ISS人材サービス【連載コラム】
 峰尾香里先生による連載コラム『Winding roadの果てに - ある通訳者のひとりごと』

 

| 【英語通訳コース】 | 10:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

リンク

モバイル
qrcode